里山が送り引き落としを決める | 大相撲取組結果一行メモ

里山が送り引き落としを決める

好角家クリスチャンの
ペパーミントあいです。

平成30年夏場所2日目。

幕下の里山が珍しい決まり手
「送り引き落とし」を決めました。

最近の里山のことと、
送り引き落としがどんな決まり手なのか、
直近の送り引き落としはいつ出たのかを
まとめてみました^^

スポンサーリンク




幕下に落ちても盛り上げる里山

ここ最近は幕下での土俵が続いている里山。

でもほんの数年前までは、
幕内、十両で相撲を取る人気力士でした!

もちろん、番付は落ちても人気は健在です。

小兵で、我慢強く、懸命に、
長い相撲で盛り上げることの多い里山。

この日の対戦相手は
幕下常連の実力者・琴宏梅でした。

(幕下は世間一般には下っ端ですが、
実際にはなるのも維持するのも大変な
地位です)

今回は長い相撲ではありませんでしたが、
珍しい決まり手でお客さんを大いに
盛り上げました^0^

里山は幕下に落ちても
いい相撲で魅せてくれる力士です^^

「送り引き落とし」とは?

今回里山が決めた「送り引き落とし」は、

「相手の後方に回り込み、
相手を自分の前方に引き倒す技」

です。

日本相撲協会では平成12年(2000年)末に
12の決まり手と3つの勝負結果が
追加されましたが、

送り引き落としはこの時に追加された
12個の決まり手の一つです。

送り引き落としの履歴

送り引き落としが初めて出たのは、
幕内では平成14年初場所9日目に
旭鷲山が玉乃島に決めた一番でした。

2回目の送り引き落としも
同じ年の夏場所、
同じく旭鷲山が玉乃島に対して
決めています。

最近では平成26年秋場所13日目に
宝富士が常幸龍に対して
決めました。

十両では平成25年夏場所初日に
隆乃山が徳真鵬に対して
決めています。

(情報参照元:NHK及びWikiPedia)

里山も凄いけどNHKも凄い

上記のことはWikiPediaで調べました。

でも実は、NHK大相撲中継でも
同じ内容のことを伝えてくれていました!

ただ、急すぎて私がメモできなかったので
改めてWikiPediaで調べた次第です(笑)

送り引き落としを決めた里山も凄いけど、

里山が送り引き落としを決めた直後に
直近の送り引き落としのデータを
紹介するNHK大相撲中継も凄い
です!

珍しい決まり手に
注目してみよう!

以上、最近の里山と
送り引き落としについて
お伝えいたしました。

大相撲を見ていると、
一場所に一回は珍しい決まり手が出ます。

その時はNHKの実況が必ず
直近にその決まり手が出た場所を
教えてくれます。

そこに注目して見てみるのも
面白いですよ^0^

以上、ペパーミントあいが
お届けいたしました。

スポンサーリンク







里山が送り引き落としを決める
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする