[ai] 相撲界の功労者・元横綱 佐田の山を偲ぶ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 相撲界の功労者・元横綱 佐田の山を偲ぶ

こんにちは^ ^

好角家クリスチャンのペパーミントあいです。

平成29年大相撲夏場所2日目の
NHK中継では、中入りの時間に、
亡くなった元佐田の山さんの特集が
行われました。

スポンサーリンク




佐田の山さん、夏場所前に亡くなる

夏場所の直前に元横綱 佐田の山の
市川晋松さんが亡くなりました。

79歳でした。

佐田の山さんの略歴

佐田の山さんは長崎の五島列島出身。

現役時代は気迫を前面に出した
突っ張りを武器に、
第50代横綱に上り詰めました。

大鵬、柏戸に君臨した柏鵬時代に
活躍された方です。

昭和36年夏場所に初優勝。

入幕三場所目、
平幕での優勝でした。

賜杯を受け取る腕の筋肉が
凄かったです!

昭和43年春場所、
連続優勝した直後の場所で
突然の引退。

引退後は理事長として
大相撲界を長く牽引します。

ちょうど私が相撲を見始めた
若貴時代に理事長だった方なので、

私には理事長といえば佐田の山さん、
という印象がとても強いです。

北の富士さんの兄弟子で舞の海さんの師匠

佐田の山さんはいつも解説を担当されている
舞の海さんや北の富士さんとも縁の深い方。

舞の海さんの現役時代の師匠で、
北の富士さんの現役時代の兄弟子に当たります。

北の富士さんは
「稽古場でまずい動きがあると、
師匠より先に佐田の山関に怒られた」
と話していました。

舞の海さんは、
「お前は変化してもいい」
「最近変化が少ないじゃないか」
と言われた話や、

入門時に新弟子検査の根回しを
してくれなかった話などを披露。

お話から、
飴と鞭の使い分けが上手い方であることが
伝わったのと同時に、

舞の海さんや北の富士さんにも
とても尊敬されている方だったのだなと
感じました。

藤井アナウンサーから見た佐田の山

一方で、この日実況を担当された
藤井康生アナウンサーは、

子供の頃、佐田の山さんの相撲を
テレビで観ていたとのこと。

優勝した後の突然の引退が
子供心に相当強烈だったようです。

その後、藤井さんがアナウンサーになって
佐田の山さんが解説を担当する機会があり、

引退した時のことを尋ねた
映像も流れました。

佐田の山さんは傍目には強かったけれど、
本人としては体のあちこちがぼろぼろで
気力の限界を感じた、

というようなことを話して
いらっしゃいました。

師匠からもまだ早いんじゃないかと
止められたようですが、

ご本人にしか分からない
気力の限界があったのかもしれません。

ただただ、凄い方だったんだろうなぁ、
という印象です。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 相撲界の功労者・元横綱 佐田の山を偲ぶ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする