[ai] 豪栄道、完璧な相撲で玉鷲下し、初優勝! | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 豪栄道、完璧な相撲で玉鷲下し、初優勝!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲秋場所14日目。

豪栄道が玉鷲を下し、14連勝!

完璧な内容の相撲で
初優勝を決めました!

スポンサーリンク




取組前

豪栄道の地元・寝屋川市では、
優勝する可能性が高いとあって、
大変な盛り上がり!

市役所では前々から、
場所中は豪栄道のための応援会場が
設けられているようですが、
この日は席数を増やすことに。

それでも足りなくなるほど人が集まったそうです!

国技館には母・真弓さんの姿も。

豪栄道が花道の奥に登場すると、
地元の人たちの応援モードも高まります。

土俵下で集中する豪栄道。

対戦相手は玉鷲です。

本来なら14日目に大関と当たる番付の
力士ではないのですが、
好調につき、対戦相手に抜擢されました。

優勝を決めた取組

両力士の名前が呼びあげられると、
大きな拍手と歓声が沸き起こりました!

注目の立合い、一回目は豪栄道が待ったです。

二回目で成立!

豪栄道は玉鷲の双手突きをさっとかいくぐって、
右四つになります!

上手もすぐにいい位置を引いて、

寄り切りました!

「どうだ!」というように仁王立ち!

別に角度から改めて

上手、とてもいい位置を取っていますね。

右四つ左上手、理想の形です。

寄り切った瞬間の豪栄道。

目には光るものが見えます。

今場所14回目の勝ち名乗りです。

もっともいい内容の相撲、
これぞ豪栄道の相撲!
という相撲で、優勝を決めました!

取組後

優勝が決まると、お母さんが拍手し、

地元の方々も大喜び!

ニュース速報テロップも流れました。

インタビュールームで男泣き

取組後は、インタビュールームに呼ばれました。

ツー、と一筋の涙が流れています。

涙を映そうと、少しずつアップになるカメラ。

ちょっと寄りすぎです(^_^;)

取組後まもなくのインタビューでは、
「色々我慢したことが思い浮かんだ」
と、言葉を絞りだしていました。

苦しかった思いが伝わります。

でも、初優勝への重圧も
「集中して自分の相撲を取りきること」
だけを考えて乗り切った豪栄道。

最後は男泣きでした。

本当におめでとうございます!

記録に関すること

豪栄道の優勝は、

境川部屋からは初、
出羽海一門からは把瑠都以来、
大阪出身力士では昭和5年の山錦以来、
埼玉栄高校出身力士では初、
カド番大関では8人目の優勝となります。

その他にも様々な記録があるようですが、
これに関しては、余裕があったら改めて
記事にまとめたいと思います。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

豪栄道に関する過去の記事
平成28年大相撲秋場所 14日目の感想
スポンサーリンク







[ai] 豪栄道、完璧な相撲で玉鷲下し、初優勝!
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする