[ai] 平成28年大相撲春場所6日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所6日目(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲春場所6日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




6日目 幕下の実況と解説

6日目 幕下の実況と解説は、

実況 : 三瓶宏志
解説 : 岩友親方(元木村山)
向正面 : 花ノ国(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 刈谷富士雄
解説 : 不知火親方(元若荒雄)
リポート : 藤井康生
(敬称略)

でした。

5日目までの展開

5日目の幕下の相撲につきましては、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲春場所5日目(幕下) 取組結果一行メモ

6日目 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●剛士(三段目)-力斗○ はたき込み
・動きのある相撲。力斗がよく動いてはたき込み。

●舛東欧-福轟力○ 寄り切り
・舛東欧が前に出るが、福轟力、体勢を立て直して逆転!

●伯錦-飛天龍○ 突き出し。
・飛天龍が厳しい攻めで突き出し。

○瞬迅-華王錦● 寄り切り
・華王錦突っかける。二度目で立つ。瞬迅、捕まりかけたが振り回して寄り切り!上手かった!

○大神風-松葉山● 送り出し
・大神風が後ろについて送り出し。

○萬華城-武蔵海● 小手投げ
・武蔵海突っかける。二度目で立つ。武蔵海が横につくが、萬華城、小手投げで振り回す!

●駒木龍-琴欣旺○ 寄り切り
・組んで動きが止まる展開。琴欣旺がいい体勢を作って寄り切り。

●克乃富士-大岩戸○ 押し出し
・大岩戸が前に出て押し出し!

●琴福寿野-安芸乃山○ 寄り切り
・安芸乃山が前に出て寄り切り!

●白虎-大元○ 押し出し
・大元が一気に前に出る!

●宝龍山-希帆ノ海○ 小手投げ
・投げの打ち合い。軍配宝龍山で物言い。映像では、宝龍山の肘が先についているが、希帆ノ海の体も飛んでいるように見える。流れは宝龍山。結果、宝龍山の肘が先についたとの判定で、差し違い。

○貴公俊-肥後ノ城● 上手投げ
・貴公俊、肥後ノ城の攻めをよくしのいで、上手投げ。
【解説】岩友親方(元木村山)「肥後ノ城はよく攻めていたが、足が出なかった」

○竜勢-大翔龍● 寄り切り
・竜勢、左の前廻しを引いて寄り切り!

○大波-大空● 寄り切り
・大波が前に出て寄り切り。

○力真-高三郷● 押し出し
・力真が一気に押し出し!いい相撲!

●笹ノ山-貴源治○ 上手投げ
・貴源治が捕まえて上手投げ。

●禧勢ノ山-碧天○ 上手出し投げ
・禧勢ノ山、よく攻めて前に出るが、碧天、土俵際で逆転!
【解説】岩友親方(元木村山)「碧天の悪い癖が出てしまった相撲だが、勝てたのだから自信にしてほしい」とコメント。

○隠岐の富士-大和富士● 押し出し
・隠岐の富士が一気に出る。大和富士はまともに引いてしまった。

○相山-肥後嵐● 寄り切り
・2分21秒の長い相撲。最後は相山が外掛けを二度仕掛け、肩透かしを打って、前に出て寄り切り!見応えのある相撲で盛り上がる!

○舛ノ勝-朱雀● 引き落とし
・朱雀、舛ノ勝の攻めを交わしたかに見えたが、逆に交わされてばったり。

●大翔岩-大雷童○ 押し出し
・大雷童が一気に出る!大翔岩は元気がない。

○宝香鵬-大清峰● 寄り切り
・初めは大清峰が前に出たが、宝香鵬がしのいで体勢を立て直し、寄り切り。
【解説】花ノ国(若者頭)「大清峰は負けたがいい相撲だった。こういう相撲を取るようにしてほしい」
※花ノ国さん、取組前は部屋の大清峰について「番付はあがっているのに印象に残らないのは、逆転勝ちばかりだからだろう」とコメント。

○鳰の湖-磋牙司● 押し倒し
・鳰の湖が前に出る!いい相撲!

●諫誠-徳真鵬○ 寄り切り
・徳真鵬が胸を合わせて寄り切り!

○勝誠-竜電● 寄り切り
・勝誠が頭をつけて起こして前に出る!

十両土俵入り

●魁-大輝○ 押し出し
・大輝が一気に押し出し!

○琴恵光-濱口● 寄り切り
・琴恵光がいい体勢を作って寄り切り!
※琴恵光は不知火親方(元若荒雄)最後の対戦相手。気にして応援しているとのこと。

○芝-慶天海● 寄り切り
・慶天海が潜ったかに見えたが、芝が体勢を整えて寄り切り。
【解説】不知火親方(元若荒雄)「慶天海は先にいい形になったが、止まりながらだった。止まりながらだと相手は対応できてしまう。体格差があれば特に。前に出ながらなら展開は変わったかもしれない」

●天空海-佐藤○ 突き落とし
・佐藤引いたが、突落しが決まった。
【解説】不知火親方(元若荒雄)「佐藤は立合いが良かった。この立合いの当たりが効いていた」

○白鷹山-栃丸● 突き出し
・白鷹山が突き放しで栃丸を圧倒!

感想

特に注目したのはラスト2番。

いずれも立合いで当たり、先手を取っていたことが勝因に繋がったような相撲でした!

相撲は立合いが大事だと言いますが、本当にそうなんですね。

栃丸も突っ張りが得意な力士ですが、先手を取ったことで、白鷹山が栃丸を突っ張りで圧倒しました!

立合いが良くても、次の攻めが出なかったり、土俵際の詰めを誤って負けることもあるにはあるけれど、やはり、先手を取ることは大事なんですねぇ。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲春場所6日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲春場所6日目(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所6日目(十両) 取組結果一行メモ

平成28年春場所 幕下の全取組の感想については、下記まとめをご参照いただければと思います!

[ai] 平成28年大相撲春場所まとめ(幕下&幕下以下)

スポンサーリンク







[ai] 平成28年大相撲春場所6日目(幕下) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする