阿夢露の引退、残念なこと?? | 大相撲取組結果一行メモ

阿夢露の引退、残念なこと??

好角家クリスチャンの
ペパーミントあいです。

元幕内の阿夢露が、
平成30年夏場所二日目に
引退を表明しました。

阿夢露の引退記者会見の様子は
NHKの大相撲中継でも伝えられました。

この時のアナウンサーの伝え方に
少し違和感を感じました。

「残念ながら阿夢露は引退です」

力士の引退って、
残念なことなのでしょうか?

スポンサーリンク




力士の引退って残念なこと?

私がまず違和感を覚えたのは、

「力士の引退って残念なことなの??」

ということです。

力士の引退って、
残念なことなんですか??

寂しいことではあるかもしれません。

力士は一度引退したら、
もう二度と土俵に戻ってくることは
出来ないですから。

もう二度とその力士の相撲を
観ることは出来なくなるので、
寂しいと言えば寂しいです。

でもそれって「残念」とは
違いますよね?

残念って、もっと後ろ向きで、
悪い結果に対して使われる言葉
ですよね?

どんな力士もいつかは引退するのに、
それを「残念」と表現するのは
ちょっと違うんじゃないかなー?
と思うのです。。。

事実だけを伝えてほしい

阿夢露の引退を残念と
感じているファンはいると思います。

阿夢露はとても苦労の多い力士。

新十両の場所で大怪我をして、
番付を序二段まで落として、
でも腐らずに努力して幕内まで
上がった力士です。

その阿夢露が再び怪我をして
幕下に落ちての引退です。

幕内復帰を目指して頑張ったけれど
叶わなかったのだから、
復帰を心待ちにしていたファンにとっては
残念だと思います。

でも、残念というのは個人の心情ですよね。

NHKのアナウンサーが引退の情報を
伝えるのに、個人の心情を挟むのは
どうなの??と思ってしまいます。

アナウンサーは一切個人の心情を
言うなとまでは思わないけれど、
引退情報に関しては違うんじゃないかと
思います。

締めるところは締めてほしいです。

引退に対してどう感じるかは
ファンも人それぞれなのだから、
「残念」と後ろ向きな言葉で
ひとくくりにするのはやめてほしい
です。

前向きな言葉で締めてほしい

そして出来ることなら、
NHKのアナウンサーには
引退情報は前向きな言葉で
締めくくって伝えてほしい
です。

引退って、ただでさえしんみりします。

残念に感じているファンも多いのは
事実です。

でも、一緒になって残念がるのは
違うんじゃないか
と思うのです。

しんみりしているファンを
前向きな気持ちにさせるのも
実況者のお仕事なのではないでしょうか?

「引退は寂しいけれど、
これからは第二の人生を歩みます」

とか

「第二の人生の門出を祝福します」

とか、言ってほしいです。

せめて「残念」ではなく「寂しい」
くらいにとどめてほしい。

言葉で伝えるのがアナウンサーの
お仕事なのですから、

視聴者が前向きになれる言葉、
視聴者が残念な気持ちにならない言葉を
選んでほしい
です。

阿夢露の今後

ちなみに、引退した阿夢露さん。

今後はスポーツトレーナーを
目指すそうです。

怪我で苦労した阿夢露さんは、
トレーナーさんのリハビリ指導や
励ましによって支えられたので、
自分もそんなお仕事がしたいとのこと。

素敵な夢ですね^^

怪我の苦しみが分かる阿夢露さんは、
きっといいトレーナーになれると思います。

さらに日本語学校に通って、
日本語もちゃんと学びたいとのこと。

すでにとても流ちょうな日本語を話す
阿夢露さんですが、
本当に努力家なんですね。

阿夢露さんが入門後に日本語を
学んだ経緯は、以前の関取訪問の
コーナーでも伝えられていました。

参照:ロシア出身の阿夢露。日本語は幼稚園児向けのひらがなドリルでコツコツ学んだ!

すでにこれだけ学んでいるのに
まだ学ぼうという向上心には
頭が下がります。

これだけ先のビジョンも見えている
阿夢露さんの引退、
決して残念なんかじゃないです!

第二の人生を応援します!

以上、引退情報を「残念」と
伝えられることに対して違和感を
感じる話をさせていただきました。

いかがでしたでしょうか?

阿夢露さんの引退は、
本人にも悔しい思いはあっただろうし、
残念と感じているファンもいると思います。

でも、引退という決断を下した以上は
本人は前を向いているはずです。

なので「残念」なんて後ろ向きな
言葉ではなく、

第二の人生の門出を祝福する
明るい言葉で伝えてほしいです。

以上、ペパーミントあいが
お届けいたしました。

スポンサーリンク







阿夢露の引退、残念なこと??
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする