[ai] 昭和51年春場所の三賞は、小兵力士が独占! | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 昭和51年春場所の三賞は、小兵力士が独占!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲春場所中日。

十両の取組中に、昭和51年春場所の三賞受賞力士の話題がありました。

スポンサーリンク




昭和51年春場所の三賞受賞力士

昭和51年春場所の三賞受賞力士は、以下の通り。

殊勲賞 : 北瀬海 175cm
敢闘賞 : 鷲羽山 174cm
技能賞 : 旭國 174cm

いずれも小兵力士ですね。

何分、生まれる前の出来事なので、わたしがリアルに知っている力士はいません。

鷲羽山、旭國は時々古い映像で見ることもありますが、北瀬海については名前さえ初耳です。

でも、鷲羽山も旭國も小兵で、それぞれ個性のある面白い相撲で人気があったようなので、北瀬海さんも、そんなポジションの方だったのですかね??

現在の近い身長の力士は?

平成28年春場所現在の十両では、以下の力士たちが、近い体格と思われます。

石浦 173cm
旭日松 175cm
阿武咲・出羽疾風 176cm

石浦はザ・小兵力士、
出羽疾風は正攻法な小兵力士、
阿武咲は突進型の押し相撲、
旭日松は引きやはたきのある押し相撲、

と、みんなそれぞれ相撲のタイプは違うけれど、いい個性を持っていますよね。

うち、石浦と出羽疾風は、鷲羽山さんの相撲をお手本に頑張っているとのこと。

頑張ってほしいです。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







[ai] 昭和51年春場所の三賞は、小兵力士が独占!
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする