[ai] 初めての幕下 | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 初めての幕下

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲名古屋場所10日目。

幕下の取組の合間に、今場所初めて幕下に昇進した力士の話題になりました。

今場所初めて幕下に昇進した力士は、こちらの3名。

西51 琴仁成 2-3
東53 前乃富士 2-3 ※所用99場所での幕下昇進、史上1位。2位は飛燕力の98場所
西58 栃乃国 1-4

数字は番付と現時点での成績です。

なかなか勝てない模様m(_ _)m

ちなみに、この日解説を担当された不知火親方(元若荒雄)は、こうだったようです。

平14 秋 西55 3-4
平15 春 東55 全休
平16 初 西9 3-4 ※前の場所で三段目優勝 当時の上位は琴欧洲、豊ノ島など
〃 春 西17 1-6
〃 夏 西46 2-5
〃 秋 西59 5-2

6回目の幕下で初めて勝ち越し!

その後、小結まで昇進されました。

幕下付出しでデビューして二場所で通過してしまう力士もいれば、何度も上の番付の壁の跳ね返されて出世する人もいるのだなと、改めて思います。

前乃富士さんの所用99場所も、凄いですよね!

幕下って、世間一般にはあまり知られていないし、知られていても「下っ端」という印象が強いかと思いますが、その道の人からしてみれば、幕下までいったのなら相当凄いことなんじゃないかと思いました。

それを思うと、十両や幕内、三役や大関横綱になる人って、本当に選ばれた一握りのエリートですよね。

スポンサーリンク