[ai] 平成28年大相撲初場所初日(幕下) 取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所初日(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲初場所初日 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

初日 幕下の実況と解説

初日 幕下の実況と解説は、

実況 : 戸部眞輔
解説 : 甲山親方(元大碇)
リポート : 高山大吾
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 沢田石和樹
解説 : 中立親方(元小城錦)
リポート : 白崎義彦
(敬称略)

でした。

昨年九州場所の展開

下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年大相撲九州場所まとめ(幕下以下)

初日幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●華王錦-貴源治○ 押し出し
・貴源治がいい突っ張りで一気に押し出し!

□王輝-稲葉丸■ 不戦勝

●剛竜-大元○ 押し出し

●美登桜-栃清龍○ 寄り切り

●富栄-霧の富士○ 上手投げ

●翔傑-寺尾○ 寄り切り

○十勝海-政風● 押し出し
・十勝海の一方的な展開。政風は元気がない。

○虎太郎-碧の正● 突き出し
・両者両手突きの立合い。押し相撲同士。虎太郎が低く前に出た。

○大翔岩-龍勢旺● 押し出し
・龍勢旺は膝から崩れるように倒れた。

●宝龍山-古場○ 寄り切り
・古場が低く前に出る。宝龍山、引っ張り込みはならず。

○大空-高春日● 上手投げ
・高春日、当たってからのはたきは決まらず。高春日、落ち着いて回り込んだ。

○琴欣旺-千代栄● 押し出し
・琴欣旺突っかける。二度目で立つ。千代栄、いい押しで先手を取るが、押し切れず。。。

○武玄大-篠原● はたき込み
・武玄大がいなして送り出し気味のはたき込み。

○朱雀-琴宏梅● 下手投げ
・朱雀突っかける。二度目で立つ。朱雀が立合いすぐに双差し!琴宏梅、捨て身の首投げはならず。

●琴福寿野-希帆ノ海○ 突き出し
・攻防のある一番。最後は希帆ノ海が突き出し!

●西山-磋牙司○ 寄り切り
・磋牙司が低く前に出る。懸命ないい相撲で盛り上がった!

●水口-宝香鵬○ 寄り切り
・組んで動きが止まる展開。最後は宝香鵬が組み止めて寄り切り。1分ちょうど。

●南海力-鳰の湖○ 押し出し
・鳰の湖が前に出るいい相撲!盛り上がった!

●大岩戸-大波○ 押し倒し
・大波が豪快な突き落とし!盛り上がった!ぱっと見は突き落としに見えたが、決まり手は押し倒し。よく見ると押し倒しだった。

●大清峰-笹ノ山○ 押し出し
・笹ノ山が一気に前に出る!圧勝!

●肥後ノ城-諫誠○ 寄り切り
・攻防のある一番。諫誠がいい形を作って寄り切り!下半身の構えがいい!

●大翔龍-肥後嵐○ 後ろもたれ
・大翔龍は首投げをしのいだあと、膝から崩れるように倒れた。両者同時に倒れたかに見えたが、軍配肥後嵐で物言いはなし。

○鐡雄山-若龍勢● 寄り切り
・若龍勢突っかける。二度目で立つ。鐡雄山、相手の窮屈な双差しを極めて前に出る!

○慶天海-飛翔富士● 外掛け
・慶天海、低く潜って、下手投げから外掛けへの連携!盛り上がった!飛翔富士は小さい力士を扱うのが上手くない模様。

○栃丸-佐藤● 押し倒し
・押し合い。初め佐藤が優勢だったが、佐藤が引いてから展開が変わった!佐藤が引いたところを栃丸がいなしたのが決定的だった模様。

○豪頂山-野上● 寄り切り
・豪頂山が先にいい体勢を作って寄り切り!いい相撲。

十両土俵入り

○竜電-照強● 突き落とし
・組んで動きが止まる長い相撲。2分を経過したところで、照強が投げに出るが、膝から崩れるように倒れた。

○天空海-白鷹山● 寄り切り
・攻防のある一番。最後は天空海が寄り切り!
【解説】中立親方(元小城錦)「両者ともに腰高」

●希善龍-大翔鵬○ 寄り倒し
・大翔鵬が変わり気味に上手を狙い、両者右四つに組んで動きが止まる展開。最後は大翔鵬が前に出て寄り倒し。

●芝-玉飛鳥○ 寄り切り
・玉飛鳥が終始優勢。実力差を感じた。

○翔天狼-若乃島● きめ出し
・翔天狼が若乃島の双差しを極めて出た!

甲山親方期待の若手は、貴公俊&貴源治

昨年も初場所に行われた企画。
「次の関取はキミだ!」

解説の親方に、時期関取候補、期待の若手力士を聞いていく企画が、今年も開催されました。

初日解説を担当して下さった甲山親方(元大碇)のオススメは、貴乃花部屋の双子の兄弟・貴公俊と貴源治。

顔も体格も全てがそっくりな二人ですが、お兄さんの貴公俊は口元にほくろがあるとのこと。

二人とも、突っ張ってから回しを取る、という、正攻法のいい型を持っていること。懐の深さ、相撲未経験なのに入門から2年半で幕下まで番付を上げた潜在能力に期待されているようです。

学生相撲出身の力士なら、入門から一年後にはすでに幕内、なんてことも珍しくないですが、そういう力士は当然、相撲経験者ですからね。

その上、いきなり幕下でデビューするので、序ノ口からスタートするたたき上げの力士とは、様々な点で条件が違いすぎます。

15歳で入門しているたたき上げの力士でも、十両昇進までに10年以上かかることは多いです。

それを考えたら、相撲歴2年半で幕下は、相当出世が早いといえると思います。
ぜひ、二人とも関取になってほしいですね(^o^)

双子で関取になった力士は、過去に例がないとのこと。
それを思うと、余計、双子の関取が見たくなります!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲初場所 幕内と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲初場所初日(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所初日(十両) 取組結果一行メモ


スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク