[ai] 高安の技能賞受賞インタビュー全文(平成28年名古屋場所) | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 高安の技能賞受賞インタビュー全文(平成28年名古屋場所)

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所。

技能賞は田子ノ浦部屋の高安に決定いたしました!

その受賞インタビューの概要をUPいたします。

※多少の意訳・聞き間違い等はご容赦下さい。

スポンサーリンク




高安の技能賞受賞インタビュー

西小結 高安
本名 : 高安 晃
成績 : 11勝4敗
所属 : 田子ノ浦部屋
平成2年2月28日生 (26歳)
茨城県土浦市出身
平成17年3月場所初土俵
参照元 : 各段の優勝力士・三賞力士 – 日本相撲協会公式サイト

インタビューアー : 吉田賢

Q. 三賞自体はこれが5回目ですが、初めての技能賞というのはどうですか?

「そうですね、評価していただけて嬉しいです」

Q. 四相撲にこう、非常に成長といいますか、強さが見られた今場所なんですが、自分で振り返ってどうだったでしょうか?

「まああの、いつもの場所と違ってすごく落ち着いた気持ちで相撲が取れたので、まあそれが、勝ちに繋がったんじゃないかと思うんですけども」

Q. 終盤まで優勝争いにもずーっと加わっていました。

「本当に毎日いい気持ちで相撲を取ることが出来ました」

Q. 優勝を意識したことはなかったですか?

「まああんまり考えすぎても硬くなってしまうんですけども、優勝争いをしている中で、連日本当に、いい気持ちで、毎日取らさせていただいたんで、凄くいい経験になりました」

Q. 三役で初めて勝ち越して、しかも11番勝ちました。これはどうでしょう?

「いやぁ、出来過ぎだと思いますね」

Q. いや、それだけ力が関取、ついてきたことかと思いますが?

「でもこういう風に結果残せて、すごく励みになりましたし、また来場所に繋がる場所だと思います」

Q. そして、さらに、関取も上を目指していく。一つの足場になっていきますね。

「そうですね。こういう成績を毎場所残してですね、さらに上に上がっていきたいと思います」

感想

今場所は優勝争いにも加わった高安。

一時は稀勢の里と並んで
トップに立ったこともありました。

四相撲が評価されたとのことですが、確かに
「このタイミングでこの捻りながらの投げが!」
と目を見張るような相撲が多く見られました。

兄弟子・稀勢の里の援護射撃ではなく、
むしろ自分が大関を目指すために
頑張ったという高安。

相乗効果で、今後稀勢の里と高安が
ダブルで横綱と大関に昇進できれば、
これほどめでたいことはないですね^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

スポンサーリンク







[ai] 高安の技能賞受賞インタビュー全文(平成28年名古屋場所)
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする