[ai] 石浦が珍しい決まり手「はりま投げ」を決める! | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 石浦が珍しい決まり手「はりま投げ」を決める!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲夏場所6日目。

十両の相撲、北磻磨-石浦戦で、石浦が珍しい決まり手「はりま投げ」を決めました!

珍しい決まり手「はりま投げ」

はたくような体勢から廻しを取ってぶん投げる、はりま投げ。

かつては大柄な大関・把瑠都も何度か決めたことがあります。

十両では平成24年秋場所中日、高見盛が里山に決めて以来、
幕内では平成26年秋場所10日目、常幸龍が遠藤に決めて以来の、はりま投げです。

取組内容

以下、分解写真でご紹介したいと思います。

北磻磨3勝2敗、石浦4勝1敗、好調同士で迎えた6日目。

ともに小兵の北磻磨と石浦。立合い。

呼吸が合わず、北磻磨が突っかけます。

二度目

石浦が低く頭で当たります。

一度、両者の体が離れますが、

潜りたい石浦と、離れたい北磻磨の攻防!

石浦は足を狙っているのでしょうか?

石浦を起こしたい北磻磨。

そこを石浦がはたき、

後ろから廻しを掴んで、

ぶん投げます!

北磻磨は裏返し。

別の角度からもう一度

はたいて、

後ろから廻しを掴んで、

ぶん投げているんですねぇ。

さらにもう一度

はたいて、

後ろから廻しを掴んで、

後ろにぶん投げるんです!

この投げ方は、あまり見ない投げ方です。

珍しい決まり手「はりま投げ」をご紹介いたしました^ ^

スポンサーリンク







[ai] 石浦が珍しい決まり手「はりま投げ」を決める!
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク