[ai] 平成28年大相撲初場所13日目(幕内) 取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所13日目(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲初場所13日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。


13日目 幕内の実況と解説

13日目 幕内の実況と解説は、

実況 : 藤井康生
解説 : 尾車親方(元琴風)
向正面 : 稲川親方(元普天王)
東リポート : 吉田賢
西リポート : 三瓶宏志
(敬称略)

でした。

12日目までの展開

琴奨菊が日馬富士も破って全勝をキープ。
12日目終了時点での成績上位者は、以下の通りでした。

全勝 : 琴奨菊
一敗 : 白鵬
二敗 : 日馬富士、豊ノ島

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所12日目(幕内) 取組結果一行メモ

13日目 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●輝-阿夢露○ 送り出し
・阿夢露がいなして後ろについて送り出し。

●千代鳳-誉富士○ 押し出し
・誉富士がいい押しで押し出し!

●豪風-臥牙丸○ 押し倒し
・臥牙丸が一気に出る!

○千代大龍-高安● 押し出し
・千代大龍が一気に出る!高安は防戦一方。

○妙義龍-北太樹● 押し出し
・浅い双差しの妙義龍と、極めたい北太樹の攻防。最後は北太樹が回しを取りにいって、そこを妙義龍が一気に出た!
※北太樹は倒れた時、足を土俵に打ち付け、その上に妙義龍が落ちてきて、足を傷めた模様。引きずりながら帰っていった。

○御嶽海-玉鷲● 押し倒し
・御嶽海が元気のいい押し相撲!盛り上がった!

●貴ノ岩-隠岐の海○ 上手投げ
・隠岐の海が胸で当たってカチ上げ気味の立合い。左を差して前に出ながら上手を取って、上手投げ!

○豊響-蒼国来● 後ろもたれ
・豊響が一気に出る!土俵際の逆転は食わない!

○旭秀鵬-佐田の海● はたき込み
・佐田の海、低く踏み込んで前回しを狙うが、足が止まってはたかれる。

●正代-碧山○ 突き出し
・正代が先に踏み込んだが、碧山が一気に出る!強い!

後半

●徳勝龍-松鳳山○ 押し出し
・松鳳山が前に出て、徳勝龍が逆転技をしかける。軍配松鳳山で物言いはなし。映像で見ると、徳勝龍の足が先に出ていた。

●安美錦-琴勇輝○ はたき込み
・琴勇輝が右に変化!ざわついた。

●魁聖-栃ノ心○ 寄り切り
・栃ノ心が組んで寄り切り。

●勢-逸ノ城○ 寄り切り
・組んで動きの止まる長い相撲。最後は逸ノ城が巻き替えて右四つになって寄り切り。

●宝富士-嘉風○ 押し出し
・嘉風が当たって崩して一気に押し出し!いい相撲!

○栃煌山-豪栄道● はたき込み
・栃煌山が当たってからの引き。豪栄道は随分脆い。ざわついた。
※豪栄道、藤井アナウンサーから「酷い」を通り越して「気の毒」と言われる。

●琴奨菊-豊ノ島○ とったり
・琴奨菊、土俵際の逆転にバッタリ。

●鶴竜-白鵬○ 送り出し
・白鵬が後ろに回って送り出し。

○日馬富士-稀勢の里● 寄り切り
・日馬富士が一気に出て、稀勢の里が逆転技を仕掛ける。軍配日馬富士で物言い。映像でも微妙。日馬富士の手が先についてはいるが、稀勢の里の体も死に体に見える。協議は長引き、結果、取り直し。
(2回目) 日馬富士が一気に出る!結局同じ展開(^_^;)

正代は碧山に完敗。でも当たり勝った!

12日目は高安を破って勝ち越しを決めた正代。

13日目は実力者・碧山に完敗ですm(_ _)m

でも、立合いでは少しだけ踏み込んで押す場面もあったので、爪痕は残しました!

正代は勝ち越して気持ちが楽になったので、あとは残り全部勝って敢闘賞を狙いたいとのこと。

今日負けてしまったので残り全部は叶いませんでしたが、ぜひ狙ってほしいですね。

碧山は上位戦後、いい突っ張りが出ている

一方、正代の対戦相手の碧山は、上位戦後がいいですね。

上位戦での負けが響いて、すでに負け越してはいますが、上位戦が終わってからは、本来のいい突っ張りがよく出ています。

残りの相撲も頑張ってほしいです!

琴奨菊は豊ノ島に敗れ一敗

そして、注目の琴奨菊-豊ノ島は、土俵際の逆転で豊ノ島!
琴奨菊は一敗です>_<

ここに来て、硬さが出たでしょうか?

豊ノ島もここで勝てば自身にも優勝のチャンスが巡ってくる場面だったので、気合が入っていましたね。

聞けば、豊ノ島と琴奨菊は同期で、ずっとライバル関係にあったとのこと。

なら余計、豊ノ島も気合が入ったかと思います。

これで琴奨菊は白鵬と並んで一敗。

先が分からなくなりました。

13日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

13日目の幕内は、

1位 豊ノ島
2位 御嶽海
3位 嘉風

でした!

1位は堂々の豊ノ島。
2位の御嶽海、3位の嘉風も、ともにいい相撲でした!

おめでとうございます^o^

幕内の優勝争い

結果、13日目終了時点での成績上位者は、以下のようになりました。

一敗 : 白鵬、琴奨菊
二敗 : 日馬富士、豊ノ島

白鵬と琴奨菊が一敗で並びました。

白鵬はこれから日馬富士との対戦を残しているとはいえ、並んでしまえばやはり、優位なように思えます。

琴奨菊に負けた翌日から、ちょっと相撲が崩れたように見えなくもなかったですが、今日の鶴竜戦を見る限り、先場所の終盤ほどの崩れではなさそう。

明日からは大丈夫そうな気がします。

結局終わってみれば白鵬、という可能性が、高まったかもしれません。

14日目の幕内好取組

白鵬は稀勢の里、
琴奨菊は栃煌山、
日馬富士は鶴竜、
豊ノ島は嘉風と対戦します。

今場所はあまりいいところがなく、まだ勝ち越しも決めていない稀勢の里ですが、一場所に一回は爆弾を落とす稀勢の里。

今場所は白鵬戦でそれが出るかもしれません。

とはいえ、期待している時ほど発動してくれないのが稀勢の里なので、過度の期待は厳禁ですm(_ _)m

また、琴奨菊は栃煌山にあまり分が良くありません。

それを思うと、やはり優勝争いは白鵬が有利かな、と思えてきました。

日馬富士-鶴竜は、日馬富士にも頑張ってほしいけど、鶴竜にも横綱の意地を見せてほしいですね。

豊ノ島-嘉風は、ふつうに好カードな対戦です。
熱戦を期待します!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲初場所13日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲初場所13日目(十両) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所13日目(幕下) 取組結果一行メモ

この日、元幕内の土佐豊が引退を表明しました。

[ai] 元幕内 土佐豊が引退。年寄「安治川」を襲名

三段目優勝が千代の海、序ノ口優勝が琴鎌谷に決定いたしました!

[ai] 三段目優勝 千代の海 インタビュー (平成28年初場所)

[ai] 序ノ口優勝 琴鎌谷 インタビュー (平成28年初場所)

平成28年初場所(幕内) 全取組の感想はこちら⬇︎

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク