[ai] 平成28年大相撲春場所11日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所11日目(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲春場所11日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




11日目 幕下の実況と解説

11日目 幕下の実況と解説は、

実況 : 高木優吾
解説 : 若藤親方(元皇司)
向正面 : 琴千歳(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 三瓶宏志
解説 : 若松親方(元朝乃若)
リポート : 吉田賢
(敬称略)

でした。

10日目までの展開

4連勝同士の全勝対決を、剛竜が制しました!
結果、10日目終了時点での5戦全勝力士は以下の通りとなりました。

5連勝 : 佐藤、山口、大岩戸、剛竜

11日目には佐藤-山口、大岩戸-剛竜の直接対決が組まれます。

10日目の幕下の相撲につきまして、詳しくは下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲春場所10日目(幕下) 取組結果一行メモ

11日目 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●鋼(三段目)-力斗○ 巻き落とし
・力斗が相手を突き止め起こしてから双差し!いい相撲!若藤親方(元皇司)も絶賛!

○西山(三段目)-舛東欧● うっちゃり
・立合い合わない。舛東欧突っかける。三度目で立つ。舛東欧が寄るが、西山、土俵際逆転!舛東欧は元気がないように見える。

○剛士(三段目)-水戸豊● 押し出し
・剛士がいい体勢になって寄り切り!

○伯錦-深海山● 下手投げ
・深海山突っかける。二度目で立つ。深海山優勢に見えたが、土俵際投げの打ち合い、伯錦が制した!

●瞬迅-飛天龍○ 上手出し投げ
・瞬迅、動き回るがなかなか中に入れず、横にもつけない。でも盛り上がった!

○大神風-芳東● 外掛け
・大神風が中に入って寄り倒し。決まり手は「外掛け」と発表。

●豊後錦-栃の濱○ はたき込み→素首落とし
・動きのある相撲。最後は栃の濱がはたく。

●剛竜-大岩戸○ 寄り切り
・大岩戸がいい体勢を作って寄り切り。最後ははたかれたが、何とか押し込んだ!
※大岩戸が6連勝!

○琴福寿野-春日丸● 寄り切り
・5連敗同士の対戦。琴福寿野が右四つになって寄り切り。

●大元-安芸乃山○ はたき込み
・安芸乃山が当たってからの引き。
※大元はプロ入り後、初の負け越し>_<

●希帆ノ海-高春日○ 押し出し
・高春日が一気に押し出し!早かった!

●栃颯-富栄○ はたき込み
・富栄、相手の変化には対応。ついて行って攻め、最後ははたき込み。

□越錦-出羽鳳■ 不戦勝
・出羽鳳休場のため、越錦の不戦勝。

●鐡雄山-肥後ノ城○ 押し出し
・肥後ノ城が一気に押し出し。鐡雄山は立ちおくれた。

●竜勢-千代栄○ 押し出し
・千代栄が一気に押し出し!圧倒した!

○武玄大-碧天● 寄り切り
・雄大そうな名前の対決(笑)武玄大が左四つになって一気に出る!

○大波-貴源治● 上手投げ
・貴源治が一気に突っ張るが、大波、土俵際逆転!大波は土俵際の対応が非常に上手い!

●水口-野上○ 突き落とし
・野上、水口が出てくるところを、土俵際逆転!落ち着いていた。

○隠岐の富士-竜王浪● 寄り切り
・隠岐の富士が一気に出る!

○肥後嵐-朱雀● 寄り倒し
・朱雀双差しになって前に出るが、肥後嵐、小手に振って体を入れ替えて逆転。

○笹ノ山-磋牙司● 押し出し
・笹ノ山が一気に押し出し!
※笹ノ山が初日!磋牙司は6連敗>_<
※磋牙司は動けるよう体重を落としているが、今場所は押されやすくなっているとのこと。

○彩-靏林● 引き落とし
・彩が突っ張って、流れの中で引き落とし。

○琴弥山-徳真鵬● 寄り切り
・琴弥山突っかける。二度目で立つ。琴弥山、突っ張ってから右四つになり、寄り切り。

●舛ノ勝-竜電○ 押し出し
・竜電が前に出て押し出し!逆転は食わない。

●鳰の湖-坂元○ 押し出し
・どちらも待ったと勘違いしたような立合いだったが、立合い成立。押し合いの勝負を坂元が制した。

○佐藤-山口● 押し出し
・5連勝同士の対戦。佐藤への声援が熱い。佐藤が一気に押し出し!山口の引きには落ちない。
※佐藤が6連勝!

十両土俵入り

○琴恵光-照強● 寄り切り
・琴恵光が一気に前に出る!早かった!

●勝誠-宇良○ 肩透かし
・宇良、立合い変わっての肩透かし。

□阿炎-栃丸■ 不戦勝
・栃丸、右上腕肉離れのため、休場。

○大輝-玉飛鳥● 寄り切り
・攻防のある相撲で盛り上がる!最後は大輝が寄り切り。玉飛鳥が優勢だったが、投げで呼び込んでしまった。

●栃飛龍-白鷹山○ 押し倒し
・押し合いから、白鷹山が前に出て押し倒し。

全勝対決は佐藤と大岩戸に軍配!

注目の全勝対決、剛竜-大岩戸戦は、予想通り大岩戸の勝利!

佐藤-山口は、どちらが勝ってもおかしくないと思っていましたが、若い佐藤の勢いは勝りました!

13日目に佐藤と大岩戸が対戦し、優勝が決まるものと思われます。

勢いがあるのは佐藤ですが、相手は幕内経験もあり、ベテランの大岩戸。

どんな相撲になるのか、楽しみですvv

勝誠-宇良戦は、意外とふつうだった(笑)

一方、もう一つ楽しみだった取組、勝誠-宇良戦は、意外とふつうの相撲でした(苦笑)

どちらも低い立合いをする力士なので、てっきり低さ比べのような相撲になるのかと予想していたのですが、宇良が立合い変わって勝つという、さほど珍しくない部類の相撲。

……ちょっと宇良君への期待値が上がりすぎちゃってますかね?
(勝ち負けではなく、どれだけ面白い、ふつうじゃない相撲を取るのかという期待値が)

小兵力士が変わったり、様々な奇襲作戦を仕掛けるのは当たり前のことなので、変わったことに対するがっかり感はないのですが、ふつうだったことに対するがっかり感が若干あります(^_^;)

芸人でも雑技団でもない彼に、それを求めるのは、酷な話ではあるのですが。。。

でも、宇良はこの相撲に勝って5勝目!

十両の枠がどれだけ空くかにもよりますが、次の場所での新十両の可能性が高くなりました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲春場所11日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲春場所11日目(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所11日目(十両) 取組結果一行メモ

平成28年春場所 幕下の全取組の感想については、下記まとめをご参照いただければと思います!

[ai] 平成28年大相撲春場所まとめ(幕下&幕下以下)

スポンサーリンク







[ai] 平成28年大相撲春場所11日目(幕下) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする