[ai] 平成27年大相撲名古屋場所 西関脇 逸ノ城 日別メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲名古屋場所 西関脇 逸ノ城 日別メモ

こんにちは。ペパーミントあいです。

平成27年名古屋場所。西関脇 逸ノ城の日別のまとめを作成いたしました。

何らかのお役に立てれば幸いです^^

本まとめについて

本ブログの日別の取組結果一行メモより、の取組分のみ抜粋させていただきました。

ほぼコピー&ペーストしてそのまま掲載させていただいておりますが、引用だと意味が通じなくなる箇所などは若干手直しを加えております。

平成27年大相撲名古屋場所 西関脇 逸ノ城 日別メモ

西関脇 逸ノ城駿 22歳
モンゴル出身 湊部屋
成績 : 4勝11敗

  • 初日
  • 対 鶴竜 ● 押し出し
    ・鶴竜、張って右差し、左からの投げで崩し、一気に押し出す!
    北の富士「鶴竜は肩はちゃんと使えている」

  • 2日目
  • 対 碧山 ● 寄り切り
    ・逸ノ城が突っかける。二度目で立つ。碧山が一気に前に出た。逸ノ城は思いのほかあっけない。
    解説陣からは「逸ノ城は膝を鍛えないといけない」との声。

  • 3日目
  • 対 魁聖 ○ 寄り切り
    ・右四つがっぷりになっての長い相撲。不知火親方からは「二人とも攻めが遅い」

  • 4日目
  • 対 妙義龍 ● 押し出し
    ・妙義龍が強かった!

  • 5日目
  • 対 豪栄道 ○ 押し出し
    ・逸ノ城の一方的な展開。双方に対して「何があった!?」と言いたくなる展開。お客さんは驚きの声を通り越して静まり返った。

  • 6日目
  • 対 稀勢の里 ● 寄り切り
    ・逸ノ城が立合い右に動き、稀勢の里の腕を手繰る。最後は稀勢の里が差し勝って左を差して寄り切り!動きがあり、盛り上がった!

  • 7日目
  • 対 宝富士 ○ 押し出し
    ・逸ノ城がいい相撲で前に出た!
    二子山親方「自分より強い力士とたくさん稽古していれば太ることはない。逸ノ城の体重増加は稽古が足りない証拠」と一蹴。

  • 中日
  • 対 栃煌山 ● 押し出し
    ・栃煌山が逸ノ城を一気に持っていった!強い!

  • 9日目
  • 対 白鵬 ● 寄り切り
    ・白鵬、危なげなく寄り切る。が、最後のあからさまなダメ押しはいただけない。
    ※舞の海さんによると、稽古場では最後力を抜いた相手に対して「しっかりしろよ」という意味で押すことはあるとのこと。が、当然本場所ではいけないとご立腹。

  • 10日目
  • 対 栃ノ心 ● 寄り切り
    ・がっぷり右四つに組んでの攻防。
    ※大坂アナウンサー「逸ノ城がこのパターンで栃ノ心に負けるのは3度目」
    ※北の富士「相変わらず逸ノ城は立合いが悪い。上がってきた頃の強烈な印象は薄れている。研究されたこともあるだろうが、それに対する研究や稽古が足りないのでは?みんなそういう見方をしているし、自分もそう思う」

  • 11日目
  • 対 佐田の海 ● 上手投げ
    ・佐田の海が速い攻めで200kgを転がす!
    ※逸ノ城は負け越し>_<

  • 12日目
  • 対 高安 ● はたき込み
    ・高安、当たってからの引き。逸ノ城はやはりもろい。
    ※二子山親方「逸ノ城は稽古をしないから、体重がマイナスに働いている」 と酷評。「稽古をすることで体重の増加も防げる。増えているのは稽古をしていない証拠だ」と、2日目の解説を同じことを繰り返す。

  • 13日目
  • 対 照ノ富士 ● 小手投げ
    ・右四つがっぷりの展開。長引くかと思われたが、照ノ富士が物凄く豪快な小手投げ!
    ※尾車「逸ノ城は先に上手を取ったのだから早く出ないといけない。簡単に上手を与えるのもいけない。力の差を感じた」

  • 14日目
  • 対 琴奨菊 ● 寄り切り
    ・琴奨菊、いいがぶり寄り!踏みとどまった!
    ※取組前は琴奨菊への応援が多い。

  • 千秋楽
  • 対 勢 ○ 寄り切り
    ・逸ノ城が一気に寄り切り。勢、元気がない。
    ※北の富士さん、舞の海さんともに、「今場所の逸ノ城ほどがっかりしたものはない」とボロクソ(苦笑) 厳しい藤井アナウンサーは「全くその通り」と頷くばかりでフォローなし(苦笑) 舞の海さん「日本の大相撲界に入って待遇が良くなって、大事なことを忘れているのではないか?モンゴルでのゲルの生活を思い出してほしい」もう言いたい放題^^;

平成27年名古屋場所の逸ノ城

この場所の逸ノ城は、思いのほか力弱い相撲が目立ちました。

千秋楽に北の富士さんがおっしゃっていたように、昨年秋場所、新入幕で大活躍した時のインパクトは薄れつつあります。

9日目には白鵬からダメ押しを受けました。

これに関しては、明らかに白鵬が悪いといえば悪いですが、最後力を抜いてあっさり土俵を割った逸ノ城も悪い、だから白鵬はそれを叱りたかったのだろうというのが、大方の関係者と相撲ファンの見方です。

わたしもそう思います。

ただ、新入幕の場所であまりにも活躍して、素晴らしい素質を持っていることを印象付けてしまったがために、周囲の期待に本人の自覚や感情といったものが追いついていないのではという気もします。

相撲の世界に入る人に、いずれは横綱や大関になりたいと思わない人はいないと思います。

それは逸ノ城とて同様で「大関になりたい」「二桁勝ちたい」ということはふだんから口にはしています。

でも、その気持ちが漠然としているのではないかなぁ、という印象も受けるのです。

誰か上手く、その辺り、熱いものを引き出してくれる人がいたらいいのですが……

本気の逸ノ城を、ぜひ見たいですね!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。


スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク