[ai] 関取の長くいる県・いない県 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 関取の長くいる県・いない県

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成29年大相撲初場所6日目。

この日のBS-NHK中継では、
関取の長くいる県といない県の話題が
あがりました。

関取の長くいる県

平成29年初場所現在、
関取の長くいる県のランキングは、
以下の通りです。

  1. 青森 明治16夏〜
  2. 福岡 昭和44九〜
  3. 千葉 昭和49初〜
  4. 大阪 昭和54秋〜
  5. 茨城 昭和56九〜

特に相撲どころとして有名な
青森県が強いですね。

青森は明治16年から
幕内力士も途絶えていないとのこと。

この日幕下の解説を担当された
高崎親方(元金開山)は、

「聞いたところによると、
青森県では横綱大関にならないと
地元では認めてもらえないみたいですよ」

と、話していました。

と、なると、世間では認められている
安美錦も宝富士も、
地元では認められていないのでしょうか?(笑)

最近では土俵のない小学校も増えている
とも聞く青森ですが、

十両には20歳の阿武咲もいるし、
若い力士も育っているように思えます。

関取の長くいない県

一方で関取の長くいない県は、
以下の通り。

  1. 福井県 平成2 秋 大徹 以来
  2. 岐阜県 平成6 春 恵那櫻 以来
  3. 富山県 平成9 夏 琴ヶ梅 以来
  4. 徳島県 平成11 夏 時津洋 以来
  5. 群馬県 平成14 名 湊富士 以来

福井県出身は幕下の越ノ龍のみ

1位の福井県は、
平成29年初場所現在、
全力士中出身者は幕下の越ノ龍のみ。

現在は越ノ龍が、
現役を続けながら地元で
スカウト活動を行なっているそうです。

高崎親方(元金開山)は
「ライバルがいないなら自分も
福井に行ってみようか?」

と話していました(笑)

未開拓の地ということで
真面目に興味も津々というようでした。

あまり相撲が盛んでない地域となると、
スカウトは困難を極めそうですが、

そんな地域から強い力士の原石を見つけて
育てるというのは、

指導者としてのロマンがありそうですね。

3位の富山県は石橋に期待

富山県もランキング3位に入るほど
長く関取のいない県ですが、

高砂部屋の石橋が
もうすぐ上がりそうな予感があります。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

平成29年初場所6日目の関連記事

スポンサーリンク







[ai] 関取の長くいる県・いない県
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク