[ai] 高安、大関取りの九州場所は負け越し!体重の増やしすぎが原因か | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 高安、大関取りの九州場所は負け越し!体重の増やしすぎが原因か

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成28年九州場所 東関脇 高安の全取組結果と感想をまとめました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

スポンサーリンク




高安の全取組内容

高安 晃
(たかやす あきら)
所属部屋 : 田子ノ浦
本名 : 高安 晃
しこ名履歴 : 高安
番付 : 東関脇
生年月日 : 平成2年2月28日 26歳
出身地 : 茨城県土浦市
身長 : 186.0cm
体重 : 177.0kg
得意技 : 突き・押し
引用元 : 力士プロフィール – 高安 晃 – 日本相撲協会公式サイト

成績 : 7勝8敗

初日 ○ 遠藤を一気に突き出し!

高安が一気に突き出しました!

初日の高安を見て、
わたしは体毛がかなり擦れて薄くなっている
と思いました。

稽古は十分だな、
これは期待出来るぞ、
と、期待に胸を躍らせたのですが……

2日目 ● 豪栄道にあっさり敗れる

綱取りの豪栄道と大関取りの高安の
注目の一番でしたが、
勝負は一瞬で終わりました。

立合いの一発で、
高安は膝から崩れるように倒れます。

立合いは高安が突っかける場面もあり、
高安は力んで、上半身にばかり力が入って
いるようにも見えました。

でも、時間前の仕切りからとても緊張感があり、
時間いっぱいになるとお客さんが一気に静まり返る。

荘厳な雰囲気のある取組でした。

3日目 ○ 御嶽海を首投げで何とか退ける

御嶽海が善戦しました!
高安は何度も追い詰められましたが、
逆転の首投げで何とか勝利!

連敗は防ぎました。

向正面に宮城野親方(元竹馬山)によると

「御嶽海はよく攻めたが、
土俵際で伸び上がってしまった」

とのこと。

4日目 ○ 隠岐の海との左四つ対決を制する

両者左四つに組む展開。
高安が隠岐の海の下手を切って右上手を取り、
そこから一気に寄り切りました!

5日目 ● 絶好調の玉鷲にやられた!

高安が張って左を差しますが、
玉鷲はその腕を振って小手投げ!

大関取りには痛い2敗目を喫し、
お客さんは静まり返ります。

取組前、北の富士さんは高安に対し
「突き放していったほうがいい」
と話しておられましたが……

6日目 ● 碧山にいいところなく押し出される

高安、今日は右四つに組む展開に。

不得手の四つのまま寄りますが、
碧山が土俵際で逆転技を仕掛け、
軍配碧山で物言い。

ぱっと見は高安がわずかに早く見えました。
スロー映像では同時に見えます。
結果、取り直しに。

2回目の相撲は碧山が突っ張り、
高安は引いてしまいました。

陸奥親方(元霧島)は高安について、
最初の相撲も取り直しの相撲も
「悪いところが出た」とコメント。

高安、これで大関取りには
とても痛い3敗目です。

「3場所で合計33勝」の目安に届くには
残り全部勝たないといけない計算に。。。

これから上位戦を控えているので
非常に厳しい状況となりました。

7日目 ○ 琴奨菊を土俵際逆転の突き落とし

最初の立合いは高安が焦れて突っかける形で待った。
二度目で成立します。

琴奨菊が一気にがぶり寄りますが、
高安が土俵際で逆転!

琴奨菊は密着しきれず、
体が伸びたままがぶってしまった印象です。

高安は上体が起きていましたが、
よく見ると起き切ってはいなかったように見えます。

中日 ● 栃煌山にあっさり双差しを許す

高安は栃煌山にあっさり双差しを許し、
引いてしまいました。

ちょっと内容が悪いですねm(_ _)m

高安は4敗目。

大関昇進の目安となる12勝は
物理的に不可能となりました。

9日目 ● 鶴竜に善戦!

鶴竜が出投げで崩して後ろについて、
一気に攻め込みました!

高安も悪くはなかったです^ ^

ただ、この場所優勝した鶴竜なだけに、
強かったですね^ ^

10日目 ● 日馬富士に外掛けで敗れる

高安が突っ張り、
日馬富士は突っ張ってから
双差しに組み止めます。

最後は日馬富士が外掛け!

北の富士さんは

「日馬富士の体勢は良くない。
でももっと良くないのは、高安の動きだ」

とコメント。

日馬富士は勝って1敗を守ります。

高安は勝ち越しも心配な6敗目です。。。

11日目 ● 白鵬にはたかれ、俵にぶつける

白鵬、今日はややバタバタした相撲でしたが、
最後ははたき込みで勝ちました!

ぱっと見は何とか勝ったような印象でしたが、
スローを改めて見ると、
多少余裕はあったように思います。

高安は落ちるとき俵に頭が当たったようで、
痛そうでした。。。

12日目 ● 嘉風相手に引いてしまった

嘉風が一気に押し出しました!
高安は引いてしまいました。

高安は大関取りの場所、
負け越しです。。。

北の富士さんは高安について、

「数日前から気持ちが切れている。
場所前からすでに調整を失敗している」

と厳しいお言葉。

初日から、体重が増えたことについて
渋い顔をなさっていましたが……

結果が出なければ、
ぐうの音も出ないですねm(_ _)m

13日目 ○ 魁聖を寄り切るも、元気がない

両者左四つに組んで動きが止まります。

どちらも上手が遠く、右手は宙ぶらりんに。

最後は魁聖が巻き替えたところを
高安が寄り切りました。

伊勢ヶ濱親方(元旭富士)は、

「どちらも上手の取り方が悪い。
絞りながら取らないといけない。
どちらも高い」

とダメ出しの連続でした(^_^;)

14日目 ○ 千代の国との押し合いを制する!

高安が押し合いの中ではたき込みました。

尾車親方(元琴風)は

「高安は大きくなりすぎたのではないか?
腰も棒立ちだ」

とコメント。

北の富士さんと同じコメントです(^_^;)

千秋楽 ○ 照ノ富士を寄り切り

初めは照ノ富士が優勢でしたが、
高安が徐々に盛り返しました。

ただ、ちょっとどちらも元気がありません。

高安の平成28年九州場所総括

大関取りに挑んだ場所でしたが、
結果は残念ながら負け越しm(_ _)m

北の富士さんと尾車親方(元琴風)も
おっしゃっていましたが、

ちょっと大きくなりすぎて、
体の動きが鈍くなってしまった印象です。

緊張や硬さも感じました。

でも、負け越しは最小限にとどめたので、
多分次の場所は小結です。

小結で大勝ちすればまた
チャンスは出てくると思うので、
諦めずに頑張ってほしいですね^ ^

それだけの実力はある力士だと思うので、
次の場所はそれを存分に発揮してほしいです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

高安の過去のまとめ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする