[ai] 竜電の胸を借りる豪風 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 竜電の胸を借りる豪風

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年名古屋場所2日目。

この日のNHK中継では、
今場所、幕内在位場所数と幕内出場回数の
記録を更新した豪風の特集が放送されました。

スポンサーリンク




今場所豪風が更新した記録

今場所、豪風が更新した記録は、
以下の通りです。

幕内在位場所数
  1. 魁皇 : 107
  2. 旭天鵬 : 99
  3. 高見山 : 97
  4. 安美錦 : 94
  5. 寺尾 : 93
  6. 安芸乃島 : 91
  7. 琴ノ若 : 90
  8. 若の里 : 87
  9. 麒麟児 : 84
  10. 雅山・豪風 : 82
  11. ※平成29年名古屋場所現在

幕内出場回数
  1. 旭天鵬 : 1470
  2. 魁皇 : 1444
  3. 高見山 : 1430
  4. 寺尾 : 1378
  5. 安美錦 : 1358
  6. 安芸乃島 : 1283
  7. 琴ノ若 : 1260
  8. 麒麟児 : 1221
  9. 豪風 : 1184
  10. 土佐ノ海 : 1183
  11. ※平成29年名古屋場所2日目現在

幕内在位場所数は雅山と並んで10位。

幕内出場回数は土佐ノ海を抜いて単独9位。

幕内出場回数は、
大卒力士では1位の記録となります。

大卒で入門の力士って、
入門が遅い分、
力士生命はあまり長くはないのですが、

豪風は長く幕内力士を務めた
記録にランクイン。

現在は幕内最年長の38歳ですが、
とても元気で若々しいです^ ^

輝や竜電の胸を借りる豪風

豪風が38歳になっても元気なのは、
若い頃からの鍛錬の賜物であると同時に、

当たりの強さを保持するため、
高田川部屋へ出稽古に行き、
若い輝や竜電の胸を借りてぶつかり稽古を
しているからでした。

最近はベテランになったこともあり、
「引き」や「いなし」の印象も強い豪風ですが、
元々は押し相撲の力士。

時には若い力士をも圧倒する
押し相撲を取りますよね^ ^

「本当は引きやいなしではなく、
稽古場のようなガンガン攻める
押し相撲を取りたい」

と、豪風は語ります。

そういえば、以前。

「がっぷり総研」で朝日山親方(元琴錦)も、

「天風がお好み焼き食べに行っている間に
豪風関は高田川部屋へ出稽古に行っている」

というようなことをおっしゃってましたね(笑)

4月には右肘を手術

そんな豪風の稽古熱心ぶりは、
師匠の尾車親方(元琴風)も
「頭が下がる」とよく解説で
コメントするほどですが、

さすがに38歳ともなると、
押し相撲で長年酷使してきた肘は
ダメージが溜まっています。

4月には右肘の手術に踏み切りました。

(五月場所、あまり成績が振るわなかったのは、
手術であまり稽古が出来なかったためと
思われます)

よく見ると、何箇所か内視鏡の跡があります。

幕内力士の中では小さい部類に入る豪風ですが、
腕をアップにすると、
やはりぶっとくて凄い腕だなと思いました!

子供たちの戦いから学ぶ豪風

そんな豪風の原動力は子供たち。

元々柔道経験者で、
現在も柔道に造詣の深い豪風ですが、
息子さんと娘さんも柔道を習っています。

豪風は、

「以前は子供たちに自分の戦っている
姿を見せたいと思っていたけれど、
今は子供たちの戦いから刺激を受けたり
学ぶことが多い」

と話していました。

共に戦う同士のような気持ちで
見ているようです。

なんか、そういう尊敬しあえる親子関係って、
いいですね。

まとめ

お子さんたちの柔道から学び、
若い輝や竜電の胸を借りて
ぶつかり稽古をする豪風。

豪風の元気の源は、
自分より若い人たちから
学べる姿勢のあるところにも
あるんじゃないかと思いました。

特集の最後は竜電の胸を借りて
ぶつかり稽古をする映像で、
これがとても印象に残りました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 竜電の胸を借りる豪風
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする