[ai] 稀勢の里、栃ノ心の変化に崩れ、早くも二敗目!お客さん盛大にため息 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 稀勢の里、栃ノ心の変化に崩れ、早くも二敗目!お客さん盛大にため息

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲秋場3日目。

綱取りを目指す大関 稀勢の里は、
栃ノ心の変化に崩され、二敗目。

国技館はお客さんの盛大なため息に
包まれました。

稀勢の里、今日は謎の笑みがない

この日は謎の笑みが全く見られなかった
稀勢の里。

取組前から、
少し嫌な予感はあったのですが……

栃ノ心の変化に崩され、二敗目

この日の対戦相手は栃ノ心。

あまり小細工をする力士ではないですが、
ここ最近は、時々変化を見せることもあります。

この日は立合いの変化に崩されました。

変化は残しましたが、
体勢を立て直すことが出来ず、
攻め込まれます。

結果、3日目にしてはやくも二敗目。

平幕相手に二敗してしまったことは、
綱取りに向けてはかなり印象が悪いですm(_ _)m

変化を残したあとの攻めが雑

この日のNHK中継の解説は尾車親方(元琴風)。

「残した後、
首を押さえて引きにいって呼び込んでいる。
腰も高い。上体だけで相撲を取っている」

とコメントされていました。

解説を聞きながら取組を振り返ると、
変化を残したあとの動きが
雑なように思えました。

2日目はとても良かったのですが、
3日目は悪い時のパターンが出てしまいましたねm(_ _)m

でも、今日は放送席のコメントが優しい

でも、この日は初日と違い、
放送席のコメントは優しかったです(笑)

向正面の大島親方(元旭天鵬)は、

「会場がため息。盛り上がっていたが、一気にため息に変わった」

と事実を実況しつつも、

「立合いはいつもと変わらないように見えた。変化も残した。
半年以上綱取りの緊張が続いているので、大変だと思う」

と優しいコメント。

さらにその後、
日馬富士が隠岐の海に敗れたため、
大島親方(元旭天鵬)は

「稀勢の里にもチャンスが巡ってくる」
とおっしゃっていました。

優しいですね^ ^

この日は実況が刈谷富士雄アナウンサー、
正面の解説が尾車親方(元琴風)、
向正面の解説は大島親方(元旭天鵬)。

比較的優しいコメントをされる方々だったのが、
ある意味では救いだったかもしれません(苦笑)

※ちなみに初日は、
藤井康生アナウンサー、
北の富士勝昭さん、
舞の海秀平さんのどぎついトリプルスリー(笑)

これでもかというくらい
ボロクソに言われていました(苦笑)

[ai] 稀勢の里、隠岐の海に惨敗で初日からどんよりモード

悔いのないように

すでに平幕相手に2敗してしまったので、
悔いはあると思いますが、

せめて残りの相撲は、
悔いのないように終えてほしいですね>_<

もうそれしか言えません。。。

なまじ残り全勝すれば
可能性がないわけではないだけに、
4日目は余計きついかとは思いますが……

悔いのないように
頑張ってほしいです。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

稀勢の里に関する過去の記事
栃ノ心に関する過去の記事
秋場所3日目の関連記事
スポンサーリンク







[ai] 稀勢の里、栃ノ心の変化に崩れ、早くも二敗目!お客さん盛大にため息
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク