[ai] 平成28年大相撲初場所13日目(幕下) 取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所13日目(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲初場所13日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

13日目 幕下の実況と解説

13日目 幕下の実況と解説は、

実況 : 酒井良彦
解説 : 濱風親方(元五城楼)
リポート : 太田雅英
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 刈谷富士雄
解説 : 甲山親方(元大碇)
リポート : 三瓶宏志
(敬称略)

でした。

12日目までの展開

6戦全勝だった栃飛龍が十両の出羽疾風に敗れて一敗。
結果、12日目終了時点での成績上位者は、以下の通りとなりました。

6戦全勝 : 栃丸
6勝1敗 : 栃飛龍
5勝1敗 : 10人

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所12日目(幕下) 取組結果一行メモ

13日目は栃丸と5勝1敗の照強、他全5勝1敗力士同士の取組が組まれました。
栃丸が勝てば優勝、負ければ、1敗力士8人による優勝決定戦となります。

13日目 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○朝興貴(三段目)-霧馬山● 上手投げ
・朝興貴の押しを霧馬山が組み止め、形成逆転かに見えたが、一歩攻めが及ばず。

○竜勢(三段目)-大元● 小手投げ
・土俵際きわどい投げの打ち合い。軍配竜勢で物言いはなし。映像でも、やはり大元が先に落ちているか。

●玉金剛-華王錦(三段目)○ 引き落とし
・玉金剛が後ろに回ってイケるかと思ったが、華王錦が逆転!
【感想】玉金剛、応援しているのだが…… 二度目の幕下も負け越し。

●王輝-萬華城○ 押し出し
・萬華城が胸を合わせて前に出る。

●富栄-貴公俊○ 小手投げ
・攻防も動きもある相撲で見応えあり!盛り上がった!
※濱風親方(元五城楼)によると、富栄がよく動いたが、貴公俊の懐の深さが生きたとのこと。

○貴源治-寺尾● 寄り切り
・5勝1敗同士の対戦。寺尾が貴源治の突っ張りを左四つに組み止め、優勢かと思われたが、貴源治、巻き替えて見事に逆転!見応えのあるいい相撲!盛り上がった!

●福轟力-駒木龍○ すくい投げ
・組む展開。駒木龍が懸命に投げで仕留める。回しを取って投げていたが、決まり手は「すくい投げ」と発表。

●武蔵海-大空○ 押し出し
・大空が後ろに回り込んで押し出し。回り込んで自分も体勢を崩したが、その前に武蔵海の足が出た。

○虎太郎-山口● 寄り切り
・5勝1敗同士の対戦。虎太郎が相手の引きに乗じて一気に出る!

○武玄大-琴欣旺● すくい投げ
・武玄大が踏み込んで休まず攻めた!

○大翔岩-宝香鵬● 下手投げ
・5勝1敗同士の対戦。両者右四つに組んで動きが止まる。宝香鵬が先に上手を取って前に出たが、大翔岩が逆転!足が流れたか?

●芳東-出羽鳳○ 寄り切り
・芳東突っかける。二度目立つ。出羽鳳が前に出て寄り切り。

●岩崎-鳰の湖○ 押し出し
・鳰の湖が相手の引きに乗じて一気に出る!

○濱口-琴弥山● 寄り切り
・5勝1敗同士の対戦。濱口がいなして崩して前に出る!いい相撲!

●東里-若龍勢○ 押し出し
・東里が先に踏み込むが、若龍勢があてがって前に出た!

○慶天海-肥後嵐● 寄り切り
・慶天海が立合い潜ってそのまま一気に寄り切り!いい相撲!

十両土俵入り

○照強-栃丸● 引き落とし
・栃丸突っ張るが、照強下がらない。いなしに崩され、ばったり。悔しそう。

○魁-安芸乃川● 寄り切り
・魁が一気に出る!行司の木村千鷲さんが力士の進んでくる方向を読み誤り、華麗に避ける(笑)

●大輝-宇良○ はたき込み
・5勝1敗同士の対戦。宇良が低く当たってからの崩し。
※宇良、優勝決定戦に進出!
※大輝は学生時代も一回対戦があり、宇良に敗れているとのこと。実績では上だが、潜ってくるタイプの力士が苦手なようだ。

○玉飛鳥-竜電● 寄り倒し
・玉飛鳥がいい形になって寄り倒し!

●海龍-豪頂山○ 送り出し
・立合い行司待った。二度目で立つ。海龍が流れを掴んだかに見えたが、土壇場で体勢を崩す。

感想

5勝1敗同士の対戦が5番組まれましたが、どの相撲も熱戦でした^o^

貴源治は、双子のお兄さんの貴公俊がいい相撲で勝ったあとだったのが良かったのか、同じくいい相撲で勝ちました♪

同期入門の大輝-宇良は、宇良が強かったですね!
宇良はここ数番、トリッキーな動きではなく、強く当たってから引く、正統派に近い相撲で勝っていますが、この日も当たってからの引きが決まりました!

当たる力、相当強いようです。

注目の照強-栃丸戦は、栃丸が敗れたため、幕下は6勝1敗力士8人による決定戦となりました。

5勝1敗、勝てば決定戦の照強と栃丸を当てるとは、いい取組編成だと思います!

優勝争い

優勝決定戦に進出した8人の力士は、以下の通りです。

西6 栃飛龍 (静岡・春日野)
西8 宇良 (大阪・木瀬)
東10 照強 (兵庫・伊勢ケ濱)
東13 栃丸 (東京・春日野)
東18 濱口 (三重・木瀬)
東45 大翔岩 (埼玉・追手風)
東47 虎太郎 (茨城・藤島)
西60 貴源治 (栃木・貴乃花)

十両復帰を目指す栃飛龍に、注目株の宇良。
相撲未経験たたき上げの貴源治など、個性溢れる豪華なメンバーが揃いました!

これは……千秋楽は、幕下の優勝決定戦が個人的メインとなりそうな予感です(笑)

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲初場所13日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲初場所13日目(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所13日目(十両) 取組結果一行メモ

この日、元幕内の土佐豊が引退を表明しました。

[ai] 元幕内 土佐豊が引退。年寄「安治川」を襲名

三段目優勝が千代の海、序ノ口優勝が琴鎌谷に決定いたしました!

[ai] 三段目優勝 千代の海 インタビュー (平成28年初場所)

[ai] 序ノ口優勝 琴鎌谷 インタビュー (平成28年初場所)

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク