[ai] 1000勝ならず!まさかの自己ワースト10勝5敗で終わった白鵬 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 1000勝ならず!まさかの自己ワースト10勝5敗で終わった白鵬

この場所は13勝すれば1000勝!

という話題もありましたが、
結果は想像もしていなかった
自己ワーストタイの10勝5敗。

5日目に宝富士に敗れて以降、
攻め込まれる相撲が目立つようになりました。

その時は
「まあ白鵬だし、余裕があるから後半に向けて
セーブしているんだよね」と思っていましたが、

ひょっとしたら、
想像していたより様々な歯車が狂って、
調子がおかしかったのかもしれませんね。

そうでなければ、9日目の勢戦で
爪先が引っかかってバランスを崩した上に
怪我をする、なんて、考えられないです。

以後は、元々の地力の違いがあるから
白星を重ねたものの、明らかに動きが
悪いように感じました。

行司さんに止められた12日目と14日目は、
集中力が切れたような相撲になってしまい、
集中し直せるほどの余裕はなかったようです。

鬼のように強い白鵬も、
人間なんだなと感じた場所でした。

次の場所は、怪我を治して、
また鬼のように強い姿を見せてほしいです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

平成28年名古屋場所の白鵬

平成28年名古屋場所の白鵬の全取組については、
下記記事をご参照下さい。

[ai] 平成28年名古屋場所 東横綱 白鵬の全取組結果と感想

スポンサーリンク







[ai] 1000勝ならず!まさかの自己ワースト10勝5敗で終わった白鵬
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク