[ai] 平成27年大相撲九州場所千秋楽(幕内) 取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲九州場所千秋楽(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

少し間があいてしまいましたが(汗)
平成27年大相撲九州場所千秋楽 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




千秋楽 幕内の実況と解説

千秋楽 幕内の実況と解説は、

実況 : 藤井康生
解説 : 北の富士勝昭
向正面 : 舞の海秀平
東リポート : 白崎義彦
西リポート : 厚井大樹
(敬称略)

でした。

14日目までの展開

14日目終了時点での成績優秀者は、以下の通りです。

一敗 : 日馬富士
二敗 : 白鵬、松鳳山

千秋楽、この3力士の直接対決はありません。
日馬富士が勝てばその時点で優勝が確定。日馬富士が敗れ、白鵬と松鳳山のどちらかが勝てば優勝決定戦、二人とも勝てば巴戦による優勝決定戦となります。

14日目の相撲については、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年大相撲九州場所14日目(幕内) 取組結果一行メモ

三賞

三賞受賞者は、以下の通りです。

殊勲賞 : なし
敢闘賞 : 勢(4)、松鳳山(3)
技能賞 : 嘉風(2)

受賞の条件はありませんので、このまま確定です。

三賞受賞力士のインタビューは、別途記事にて掲載させていただいております。

[ai] 平成27年大相撲九州場所 敢闘賞 松鳳山 インタビュー

[ai] 平成27年大相撲九州場所 敢闘賞 勢 インタビュー

[ai] 平成27年大相撲九州場所 技能賞 嘉風 インタビュー

千秋楽 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○豪風-高安● 押し出し
・豪風が一気に出る!一方的な展開。

○蒼国来-朝赤龍● 寄り切り
・蒼国来が左に変化。そのまま上手を取って寄り切り!

○北太樹-佐田の富士● 寄り切り
・北太樹が一気に前に出る!いい相撲!
【取組後の北太樹】土俵下で何か大きく息を吐いて何か呟き、奥では涙を浮かべていたとのこと。北の湖部屋の力士としては最後の相撲だったので、勝てて良かったとのこと。

●千代大龍-宝富士○ はたき込み
・組んでの攻防。宝富士が小手投げで呼び込んだかに見えたが、軍配宝富士で物言い。映像では、宝富士は足は残っているように見える。結果、軍配通り。

※物言いのつくタイミングが遅く、藤井アナウンサー、ご立腹だった。。。

●徳勝龍-千代鳳○ 突き出し
・両者なかなか立てず、千代鳳突っかける。二度目で立つ。千代鳳が低い体勢で前に出る!

○魁聖-豊響● 下手投げ→すくい投げ
・豊響、押し切れず自分から上手を取る。そこを魁聖がすくい投げ。映像では下手は引いていないが、決まり手は「下手投げ」と発表。藤井アナウンサー「これは間違いですね」ときっぱり。その後「すくい投げ」に訂正される。

○御嶽海- 誉富士● 押し出し
・ 誉富士突っかける。二度目で立つ。御嶽海、突っ張って最後は双ハズで押し出し!
【解説】北の富士「御嶽海は押している姿がかっこいい!」

●臥牙丸-佐田の海○ 寄り切り
・臥牙丸突っかける。二度目は行司待った。三度目、あまり合っていないように見えたが立つ。佐田の海、立ち遅れるが、追い詰められてから形勢逆転!

●阿夢露-大栄翔○ 押し出し
・大栄翔が一気に押し出し!

●松鳳山-安美錦○ 素首落とし
・安美錦、当たってからのはたき。
※松鳳山は三敗に後退。安美錦は勝ち越し。松鳳山はその後の三賞インタビューで、終始憮然としていた(^_^;)

後半

○玉鷲-隠岐の海● 押し出し
・隠岐の海が待った。二度目で立つ。立合い、玉鷲が両手突きから左に動き、一気に押し出し!

●逸ノ城-碧山○ 押し出し
・碧山が横に崩して押し出し!

○勢-嘉風● 引き落とし
・勢がカチ上げてからの引き。でも、それなりに盛り上がる!
【解説】舞の海「勢は勝負どころを逃さないし、張り切っている。嘉風も同様で、清々しい」

○栃ノ心-旭秀鵬● 寄り倒し
・栃ノ心が吊りながら寄って寄り倒し。

○遠藤-妙義龍● 寄り倒し
・遠藤、懸命に残って寄り倒したが、土俵下からなかなか立ち上がれない。勝ち名乗りも苦しそう。
【取組前・遠藤についての放送席でのやり取り】
北の富士さん「今場所は出ない方が良かったのではと思う。出ることも大事だが、力が出ないのであれば、休んで治療に専念した方がいいと僕は思う」
藤井アナウンサー「大袈裟に言うと、無気力と取られても仕方のないレベル」
北の富士さん「審判部から『無気力だ』とクレームがつくだろう」き、厳しい!
【取組後】北の富士さんも藤井アナウンサーも、将来性のある遠藤の怪我の悪化を心配している様子。舞の海さんは「今は怪我で力を出せない力士が多い。お客さんもお金を払って来ているのだから、怪我で力を出せないのはどうなのか、考えないといけない」同感です!

●栃煌山-豪栄道○ 首投げ
・豪栄道、捨て身の首投げが炸裂!

○照ノ富士-琴勇輝● 押し出し
・照ノ富士、凄い気迫で琴勇輝を吹っ飛ばした!琴勇輝も思い切って喉輪押しで善戦!照ノ富士の気迫が戻って嬉しい!

●日馬富士-稀勢の里○ 寄り切り
・稀勢の里が立合い真っ先に左差し!一気に寄り切り!
【取組後】北の富士さん「稀勢の里はこの3日間、死んだフリしとったのかね?」(笑)

○鶴竜-白鵬● 寄り切り
・鶴竜がいい形を作って寄り切り!白鵬、北の富士さんの言うようにスタミナ切れか?すぐ体勢を悪くしてしまった……。

松鳳山、日馬富士、白鵬が全員負けての優勝決定(^_^;)

まさかの全員負けての優勝決定

結果、平成27年九州場所の幕内最高優勝は、横綱 日馬富士に決定!
まさかの、優勝に関わる力士が全員負けての決定です;;

まあ、真剣勝負でやっているからこそ、たまにはこういうこともありますよね(苦笑)

でも日馬富士の優勝は、素直に嬉しいです!
今場所の日馬富士は気迫に溢れていて、めちゃくちゃカッコよかった!
おめでとうございます^o^

一方で、白鵬は13日目に日馬富士に敗れて以降、心配な相撲ばかりです>_<
途中までは優勝争いをリードしていて、強い白鵬が戻ってきた!と思っていたのですが……

一時は猫だましとかされて「この野郎!強いからって調子に乗りやがって!」と思う瞬間もあったのですが……

今思うと、あの猫だましも、栃煌山の当たりをまともに受け止める自信がなかったから奇襲に出たのかな?なんて思ってしまいます。

余裕こきすぎてのおふざけでも、弱っていたから奇襲に出たのでも、個人的にはどちらも嫌です(苦笑)

でもどちらかというと、弱っていたから奇襲に出たパターンの方が、悲しいですねm(_ _)m
白鵬には多少品格に難はあっても、強すぎて憎たらしい存在でいてほしいですもん。

弱ってる白鵬なんて、わたしはあまり見たくないです>_<

ちなみに、松鳳山が負けることは、何となくはじめから予想してました。
安美錦との対戦成績がどうとか、顔付きがどうとかではなく、こういう場合、平幕力士は真っ先に脱落することがセオリーなので(苦笑)

むしろよく千秋楽まで頑張ったなと思います!

怪我で力を出せない力士の多い場所

今場所は、怪我で力を発揮出来ていない力士の多い場所でしたね。
照ノ富士然り、遠藤然り、妙義龍然り……

出場することが力士さんのお仕事かもしれませんが、怪我でまともに相撲の取れない状態なら、無理しないで休んでほしいなと思ってしまいます>_<

痛いのに頑張ってて偉いなぁ、とは思うけれど……見ている方が心配でストレスが溜まります。。。

休むとその分勝負勘が鈍ってしまったり、番付が落ちてしまったりして、それはそれで大変なことなのだろうなとは思います。

相撲に限らず、アスリートはどこかしら痛みをこらえて競技に挑んでいるでしょうから、一般人から見たらとんでもない大怪我でも、耐えることに慣れている分、これくらいなら大丈夫と思ってしまうのかもしれません。

でもやっぱり、限度はあると思うんですよねぇ。。。

藤井アナウンサーは遠藤に対して「無気力と取られても仕方がない」とおっしゃっていましたが、そんな相撲をお金を払って観に来ているお客様に見せてしまうくらいなら、休んで怪我を治すことに専念した方がいいんじゃないかなぁ、と思ってしまいます。。。

特に遠藤や照ノ富士のような、若くて有望な力士には、無理して怪我を悪化させて、将来を棒に振ってほしくありません。

照ノ富士は、千秋楽は元気な相撲が観れたのでちょっと安心しましたが、遠藤は、勝ってもなかなか立ち上がれなかったり、勝ち名乗りが苦しそうだったりで、不安要素でいっぱいでした。。。

千秋楽 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

千秋楽の幕内は、

1位 稀勢の里
2位 勢
3位 遠藤

でした!

最後に爆弾を爆発させた稀勢の里(笑)、
好調三賞対決を制した勢、
痛みを堪えて懸命な相撲を見せた遠藤がランクイン!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲九州場所千秋楽 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年大相撲九州場所千秋楽(十両) 取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲九州場所千秋楽(幕下) 取組結果一行メモ

また、優勝した日馬富士、三賞を受賞した松鳳山、勢、嘉風のインタビューも、別途記事にて掲載させていただいております。

[ai] 平成27年大相撲九州場所 幕内最高優勝 日馬富士 インタビュー

[ai] 平成27年大相撲九州場所 敢闘賞 松鳳山 インタビュー

[ai] 平成27年大相撲九州場所 敢闘賞 勢 インタビュー

[ai] 平成27年大相撲九州場所 技能賞 嘉風 インタビュー


スポンサーリンク







[ai] 平成27年大相撲九州場所千秋楽(幕内) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする