[ai] 琴奨菊-稀勢の里、武蔵丸-貴ノ浪を抜き、本割対戦回数が史上最多の59回! | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 琴奨菊-稀勢の里、武蔵丸-貴ノ浪を抜き、本割対戦回数が史上最多の59回!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲春場所9日目。

琴奨菊-稀勢の里戦が59回目の対戦を迎えました。

この記録は、武蔵丸-貴ノ浪戦を超え、本割での対戦記録1位となります。

    対戦記録(本割のみ)

  1. 琴奨菊-稀勢の里 59回
  2. 武蔵丸-貴ノ浪 58回
  3. 日馬富士-稀勢の里 55回
  4. ※平成28年大相撲春場所9日目現在

記念すべき59回目の取組は、綱取りを狙う一敗の琴奨菊と、全勝の稀勢の里という、とても好カードな取組として組まれました。

でも、勝負は思いのほかあっさり終わりました。

稀勢の里が立合い当たって突き落とす、という、見ている方としてはあまり見応えのない勝負(^_^;)

どちらも好調同士なだけに、熱戦が観たかったですが……まあ、仕方がないですね(^_^;)

結果、琴奨菊は9日目に二敗目を喫し、綱取りはかなり厳しい状況に。

稀勢の里は全勝を守り、悲願の初優勝へ一歩近付く白星となりました。

これまで立合いに変わるようなことはなかった稀勢の里ですが、勝ちたい気持ちはとても感じました。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

※2017年3月20日追記

平成29年春場所時点で63回目を更新!

63回目の対戦は、
横綱と関脇となっての対戦となりました。

[ai] 稀勢の里-琴奨菊戦が史上最多の63回目を更新

スポンサーリンク







[ai] 琴奨菊-稀勢の里、武蔵丸-貴ノ浪を抜き、本割対戦回数が史上最多の59回!
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク