[ai] 平成27年大相撲九州場所千秋楽(幕下) 取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲九州場所千秋楽(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

少し間があいてしまいましたが;;
平成27年大相撲九州場所千秋楽 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




千秋楽 幕下の実況と解説

千秋楽 幕下の実況と解説は、

実況 : 三瓶宏志
解説 : 岩友親方(元木村山)
リポート : 戸部眞輔
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 三輪洋雄
解説 : 稲川親方(元普天王)
リポート : 太田雅英
(敬称略)

でした。

14日目までの展開

下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年大相撲九州場所14日目(幕下) 取組結果一行メモ

千秋楽には7戦全勝の芝と宇良の優勝決定戦が行われました。

千秋楽幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

なお、千秋楽は途中から放送が始まったため、放送に入る以前の取組は結果と決まり手のみで失礼いたします。

●豊後錦-篠原○ 寄り切り

●勇輝-碧海浜(三段目)○ 寄り切り
・碧海浜、左からの下手投げで崩し、寄り切り。

●古場(三段目)-栃登○ はたき込み
・栃登は立合い変化。部屋の岩友親方「勝って反省してもらいたい」と苦笑い。

○萬華城-巨東● 寄り切り
・萬華城が前に出て寄り切り。

○玄界鵬-深海山● 寄り切り
・玄界鵬が前に出て寄り切り。いい相撲だった。

●玉大輝-龍勢○ 寄り切り
・龍勢が前に出て寄り切り。

○若龍勢-水口● 押し出し
・初めは水口が前に出るが、若龍勢が押し返す。

●磋牙司-白虎○ 押し出し
・磋牙司、初めは攻めていたが、途中から引いてしまった。

○彩-諫誠● 首投げ
・諫誠突っかける。二度目で立つ。突っ張り合いから差して、彩が首投げ。

○鐡雄山-舛ノ勝● 引き落とし
・突き放す舛ノ勝と、前回しを狙う鐡雄山の攻防。鐡雄山が引くと、舛ノ勝は滑ったように倒れた。

○大輝-大雷童● 押し出し
・大雷童突っかける。二度目で立つ。大輝、いい当たりで押し出し!
【取組前の大輝】
「今場所はプロの厳しさを痛感した場所だった。特に相山戦は、手をつかないで立ってしまったが成立してしまい、いい立合いが出来なかった。待ったといえば良かった。手をつかないといい立合いは出来ない。両手をついてから立つアマチュアとの違いを知り、いい勉強になった。(潜り込み相撲を取る相手敗れていることについて)苦手意識がある。八画部屋にはそういうタイプの力士がいないからかもしれない。今日勝てば15枚目以内が見込めるが、あまり意識しないようにしたい。今日もしっかり稽古をしてきたので、立合いをしっかりしたい。

●笹山-魁ノ隆○ 寄り切り
・四つ相撲の攻防。魁ノ隆がじわじわ体勢を作って寄り切り。

●相山-碧己真○ 寄り切り
・四つ相撲の攻防。碧己真が頭をつけて前に出る!
【解説】岩友「碧己真はもっと頭をつけて前に出てほしかった。そろそろ欲も出して欲しい」

●琴宏梅-大岩戸○ はたき込み
・押し合いから、大岩戸が張って相手を横に向かせ、はたき込み。

十両土俵入り

○南海力-貴公俊● 内無双
・右四つの攻防。南海力が捻りながらの内無双。

○栃飛龍-野上● 突き落とし
・突っ張る栃飛龍と、回しを取りたい野上の熱戦!盛り上がった!
【解説】稲川「栃飛龍は回しを取られて動きが止まらなかったのが良かった。止まっていたら引きつけられていた」

●照強-勝誠○ 突き落とし
・照強が腕を手繰って振り回す。照強の勝ちかに見えたが、軍配勝誠で物言い。映像では、照強優勢に見えるが、体が飛んでいるとも取れる。結果、照強が先に落ちたとの判定で、軍配通り。

○栃丸-大和富士● 押し出し
・栃丸がいい突っ張りで押し出し!

●安芸乃川-翔天狼○ きめ出し
・翔天狼が極めて前に出る!強烈!翔天狼6勝目!

今場所初幕下力士の成績

取組の合間に、今場所初幕下力士の成績が紹介されていました。

東25 大輝 5-2
西37 岩崎 5-2
東51 羅王 4-3
西54 宇良 7-0
東57 東里 5-2
東60 大野城 2-5

みんな優秀ですね!
でも個人的に好感が持てたのは、唯一負け越してしまった大野城さんです(苦笑)
なかなか白星には繋がらなかったけれど、一生懸命やっている姿に好感が持てました!

幕下優勝決定戦

○芝-宇良● 寄り倒し
・2分を超える長い相撲!凄い相撲だった、盛り上がった!
【感想】宇良は同部屋の先輩だから、逆にのびのび取っているように見えた。

今場所一番盛り上がった!?幕下の優勝決定戦

幕下の優勝決定戦は、とにかく凄い相撲でしたね!

わたし、大相撲中継は一応録画はするけれど、見返すことってほとんどないのですが、この相撲に関しては3回くらい見てしまいました(笑)

宇良の低い姿勢、独特の間合いには苦戦する力士が多いのですが、兄弟子の芝はふだん稽古をよくしているだけあってか、心得ていたように思えます。

手こずりはしたけれど、しっかり自分の四つ身になりましたからね!
そこが勝因だったかなと思います。

でも、宇良も組まれてからかなり長く粘りました。

同部屋同士だからお互いにやりにくくてぎこちなくなったり、特に弟弟子の方が兄弟子に対して遠慮してしまうんじゃないかと危惧していましたが、全然そんなことなかったですね!

むしろ宇良は、いつも稽古している先輩だからのびのびとっているように見えました(笑)
こんな感じで、充実した稽古が行われている部屋なんでしょうね、木瀬部屋って。

結果、幕下優勝は兄弟子の芝!
おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲九州場所千秋楽 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年大相撲九州場所千秋楽(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲九州場所千秋楽(十両) 取組結果一行メモ


スポンサーリンク







[ai] 平成27年大相撲九州場所千秋楽(幕下) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする