[ai] 平成28年大相撲春場所14日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所14日目(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲春場所14日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




14日目 幕内の実況と解説

14日目 幕内の実況と解説は、

実況 : 白崎義彦
解説 : 九重親方(元千代の富士)
向正面 : 竹縄親方(元栃乃洋)
東リポート : 太田雅英
西リポート : 三瓶宏志
(敬称略)

でした。

13日目までの展開

13日目終了時点での成績優秀者は、以下の通りです。

一敗 : 白鵬
二敗 : 稀勢の里、豪栄道

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲春場所13日目(幕内) 取組結果一行メモ

14日目 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○逸ノ城-里山● はたき込み
・体重差のある対戦。里山、潜ろうとするが、潰される。
※里山、負け越し>_< 幕内初の勝ち越しならず。。。

○千代鳳-玉鷲● 寄り倒し
・千代鳳が組み止め、寄り倒し。玉鷲、うっちゃりはならず。

●豊響-大栄翔○ 引き落とし
・豊響、馬力で圧倒するが、大栄翔、土俵際逆転!

●大翔丸-佐田の海○ 突き落とし
・佐田の海が変わり、大翔丸が構わず出る。軍配大翔丸で物言い。映像では、大翔丸が先に落ちているように見える。結果、大翔丸の足の甲が先についたとの判定で、差し違い。

●貴ノ岩-徳勝龍○ 寄り切り
・貴ノ岩、徳勝龍の引きについていったが、徳勝龍、形勢逆転!

○御嶽海-千代大龍● 押し出し
・御嶽海、立合い突き落としてから、一気に出る!突き落としはカチ上げを警戒したものと思われる。

○豪風-明瀬山● 押し出し
・明瀬山突っかける。二度目で立つ。豪風が一気に出る!

●北太樹-魁聖○ 寄り切り
・北太樹が先にいい体勢を作って寄ったが、魁聖、残して前に出た。

●英乃海-正代○ 寄り切り
・正代、胸で当たって双差しになって一気に寄り切り!はやかった。

○碧山-阿夢露● 突き出し
・碧山が一気に突き出し!はやかった!

●臥牙丸-安美錦○ 突き落とし
・安美錦が攻め込んで、相手が押し返してきたところを突き落とし。
【解説】九重親方(元千代の富士)「臥牙丸は重すぎて安美錦の動きについていけていない」

後半

○琴勇輝-妙義龍● 押し出し
・立合い合わない。二度目で立つ。琴勇輝が一気に押し出し!
【解説】九重親方(元千代の富士)「(琴勇輝が最初の立合いでなかなか手をつかなかったことに対して)見苦しい。相撲の内容が良くても半減。これはただの焦らしだ」

●蒼国来-高安○ 寄り切り
・高安が左四つで前に出て寄り切り。

○栃煌山-松鳳山● すくい投げ
・栃煌山突っかける。松鳳山突っかける。三度目で立つ。松鳳山が攻め込むが、栃煌山、土俵際回り込んで逆転!
【解説】九重親方(元千代の富士)「(両者の立合いについて)相手を見ていない。どこを見ているんだ」

●旭秀鵬-宝富士○ すくい投げ
・宝富士が旭秀鵬の突きを組みとめて、右からのすくい投げ。得意とは逆の四つではあるが、組み止めたのが良かったよう。

●嘉風-栃ノ心○ 押し出し
・栃ノ心が徹底して突っ張った!嘉風、今場所は相撲を楽しんでいる感じがしない。

○隠岐の海-豊ノ島● 押し出し
・初め豊ノ島が優勢だったが、隠岐の海、巻き替えて吹っ飛ばした。

○豪栄道-勢● 首投げ
・豪栄道、攻め込まれたが、捨て身の首投げが決まった!
【解説】九重親方(元千代の富士)「豪栄道の好成績が続かないのは、こういうところ(本来の攻めではなく、捨て身に首投げや突き落としによる勝ちが多いこと)が原因だろう」

●照ノ富士-稀勢の里○ 寄り切り
・照ノ富士突っかける。照ノ富士突っかける。三度目で立つ。稀勢の里がすぐ左四つ右上手で寄り切り。

●日馬富士-鶴竜○ 寄り切り
・横綱同士にしては、ちょっと元気のない相撲。
【解説】九重親方(元千代の富士)「日馬富士は土俵で力を出せないのなら休んだ方がいい。無理したら別のところを痛める」

●琴奨菊-白鵬○ 上手投げ
・白鵬が張って廻しを取ってすぐ上手投げ!はやかった。

感想

やっぱり、今場所の琴奨菊は、白鵬には勝てなかったですね>_<

ずっとベストな状態を保ち続けるのは、難しいです。。。

横綱になるには、ベストな状態でなくても勝てるくらいの、高い実力が必要なのかもしれません。。。

稀勢の里、豪栄道はともに二敗を守りました!

豪栄道は捨て身の必殺技(?)での勝ちで、危なかったですが、稀勢の里はとてもいい内容でしたね。

この内容の相撲を、今後とも安定して続けられるようになってほしいです。

14日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

14日目の幕内は、

1位 稀勢の里
2位 琴勇輝
3位 正代

でした!

正代君は久々に、双差し速攻の相撲が見られましたね!

おめでとうございます^o^

幕内の優勝争い

結果、成績優秀者の変動はありません。

一敗 : 白鵬
二敗 : 稀勢の里、豪栄道

千秋楽、稀勢の里と豪栄道は直接対決、白鵬は結びで日馬富士と対戦します。

白鵬が敗れれば、稀勢の里-豪栄道戦の勝者と優勝決定戦となります。

が、今場所の日馬富士を見る限り、ちょっと勝つのは厳しそうですね>_<

まあ、誰が優勝するのであれ、最後までいい相撲を期待したいです^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲春場所14日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲春場所14日目(十両) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所14日目(幕下) 取組結果一行メモ

平成28年大相撲春場所 幕内の全取組の感想につきましては、下記まとめをご参照いただければと思います!

[ai] 平成28年大相撲春場所まとめ(幕内)

スポンサーリンク







[ai] 平成28年大相撲春場所14日目(幕内) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする