[ai] 平成28年大相撲春場所中日(十両) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所中日(十両) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲春場所中日 十両の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




中日 十両の実況と解説

中日 十両の実況と解説は、

実況 : 戸部眞輔
解説 : 高崎親方(元金開山)
リポート : 三瓶宏志
(敬称略)

でした。

7日目までの展開

7日目の十両の相撲につきましては、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲春場所7日目(十両) 取組結果一行メモ

中日 十両 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●大翔鵬(幕下)-阿武咲○ 押し出し
・阿武咲が一気に出る!いなしにもついて行った!が、軍配阿武咲で物言い。阿武咲がいなしを残した部分と思われるが、映像では、足は出ていない。結果、その場面の確認で、出ていないとの判定。軍配通り。

●天鎧鵬-朝弁慶○ 上手捻り
・天鎧鵬が左四つで前に出るが、朝弁慶、残して逆に寄り返す。軍配朝弁慶で物言い。映像では、朝弁慶の手が先についている。天鎧鵬の体もないように見えるが……。結果、協議に時間がかかり、取り直し。
(2回目) 朝弁慶がよく前に出て寄り倒すが、土俵際もつれ、また物言い。軍配は朝弁慶。映像では、また朝弁慶の手が早くついているように見える。天鎧鵬の体もないように見える。結果、取り直し。
(3回目) 朝弁慶が前に出る。最後は土俵中央で捻り技。天鎧鵬は疲れ切っているようだった。

●千代翔馬-旭大星○ 上手出し投げ
・旭大星が頭をつけて上手を取り、相手の下手を切って出投げ!

●天風-千代皇○ 突き落とし
・天風が前に出るが、千代皇、土俵際で逆転!
※天風は続けて土俵際の逆転に敗れているm(_ _)m
【解説】高崎親方(元金開山)「天風はそんなに慌てなくても良かったのではないか?」

○北磻磨-出羽疾風● 押し倒し
・北磻磨への声援が凄い。先に出羽疾風が前に出るが、北磻磨、残して反撃!

●千代丸-石浦○ 送り出し
・石浦が後ろについて送り出し!盛り上がった!

○剣翔-東龍● 寄り切り
・剣翔がいい形を作って寄り切り!はやかった。東龍は元気がない。

●旭日松-常幸龍○ 押し出し
・常幸龍が一気に出る!旭日松は引いてしまった。が、軍配常幸龍で物言い。映像では、旭日松がはたいた時に下がりはついたが、常幸龍の手はついていない。他に怪しい箇所は分からない。結果、軍配通り。

伊勢ヶ濱審判の説明では「常幸龍の立合い手つきがあったかの確認で、手をついていなかったので軍配通り」とのことだったが、それなら勝負は不成立でやり直しになるので、勝敗の決め手は立合いの手つきではなく、はたかれた時に常幸龍の手がついたかどうかなのでは?説明が謎すぎて戸部アナウンサーも困惑していた。

●富士東-鏡桜○ 引き落とし
・富士東、いなしにばったり。鏡桜もバランスを崩したが、富士東が先に倒れた。どちらも元気がない。

●千代の国-誉富士○ 押し出し
・誉富士が一気に押し出し!はやかった!

●朝赤龍-佐田の富士○ 押し出し
・佐田の富士、なかなか足が出ず前廻しを取られるが、崩して逆襲!

●荒鷲-錦木○ 寄り切り
・錦木突っかける。二度目で立つ。錦木が左四つになり、荒鷲が巻き替えに来たところを寄り切り!強い!

○大砂嵐-遠藤● 上手投げ
・遠藤が組み止めて左四つになるが、大砂嵐、構わず上手投げ!開始前から盛り上がっていたが、終始盛り上がった!
※大砂嵐は足を気にしていた。強引に投げたので、痛めている足に負担がかかったのだろうか?

●輝-青狼○ 寄り切り
・青狼がいい形を作って寄り切り!

感想

物言いが異常に多い一日でしたねm(_ _)m

十両で2番あるだけでも多いですが、その後の幕内の取組でも多かったです。

十両ではうち、一番は取り直しが2回。

朝弁慶も天鎧鵬も疲れたものと思います。お疲れ様でした^ ^

勝負が非常に際どくなってしまった原因の一つは、いずれも朝弁慶が、手から落ちていることであると言えると思います。

よく大相撲の世界では「手をつくな。顔から落ちろ」と教えられると聞きますが、それをしっかり守れている力士、また徹底して指導している部屋は、そう多くはないようにも感じます。

顔から落ちるのって、怖いですもんね>_<

それで首の骨が折れたりしたら訴訟問題だし、教える方もそれなりに命懸けになるのかもしれません。

でも、手を引っ込めていれば、物言いがつくような相撲にはならなかったとは思います。

また、物言いがついたわけではありませんが、天風は今日も土俵際の逆転で敗れました。

ちょっと、土俵際の詰めが苦手みたいですね(苦笑)

この日は幕内でも物言いがついたり、際どい相撲が多かったのですが、幕内力士は、かなりバランスを崩して土俵から足を踏み出しそうになっても、相手が先に出るまで気合いで踏みとどまっていました。

そんな幕内力士の姿を見て、幕内の実況を担当された刈谷富士雄アナウンサーは「十両では簡単に手をついたり、土俵際の詰めが甘くて逆転をされる力士が多かった」と苦言を呈しておられたのですが……

そこに、十両と幕内の差を感じました。

中日 十両の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

中日の十両は、

1位 大砂嵐
2位 北磻磨
3位 錦木・石浦

でした!

おめでとうございます^o^

十両の優勝争い

結果、十両の成績優秀者は、以下のようになりました。

全勝 : 大砂嵐
一敗 : 錦木
二敗 : 千代皇、出羽疾風

大砂嵐が中日まで全勝!うーん、ぶっちぎり優勝の予感大ですね!
日が経つにつれて、取組後に足を気にしているのが、少々気がかりではありますが……

錦木も力をつけています!
次の場所での新入幕の予感大です。
頑張ってほしいです。

千代皇と出羽疾風は、9日目に対戦が組まれます。

9日目の十両好取組

二敗の千代皇と出羽疾風が対戦します。

新入幕を目指す錦木は、遠藤と対戦。

楽しみですvv

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲春場所中日 幕内と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲春場所中日(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲春場所中日(幕下) 取組結果一行メモ

平成28年大相撲春場所 十両の全取組の感想につきましては、下記まとめをご参照いただければと思います!

[ai] 平成28年大相撲春場所まとめ(十両)

スポンサーリンク







[ai] 平成28年大相撲春場所中日(十両) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする