[ai] 平成28年大相撲初場所千秋楽(幕下) 取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所千秋楽(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲初場所千秋楽 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

千秋楽 幕下の実況と解説

千秋楽 幕下の実況と解説は、

実況 : 船岡久嗣
解説 : 岩友親方(元木村山)
リポート : 酒井良彦
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 大坂敏久
解説 : 枝川親方(元蒼樹山)
リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

14日目までの展開

14日目の相撲につきましては、記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所14日目(幕下) 取組結果一行メモ

千秋楽は、6勝1敗の成績上位者8名による優勝決定戦が行われました。

西6 栃飛龍 (静岡・春日野)
西8 宇良 (大阪・木瀬)
東10 照強 (兵庫・伊勢ケ濱)
東13 栃丸 (東京・春日野)
東18 濱口 (三重・木瀬)
東45 大翔岩 (埼玉・追手風)
東47 虎太郎 (茨城・藤島)
西60 貴源治 (栃木・貴乃花)

千秋楽 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●高麗の国-栃清龍○ 寄り倒し

●克乃富士-双大竜○ 上手投げ

○玄界鵬-龍勢旺● 突き出し

●宝龍山-十勝海○ 寄り切り

○古場-千代栄● 押し出し
・古場が前に出る。

○朱雀-栃颯● 送り出し
・朱雀が劣勢になったあと、後ろに回って送り出し!盛り上がった!

○荒篤山-栃の濱● 突き落とし
・栃の濱突っかける。二度目で立つ。栃の濱が攻めていたが、荒篤山、土俵際逆転!
【解説】岩友親方(元木村山)「栃の濱は手だけで足が出ていなかった」

○琴福寿野-羅王● はたき込み
・羅王が先に踏み込んだが、琴福寿野がじわじわ前に出て、はたき込み。

●碧天-磋牙司○ 突き落とし
・磋牙司が当たってからの突き落とし。

●隠岐の富士-つる林○ 下手投げ
・つる林が立合いさっと左が入る。隠岐の富士が出てくるところを下手投げ。

○大岩戸-西山● 寄り倒し
・攻防のある相撲。大岩戸が終始横から攻めて寄り倒し。1-5同士だったが、どちらも最後は勝って終わりたいという必死さが伝わった。

●大雷童-栃登○ 押し出し
・攻防のある相撲だったが、栃登の方が攻めていた。

●白虎-力真○ 突き倒し
・白虎突っかける。二度目で立つ。力真が一気に攻める!いい相撲!

十両土俵入り

●肥後ノ城-明生○ とったり
・明生が相手が出てくるところ、腕を手繰って送り出し!決まり手は「とったり」と発表。

●坂元-諫誠○ 突き出し
・坂元突っかける。二度目で立つ。諫誠が一気に出る!強かった!

●野上-彩○ はたき込み
・彩が土俵際逆転!

○勝誠-徳真鵬● 寄り切り
・起こしたい徳真鵬と頭をつけたい勝誠の攻防。盛り上がった!

●翔天狼-白鷹山○ 押し出し
・押し合い。白鷹山が押し勝った!

優勝決定戦

1回戦

○照強-大翔岩● はたき込み
・照強が押し込んでからの引き。

●貴源治-栃飛龍○ 押し出し
・栃飛龍が左に変わって一気に攻めた!

○栃丸-虎太郎● 突き落とし
・押し合い。虎太郎が攻め込んでが、栃丸が土俵際逆転!

●濱口-宇良○ 足取り
・宇良が土俵に上がってお客さんから歓声。濱口が宇良を潜らせなかったが、宇良が足を取って逆転!盛り上がった!でもさすが、兄弟子の濱口は宇良を潜らせない術を心得ていると感じる取口だった。

2回戦

○栃丸-栃飛龍● 引き落とし
・栃飛龍、右に動くが、栃丸が逆に引き落とし。

●照強-宇良○ 押し倒し
・宇良が低く当たり、一度引いて一気に出る!盛り上がった!

3回戦

○栃丸-宇良● 突き倒し
・本割同様、栃丸が細かい突っ張りで宇良を入れさせない。宇良が横に崩し、そこから一気に出る場面もあったが、距離があいて攻めきれず、栃丸が逆転!盛り上がった!宇良は悔しそう。

幕下の優勝決定戦は面白い!

先場所も幕下の決定戦がとても盛り上がりましたが、今場所はなんと、8人での決定戦!
8倍盛り上がった気がします!

何というか……やはり、宇良はいるだけで面白いですね^ ^
土俵に上がるだけで、何かしてくれるんじゃないかという期待感があります。

今回決定戦に進んだメンバーは、みんな将来性もあり、個性溢れる面子ばかりなのですが、中でも宇良の光り具合は群を抜いている気がします。

将来性という意味では、全く未知数なのですが、上に上がればますます面白くなりそうなので、上がってほしいです!

と、いうか、この調子なら、近いうちに十両に上がれそう(笑)

宇良も、優勝した栃丸も、ここに登場した力士たちはいつ十両に上がってもおかしくない人達ばかり。

1年後あるいは数年後には、どうなっているのか、楽しみですvv

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲初場所千秋楽 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲初場所千秋楽(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所千秋楽(十両) 取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク