[ai] 平成28年大相撲春場所12日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所12日目(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲春場所12日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




12日目 幕内の実況と解説

12日目 幕内の実況と解説は、

実況 : 沢田石和樹
解説 : 北の富士勝昭
向正面 : 放駒親方(元玉乃島)
東リポート : 吉田賢
西リポート : 戸部眞輔
(敬称略)

でした。

11日目までの展開

全勝の稀勢の里が一敗の白鵬に敗れ、白鵬、稀勢の里、豪栄道が一敗で並びました。

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲春場所11日目(幕内) 取組結果一行メモ

12日目 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●里山-御嶽海○ 寄り切り
・御嶽海が里山を中に入れず、一気に出る!突っ張りから双差しになっての寄り切り。

●大栄翔-玉鷲○ 押し倒し
・押し合いを玉鷲が制した!大栄翔もよく頑張ったが、玉鷲が上手だった。

●豊響-明瀬山○ 突き落とし
・豊響が一気に出るが、明瀬山、土俵際逆転!
【解説】北の富士「豊響は明瀬山の肉が柔らかくて押しにくいのではないか?」

○英乃海-佐田の海● 寄り切り
・英乃海が双差しになって一気に出る!英乃海は土俵から落ちるとき、腕を俵と自分の体の間に挟んでしまったとのころ。腕を押さえて顔をしかめていた。

●北太樹-千代大龍○ 上手投げ
・北太樹突っかける。二度目で立つ。千代大龍が当たってからはたき。

●豪風-大翔丸○ はたき込み
・大翔丸、豪風の引きには落ちない。逆に引き返した。

○千代鳳-魁聖● 下手投げ
・千代鳳、双差しになってがぶり寄り、最後はすくい投げ!投げる瞬間は廻しを取っていたので、決まり手は「下手投げ」と発表。

○妙義龍-阿夢露● 押し出し
・妙義龍が一気に押し出し!

●徳勝龍-正代○ 寄り切り
・両者左四つ右上手に組む展開。正代が上手を切って寄り切り!
※正代勝ち越しまであと一番!
【解説】放駒親方(元玉乃島)「徳勝龍は上手の取り方が悪かった。脇を締めて下から取るべきだったが、上から抱え込むように取ってしまった。それによって、相手を呼び込んだ」

○旭秀鵬-逸ノ城● 寄り切り
・旭秀鵬がすぐにいい体勢を作って寄り切り!手順通りといった感じの相撲。

○勢-貴ノ岩● 寄り切り
・勢が右四つになって一気に寄り切り!強かった!

後半

○碧山-松鳳山● はたき込み
・碧山が一気に突っ張ってからはたいた。

○隠岐の海-臥牙丸● 寄り切り
・隠岐の海が一気に寄り切り。

○蒼国来-栃ノ心● すくい投げ
・蒼国来がいい体勢を作ってすくい投げ!上手かった!

●栃煌山-琴勇輝○ 押し出し
・栃煌山突っかける。二度目で立つ。琴勇輝が一気に出る!栃煌山は元気がない。

●嘉風-宝富士○ 押し出し
・嘉風、今日は比較的よく動いたが、及ばず。。。

●高安-豊ノ島○ 寄り切り
・豊ノ島が双差しになって寄り切り!

○琴奨菊-安美錦● 寄り切り
・琴奨菊、いい相撲でがぶり寄り!良かった!

●豪栄道-白鵬○ 押し出し
・豪栄道コールが凄い。白鵬が張ってカチ上げて一気に出る。豪栄道は引いてしまった。

○日馬富士-稀勢の里● はたき込み
・稀勢の里、前に出たが、足が出ずばったり。勝ち急いでしまった。お客さん、静まり返る。

●鶴竜-照ノ富士○ 上手投げ
・照ノ富士が変わりながら上手を取って上手投げ。盛り上がらないが、照ノ富士はカド番脱出!

感想

白鵬には申し訳ないですが、多くのお客さんにとって、残念な展開となってしまいました(^_^;)

白鵬は前日の稀勢の里、今日の豪栄道と続けて、張り差しカチ上げという、賛否の分かれる相撲での勝利。

ルール違反ではないけれど、「相撲の形として美しくない」「乱暴に見える」「品がない」といった理由で、このパターンでの相撲を嫌うファンも多いです。

同じことをすれば誰でも勝てるわけではないです。それがバッチリ決まるということは、それだけ白鵬が強い、ということの証だと思います。

逆に、それくらいのことをしないと稀勢の里や豪栄道には勝てないから、白鵬も必死だった、と取ることも出来ると思います。

でもわたしは、こういう相撲、あまり好きではないです。

とは、いえ。

あくまでも、わたしが勝手に感じたことですが。

昨日の稀勢の里、今日の豪栄道ともに、先先場所の日馬富士、先場所の琴奨菊ほどの、神がかったオーラはなかったように感じます。

稀勢の里に流れが来ている感じはありましたが、先場所の琴奨菊の時ほどでは、なかったんですよね。

先先場所の日馬富士、先場所の琴奨菊は、白鵬と対戦するとき「この俺に張り差しカチ上げとか、許さないからな!そんなものぶっ潰してやるからな」というオーラを放っているのを感じました。

それで白鵬が怯んで、変な小細工などはしてこなかったように思えました。

でも、今場所の稀勢の里と豪栄道には、そこまでの威圧感はなかったように思えます。

まあ、半分はあとから論だし、わたしが勝手に感じたことではありますが(苦笑)

何にせよ、これで白鵬が単独トップ。

36回目の優勝への道が見えてきたように思えます。

先場所や先先場所のように、終盤急に崩れることも、ないように感じます。

稀勢の里、もしくは豪栄道に敗れていたら、分からなかったですけどね。

12日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

12日目の幕内は、

1位 勢
2位 妙義龍
3位 琴勇輝

でした!

上位の相撲が個人的にあまりに残念に感じたので、中継終了後にいい相撲を見て気持ちを切り替えようと録画を再生した力士たちばかりがランクイン!(笑)

おめでとうございます^o^

幕内の優勝争い

12日目終了時点での成績優秀者は、以下の通りです。

一敗 : 白鵬
二敗 : 稀勢の里、豪栄道、妙義龍

妙義龍も頑張ってますねぇ。。。
この先も頑張ってほしいです!

13日目の幕内好取組

白鵬は鶴竜、稀勢の里は碧山、豪栄道は照ノ富士と対戦します。

鶴竜はあまり元気がないし、白鵬に勝つ姿が、今場所はちょっと想像出来ませんm(_ _)m

稀勢の里は、連敗した翌日に苦手な碧山という、かなり嫌な流れ。

豪栄道-照ノ富士は、豪栄道が有利ですかね?

個人的には、妙義龍-御嶽海戦が非常に楽しみです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲春場所12日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲春場所12日目(十両) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所12日目(幕下) 取組結果一行メモ

平成28年大相撲春場所 幕内の全取組の感想につきましては、下記まとめをご参照いただければと思います!

[ai] 平成28年大相撲春場所まとめ(幕内)

スポンサーリンク







[ai] 平成28年大相撲春場所12日目(幕内) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする