[ai] 平成28年大相撲春場所10日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所10日目(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲春場所10日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




10日目 幕下の実況と解説

10日目 幕下の実況と解説は、

実況 : 高山大吾
解説 : 玉垣親方(元智乃花)
向正面 : 伊予櫻(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 大坂敏久
解説 : 立田山親方(元薩州洋)
リポート : 戸部眞輔
(敬称略)

でした。

9日目までの展開

4戦全勝力士同士の取組が3番組まれました。
佐藤、山口、大岩戸が制し、5戦全勝としています。

4連勝の剛竜と力斗は、10日目に対戦が組まれています。

9日目終了時点での成績優秀者

5連勝 : 佐藤、山口、大岩戸
4連勝 : 剛竜、力斗

9日目の幕下の相撲につきまして、詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲春場所9日目(幕下) 取組結果一行メモ

10日目 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○深海山-常陸號(三段目)● 押し出し
・初め常陸號が押すが、深海山が押し返す。

●千代雷山(三段目)-水戸豊○ 押し出し
・水戸豊が左から押っつけて一気に出る!相手の右差しを封じた。

●篠原-極芯道○ 寄り切り
・組んで動きが止まる展開。極芯道が頭をつけて前に出る。
※篠原への声援が多い。極芯道は初幕下で勝ち越し!

○飛天龍-栃の濱● はたき込み
・飛天龍が立合いからはたく。盛り上がらない。

●力斗-剛竜○ はたき込み
・4連勝同士の対戦。力斗が前に出るが、剛竜が土俵際逆転!力斗は悔しそう。
※剛竜が5連勝!

●桜児竜-芳東○ 寄り切り
・芳東が廻しを取って寄り切り。

○琴欣旺-魁ノ隆● 押し出し
・琴欣旺が相手の引きに乗じて一気に出る。

○萬華城-佐々木山● 寄り切り
・萬華城が張って左差し。一気に出る!

○前田-富栄● はたき込み
・富栄、低く勢いよく当たるが、低すぎたのかはたかれた。

○琴宏梅-大元● 送り出し
・琴宏梅が突っ張り、大元が押し返す。最後は左で押っつけながら送り出した。

●白虎-肥後ノ城○ 押し出し
・肥後ノ城が押して前に出る。

○大翔龍-栃颯● 押し出し
・大翔龍が一気に出る!

○安芸乃山-出羽鳳● 押し出し
・安芸乃山が一気に出る!いい相撲!

○大波-竜勢● 押し出し
・竜勢が変化し、大波ついていって逆に攻め込む。土俵際、両者ともに吹っ飛んだが、軍配大波で物言いはなし。映像を改めて見ると、大波は土俵の中に踏みとどまっていて、竜勢は豪快に土俵下に吹っ飛んでいた。

○力真-宝龍山● 寄り切り
・力真、宝龍山に右四つを許すが、右上手を取って素早く攻めて寄り切り。

●十勝海-武玄大○ はたき込み
・武玄大が押し込んでからのはたき込み。

●古場-隠岐の富士○ 寄り切り
・隠岐の富士が左四つ右上手で寄り切り。

●水口-明生○ 押し倒し
・水口立合い変わるが、明生、構わず一気に押す!

●大和富士-竜王浪○ 突き落とし
・竜王浪、当たってからの突き落とし。

○舛ノ勝-岩崎● はたき込み
・岩崎、舛ノ勝の突きをくぐって上手を取るが、そこをはたかれた。
【解説】玉垣親方(元智乃花)「岩崎は上手を取ったあと、すぐ離してはいけない。食らいつくべきだった」

○海龍-靏林● 引き落とし
・海龍が引き落とし。

●彩-徳真鵬○ 上手出し投げ
・彩突っかける。彩突っかける。三度目で勝つ。彩が突っ張り、徳真鵬がよく見て当てがう。最後は彩が疲れたところを上手出し投げ。熱戦に盛り上がる!

●宝香鵬-竜電○ 上手投げ
・竜電が右四つ左上手で上手投げ。

●飛翔富士-鳰の湖○ 押し出し
・鳰の湖突っかける。二度目で立つ。鳰の湖が立合い変わって一気に出る!
【解説】伊予櫻(若者頭)「飛翔富士は変わられたあとが良くない。まともに引いている」確かに、一度は残したが、その後まともに引いていた。

○勝誠-琴弥山● 寄り切り
・勝誠が頭をつけて、動き回って寄り切り。盛り上がった!

十両土俵入り

●坂元-濱口○ 上手投げ
・坂元が右四つで上手を取って攻め込むが、濱口、土俵際逆転!
【解説】立田山親方(元薩州洋)「坂元は引きつけが不十分だった」

●琴恵光-大輝○ 押し出し
・大輝が一気に押し出し!早かった!

●芝-魁○ 寄り倒し
・魁が双差しになり、寄り倒し。

○希善龍-栃丸● 上手捻り
・希善龍が栃丸の突っ張りを組み止める。希善龍が肩越しの上手からの上手捻り。

●白鷹山-天空海○ 寄り切り
・攻防のある相撲で盛り上がる!終始天空海が先に攻めていた。

感想

注目の全勝対決は、剛竜に軍配です!

でも、力斗も初幕下で4連勝って、凄いですねΣ(・□・;)

5番目の相撲は惜しくも敗れてしまったけれど、土俵際まで追い詰めているので、とても健闘したのではと思います!

残りの相撲も、悔いのないように頑張ってほしいです。

そして、先場所幕下優勝の栃丸は、負け越しですm(_ _)m

序ノ口から三段目までは、続けて次の場所も全勝優勝する人も多いけれど、幕下は、そうはいかないですね。

優勝した翌場所に負け越すことも、珍しくありません。

幕下の上位って、関取クラスの力士がたくさんいますもんね>_<

ここ最近は1敗力士による優勝決定戦になることも多いし、幕下での全勝優勝って、他の番付とは重みが全然違うように思えます。

優勝争い

結果、10日目終了時点での全勝力士は、以下の通りとなりました。

5連勝 : 佐藤、山口、大岩戸、剛竜

11日目には佐藤-山口、大岩戸-剛竜の直接対決が組まれます。

これらの取組の勝者が13日目に対戦して、優勝が決定するものと思われます。

佐藤、山口が有利な気がしますが、大岩戸も幕内経験者で今場所とても調子がいいので、分かりません。

どんな展開になるのか、楽しみですvv

11日目の好取組

上記の全勝対決に加えて、勝誠-宇良戦が組まれました。

どちらも非常にクセのある力士。

低さ比べの対決になりそうな予感ですが、はたしてどうなるのでしょうか?

楽しみです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲春場所10日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲春場所10日目(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所10日目(十両) 取組結果一行メモ

平成28年春場所 幕下の全取組の感想については、下記まとめをご参照いただければと思います!

[ai] 平成28年大相撲春場所まとめ(幕下&幕下以下)

スポンサーリンク







[ai] 平成28年大相撲春場所10日目(幕下) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする