[ai] 平成28年大相撲初場所10日目(幕下) 取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所10日目(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲初場所10日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。


10日目 幕下の実況と解説

10日目 幕下の実況と解説は、

実況 : 大坂敏久
解説 : 若藤親方(元皇司)
向正面 : 伯龍(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 太田雅英
解説 : 二十山親方(元栃乃花)
リポート : 酒井良彦
(敬称略)

でした。

9日目までの展開

4戦全勝同士の総当たり戦が組まれました。
以下、4名の力士が5戦全勝としています!

○5連勝
西6 栃飛龍 (静岡・春日野)
東13 栃丸 (東京・春日野)
東47 虎太郎 (茨城・藤島)
西50 寺尾 (広島・錣山)

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所9日目(幕下) 取組結果一行メモ

10日目 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●水田-霧馬山○ 寄り倒し

○剛竜-高麗の国● 押し出し
・剛竜がふわっと立ってじわじわ前に出る。

○豊後錦-栃清龍● 寄り切り
・豊後錦一気に出る!

●玉金剛-貴公俊○ 寄り倒し
・貴公俊、突っ張りから左四つになって前に出る!上手は取れなかったが、玉金剛に土俵際の逆転を許さなかった。

●霧の富士-克乃富士○ 寄り切り
・霧の富士、克乃富士の寄りを一度は残すが、二度目で寄り切り。

○玄界鵬-碧の正● 押し出し
・碧の正、攻めていたが引いてしまった。

○政風-飛天龍● はたき込み
・政風が流れの中ではたき込み。

○福轟力-龍勢旺● 押し出し
・福轟力が前に出るいい相撲!

○栃颯-笹山● 寄り切り
・栃颯がいなして一気に出る!

●琴欣旺-宝龍山○ 寄り切り
・宝龍山が一気に出る!

●大空-山口○ はたき込み
・山口が攻めながら流れの中ではたき込み。

○荒篤山-篠原● 押し出し
・荒篤山が一気に出る!

●武玄大-琴宏梅○ 押し倒し
・琴宏梅突っかける。二度目で立つ。琴宏梅が前に出る!攻めきった!

●西山-芳東○ 送り出し
・芳東が変わって上手を取って前に出る。

○隠岐の富士-栃の濱● 突き落とし
・栃の濱突っかける。二度目で立つ。組む展開。栃の濱優勢だったが、隠岐の富士がタイミングよく突き落とし。

○つる林-大和富士● 押し出し
・大和富士、いい当たりだったが、引いてしまった。つる林はそこを一気に出た!

●希帆ノ海-宝香鵬○ 送り出し
・宝香鵬が巻き替えて送り出し!

○大雷童-力真● 押し出し
・大雷童がいい攻めで前に出る!

●白虎-大清峰○ はたき込み
・攻防のある相撲。動きがあり、見ごたえがあった。

○諫誠-禧勢ノ山● 押し出し
・諫誠突っかける。二度目で立つ。攻防のある相撲。最後は禧勢ノ山が引いたところを、諫誠が一気の出た!

○濱口-栃登● 送り出し
・攻防のある一番で盛り上がる!最後は濱口が後ろに回って送り出し!

●明生-相山○ 押し出し
・攻防のある相撲。攻防の途中で明生の足が出た。

●竜王浪-肥後嵐○ 寄り切り
・肥後嵐が前に出て寄り切り!

○慶天海-野上● はたき込み
・慶天海が当たってからのはたき。

○照強-魁● 下手投げ
・土俵際投げの打ち合い、照強が制した!盛り上がった!

十両土俵入り

●豪頂山-安芸乃川○ 小手投げ
・安芸乃川が強烈な小手投げ!

●竜電-佐藤○ 突き落とし
・佐藤が二発目の当たりで突き落とし。

●彩-白鷹山○ 押し出し
・白鷹山が前に出て押し出し!気迫あふれる相撲!

○宇良-大翔鵬● 押し出し
・宇良が一気に押し出し!物凄い迫力に盛り上がる!

●希善龍-天空海○ 掛け投げ
・天空海の掛け投げが豪快に決まる!希善龍は強く打ち付けたのか、起き上がれない。呼び出しに肩を借りながら下がっていった。

感想

優勝に絡む相撲はありませんでしたが、10日目も熱戦続きでした!

幕下の土俵って、なんか、活気がありますよね。

幕下力士が多い部屋ほど稽古場が活気だ、とは、よく聞きますが、分かる気がします。

あと一歩で十両、という番付が、力士たちのやる気をみなぎらせるのでしょうか?

十両や幕内の相撲と比べると、荒削りに感じる相撲も多いのですが、やる気や相撲にかける必死さは、それ以上のものがあるように思えます。

十両の鏡桜と幕内格行司2名が、インフルエンザのため休場

でも、幕下の土俵の活気とは裏腹に、力士たちのあいだでもインフルエンザが流行っているようです>_<

この日は十両の鏡桜と、幕内格行司の木村元基(きむら もとき)と式守 錦太夫(しきもり きんだゆう)が休場。

6日目には安美錦、中日には御嶽海がインフルエンザで休場しましたが……

力士さんはなまじ精神力が強い分、熱があっても気合いで出てきちゃったりしてしまうことも多いでしょうが、無理はしないでほしいです>_<

第4代横綱・谷風梶之助は、現役中にインフルエンザで亡くなっていますからね>_<

谷風は江戸時代の人なので、現代とは医療事情は異なりますが、悪化させると危険であることには変わりありません。

何より、他の力士や関係者の方々、お客さんにうつしてしまうことがあっては良くないので、少しでも熱があったら、すぐ検査を受けるようにしてほしいです。。。

ともあれ、お大事に。。。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲初場所10日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲初場所10日目(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所10日目(十両) 取組結果一行メモ

当ブログの更新情報

下記SNSにて配信させていただいております。

○管理人ツイッター


○更新通知専用ツイッター


○facebookページ

管理人別運営ブログ

こんなブログも書いております!

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク