2017年の「大相撲この一年」感想 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

2017年の「大相撲この一年」感想

こんにちは^ ^

好角家クリスチャンのペパーミントあいです。

2017年12月28日に放送された
NHK「大相撲この一年」の感想を
まとめました。

主に刈谷解説員の指摘する
暴力事件の問題点と、
阿武咲と北勝富士のこと、

市川紗椰さんのコメントには
相撲ファンとして共感出来るという
話をしています。

以下、ほぼメモ書きの率直な感想です。

スポンサーリンク




刈谷富士雄解説員が指摘する暴力問題の2点

今年は北の富士さんの出演はなく、
三瓶さん、舞の海さん、市川紗椰さんで進行。

日馬富士の暴行問題を扱った時には
解説員として刈谷アナウンサーも登場する。

刈谷さんは

「協会員としての報告義務があること」と
「一発、二発殴るのは暴力ではないという
認識がある」ことを指摘。

刈谷さんは他の番組に呼ばれた時も
繰り返しこの二点は指摘している。

暴力への認識の甘さと、
組織として機能していない問題点を指摘した。

日馬富士の秋場所の優勝は割愛

日馬富士は暴力事件を起こしてしまったため、
秋場所の優勝の特集はなし。

3横綱が休場するなか、
一人横綱の日馬富士が劇的な大逆転を
経ての優勝だったのに……。

とはいえ、
直後に暴力事件を起こしてしまったのだ。

残念ながら自業自得としか
言いようがない。

阿武咲と北勝富士

初場所の稀勢の里の横綱初優勝と
白鵬の復活優勝が主となった。

あと、阿武咲と北勝富士の特集も。

(どうりで阿武咲と北勝富士のツイートの記事の
アクセスが上がったわけだ(笑))

参照 : [ai] 阿武咲関と北勝富士関の寿司ツイートにとても性格が現れていた話

どちらもはつらつとしていて
希望に満ちたいい目をしているところがいい。

特に阿武咲は相撲が楽しくて仕方がない
感じがとてもいい!

それでいて品があり、
礼儀正しさもあるところがいい。

市川紗椰さんのコメントには共感出来る!

舞の海さんが時折見せる白鵬へのディスりには
またかという気持ちになったけれど、

「こういうの見ると、
嫌だなぁ、嫌いだなと思うんだけど、
批判されているのを見ると
そこまで言われなければならないのかと辛くなる」

という市川紗椰さんのコメントには
物凄く頷けた!

舞の海さんがこれ見よがしに
白鵬を批判しだしたタイミングで
言ったあたりもナイス!

彼女のコメントには相撲ファンとして
とても共感できるものは多いので
好感が持てる!

相撲ファン代表として何かを語る時も
「余計なお世話なんですけど」など、
謙虚な言葉が見えるのもいい。

わたしが山根千佳さんを好きになれない理由

同じ相撲ファンタレントでも
山根千佳さんには何か好感持てないのは、

言っている内容に共感出来ないうえ、
「わたしの意見=全相撲ファンを代表した意見」
という論調にイラッとくるからかもしれない。

言っている内容に共感出来るかどうかの
違いは大きいね。

来年活躍が期待出来る若手力士は?

最後、来年の活躍を期待する力士に
舞の海さんがあの力士の名前を挙げた時には、
うがった見方で申し訳ないんだけど、

相撲より思想で選んでない?
と感じてしまい、引いてしまったm(_ _)m

(単にわたしが舞の海さんとあの力士の
信条に共感出来ないからなんだけど^^;)

複数の対戦相手から何度となく
土俵態度が悪いと不快がられている
あの睨みを「面構えがいい」と褒めるところも、
何だかなぁ。。。

でも市川紗椰さんの「炎鵬」には凄く共感!

彼女とは何となく気が合いそうな気がする!笑

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。