[ai] 稀勢の里、12勝目をあげ、綱取りを翌秋場所へ繋ぐ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 稀勢の里、12勝目をあげ、綱取りを翌秋場所へ繋ぐ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所千秋楽。

大関 稀勢の里は12勝目をあげ、
綱取りを翌場所まで持ち越しました。

スポンサーリンク




豪栄道を落ち着いて破って12勝

稀勢の里の千秋楽の相手は豪栄道。

豪栄道は負ければ負け越しという、
切羽詰まった状況です。

稀勢の里には、ほんのわずかに
綱取りの可能性が残されている分、硬くなって、
必死の豪栄道の立合いの変化に敗れる、なんて
パターンも心配しましたが、大丈夫でした^ ^

左四つにはなりかかってなれなかったものの、
押しに切り替えて一気に押し出し。

立合いは変化も十分警戒していた様子で、
落ち着いていたと思います。

結果、綱取りは来場所へ持ち越し

日馬富士が敗れれば優勝決定戦でしたが、
日馬富士は本割で勝って優勝。

稀勢の里の逆転優勝はなりませんでしたが、
12勝目をあげたことで、
綱取りは何とか、来場所へ繋がりました。

緊張する場所はつづく……

稀勢の里は来場所まで緊張の日々を
送ることになりますね。

ていうか、わたしが緊張します。。。

全国の相撲ファンの大多数が、
同じ気持ちなのではと思います。

何にせよ、全ての力士が、
それぞれの実力と努力と品格に見合った
成績と栄誉を得られることを
お祈りするばかりです。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする