[ai] 平成28年大相撲春場所7日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所7日目(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲春場所7日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




7日目 幕内の実況と解説

7日目 幕内の実況と解説は、

実況 : 大坂敏久
解説 : 北の富士勝昭
ゲスト : 三宅弘城
東リポート : 三瓶宏志
西リポート : 太田雅英
(敬称略)

でした。

ゲストは朝ドラ・亀助役の三宅弘城さん

この日は俳優の三宅弘城さんがゲストにいらして下さいました!

三宅さんは現在放映中の連続テレビ小説「あさが来た」に番頭・亀助役で出演中。

「あさが来た」では、ヒロインのあさが相撲を取るシーンが度々出てきますが、相撲好きの三宅さんは、あさ役の波瑠さんに四股の踏み方などを伝授されたようです。

6日目までの展開

6日目の幕内の相撲につきましては、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲春場所6日目(幕内) 取組結果一行メモ

7日目 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●北太樹-大栄翔○ 押し出し
・大栄翔が一気に押し出し!北太樹、土俵際逆転はならず。

○大翔丸-里山● 押し出し
・大翔丸、里山を中に入れず、押し出し!

●明瀬山-玉鷲○ 押し出し
・玉鷲が前に出て押し出し!明瀬山もよく応戦したが、及ばず。。。

○臥牙丸-御嶽海● 押し出し
・臥牙丸が圧力で御嶽海を圧倒!三宅さん、思わず歓声を上げる!

○千代鳳-佐田の海● 押し出し
・千代鳳が一気に出る!佐田の海は引いてしまった。

○豊響-英乃海● 押し出し
・豊響が一気に押し出し!

○徳勝龍-千代大龍● 寄り切り
・両者左四つに組む展開。徳勝龍が先に上手を取って寄り切り。

●貴ノ岩-阿夢露○ 下手出投げ
・攻防のある相撲で盛り上がる!

○逸ノ城-魁聖● 下手投げ
・大柄同士が右四つに組む展開。先に逸ノ城が上手を取るが攻められず、魁聖が上手を取って前に出る。逸ノ城残し、最後は魁聖が出てくるところを下手投げ。

○豪風-松鳳山● はたき込み
・松鳳山が攻め込むが、豪風、土俵際逆転!

●旭秀鵬-正代○ 寄り切り
・立合い行司待った。二度目で立つ。正代が胸で当たり、巻き替えて双差しになり、一気に寄り切り!

後半

○勢-妙義龍● 小手投げ
・立合い勢が待った。二度目で立つ。妙義龍が左四つになるが、勢、右からの小手投げ!明らかに劣勢に見えたが、右からの投げが強い!7連勝!

○琴勇輝-高安● 押し出し
・琴勇輝が強い!

○栃煌山-宝富士● すくい投げ
・栃煌山が双差しになって一気に攻め込む!

●隠岐の海-稀勢の里○ 寄り切り
・稀勢の里が左四つ右上手で寄り切り。土俵際の詰めも慎重。7連勝!

○琴奨菊-豊ノ島● 突き落とし
・琴奨菊、差し負けて追い詰められたが、土俵際逆転!体幹の強さを実感する相撲だった。

●蒼国来-照ノ富士○ 寄り切り
・蒼国来、照ノ富士の極めて出るのを何度となく残すが、最後は照ノ富士が寄り切り。

○豪栄道-安美錦● 押し出し
・お互いに張り手は空振り。安美錦は何か仕掛けようとして失敗した様子。豪栄道がよく見て押し出し。

○鶴竜-嘉風● はたき込み
・嘉風の突っ張りを、鶴竜が横から崩した。

●栃ノ心-白鵬○ 寄り切り
・白鵬がすぐに上手を取って寄り切り。白鵬、対栃ノ心戦、22戦全勝!
※白鵬はこの白星で通算勝星数3位タイに並ぶ。

○日馬富士-碧山● 寄り切り
・日馬富士突っかける。二度目で立つ。日馬富士、碧山の突っ張りをかいくぐり、一気に寄り切り!

感想

この日は横綱・大関は全員安泰。いいことです^ ^

琴奨菊はかなり絶体絶命な体勢に追い詰められましたが、よく逆転しましたね!
体幹の強さを改めて感じました。

平幕唯一の全勝・勢も元気です♪

今場所は得意の右四つになれなくても、左四つで右からの上手投げや小手投げで勝つ場面が多いですね。

これは翌日の稀勢の里戦がますます楽しみですvv

7日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

7日目の幕内は、

1位 勢
2位 琴奨菊
3位 稀勢の里

でした!

おめでとうございます^o^

幕内の優勝争い

結果、7日目終了時点での成績優秀者は、以下の通りとなりました。

全勝 : 稀勢の里、勢
一敗 : 白鵬、鶴竜、琴奨菊、豪栄道、逸ノ城
二敗 : 日馬富士、照ノ富士、他

多くの横綱・大関が比較的早い段階で星を落としましたが、その後は順調に勝ち進んでますね。

今後の展開が楽しみですvv

中日の幕内好取組

全勝の稀勢の里と勢が直接対決します。

個人的には、全勝同士の対戦はもう少しあとまで取っておいてほしかったのですが……まあ、仕方がありません。

今場所は得意とは逆の左四つになることの多い勢ですが、稀勢の里相手に左四つになっては、ちょっと厳しいかもしれませんね。

とはいえ、稀勢の里は悪い時には、左四つになって右上手も取ったのに引きつけが甘くて負けた、なんてことも、過去にはありましたm(_ _)m

なので左四つになったとしても、勢に勝機がないわけではありません。

勝負の行方は、稀勢の里次第な気がします。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲春場所7日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲春場所7日目(十両) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所7日目(幕下) 取組結果一行メモ

平成28年大相撲春場所 幕内の全取組の感想につきましては、下記まとめをご参照いただければと思います!

[ai] 平成28年大相撲春場所まとめ(幕内)

スポンサーリンク







[ai] 平成28年大相撲春場所7日目(幕内) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする