[ai] 平成28年大相撲初場所14日目(幕下) 取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所14日目(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲初場所14日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




14日目 幕下の実況と解説

14日目 幕下の実況と解説は、

実況 : 酒井良彦
解説 : 清見潟親方(元武州山)
リポート : 三瓶宏志
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 船岡久嗣
解説 : 若藤親方(元皇司)
リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

13日目までの展開

6戦全勝の栃丸が敗れ、6勝1敗の力士8人による優勝決定戦が行われることになりました。
6勝1敗の力士は、以下の8名です。

西6 栃飛龍 (静岡・春日野)
西8 宇良 (大阪・木瀬)
東10 照強 (兵庫・伊勢ケ濱)
東13 栃丸 (東京・春日野)
東18 濱口 (三重・木瀬)
東45 大翔岩 (埼玉・追手風)
東47 虎太郎 (茨城・藤島)
西60 貴源治 (栃木・貴乃花)

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所13日目(幕下) 取組結果一行メモ

14日目 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○佐々木山-伯錦(三段目)● 寄り切り
・佐々木山が上手投げで振ってから寄り切り。

●剛竜-魁ノ隆(三段目)○ 突き落とし
・攻防のある相撲。終始攻守が入れ替わった。

○美登桜-琴の秀(三段目)● 寄り切り
・美登桜が前に出て寄り切り。

○翔傑-電山● 寄り切り
・組んで動きが止まる展開。最後は翔傑が前に出て寄り切り。

○豊後錦-政風● 送り出し
・豊後錦が小手投げで崩して一気に出る!

●霧の富士-飛天龍○ 押し出し
・飛天龍が一気に出る!

○安芸乃山-高春日● 押し出し
・安芸乃山が前に出た!大きな体が前に出て行く様は圧巻!

●水戸豊-高三郷○ はたき込み
・高三郷の引き技が綺麗に決まる!

●碧の正-篠原○ はたき込み
・篠原が動きの中ではたき込み。

●桜児竜-笹山○ 上手投げ
・攻守が激しく入れ替わる攻防。盛り上がった!

●琴宏梅-大和富士○ はたき込み
・大和富士が当たってからのはたき。

○水口-希帆ノ海● 押し出し
・水口突っかける。二度目で立つ。水口、ノド輪で相手の上体を起こして、一気に出た!

○舛ノ勝-笹ノ山● 突き落とし
・笹ノ山が攻め込むが、舛ノ勝、回り込んで逆転!

●大波-高立○ 極め倒し
・体格差のある対戦。大波突っかける。二度目で立つ。高立が大波の腕を極めて前に出る!

○大清峰-禧勢ノ山● 寄り倒し
・動きのあるいい相撲!盛り上がった!

○大翔龍-南海力● 上手出し投げ
・大翔龍がよく攻めて出投げ!いい手順。

十両土俵入り

○飛翔富士-相山● 極め出し
・相山突っかける。二度目で立つ。飛翔富士が相山を捕まえ、一気に前に出た!

○竜王浪-鐡雄山● 寄り切り
・立合いが二度合わない。三度目で立つ。ふわっとした立合い。竜王浪が寄り倒し、鐡雄山がうっちゃり、軍配竜王浪で物言い。映像でも微妙。結果、取り直し。
(2回目) 竜王浪が一気に出た!

●佐藤-琴恵光○ 寄り倒し→渡しこみ
・佐藤突っかける。二度目で立つ。琴恵光、立合い張って佐藤の出足を止める。佐藤が差し手を嫌って引いたところを攻め込み、佐藤が突き落としにきたところを足を取ってバランスを崩した。

○希善龍-碧己真● 上手投げ
・希善龍が肩越しの上手からの上手投げ。

●芝-天空海○ 引き落とし
・天空海突っかける。芝が突っかける。ブーイング。三度目も合わない。四度目で立つ。天空海が当たってからの引き。

琴奨菊の付け人・琴恵光も頑張ってます!

今場所は大関琴奨菊が優勝争いのトップを走り、久しぶりに日本出身の力士が優勝するんじゃないかと話題になっています!

そのせいか、琴奨菊の取組前、花道の様子が中継で抜かれることも多くなりました。

その時にいつも一緒にいる付け人さんが、幕下の琴恵光さん。

母は琴恵光さんが映ると「この付け人、いい顔してるね」といつも言うのですが、今場所とてもいいです!

すでに勝ち越しを決め、14日目は最後の相撲、とても見応えのあるいい相撲で勝ちました♪

琴奨菊と同じ佐渡ケ嶽部屋の琴勇輝は「自分がいい相撲で勝って、大関にいい流れを繋ぎたい」と話していたそうですが、その思いは、付け人の琴恵光さんも同じかもしれません。

付け人って、自分が付いている関取には勝ってほしいものだと、よく聞きますしね。

琴恵光さんは今日勝って5勝目。来場所は番付を大きく上げることが期待出来ます。

自身も帰り十両目指して、頑張ってほしいですね^o^

優勝争い

千秋楽、6勝1敗の力士8人による優勝決定戦が行われます。
その顔触れは、以下の通りです。

西6 栃飛龍 (静岡・春日野)
西8 宇良 (大阪・木瀬)
東10 照強 (兵庫・伊勢ケ濱)
東13 栃丸 (東京・春日野)
東18 濱口 (三重・木瀬)
東45 大翔岩 (埼玉・追手風)
東47 虎太郎 (茨城・藤島)
西60 貴源治 (栃木・貴乃花)

楽しみですvv

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲初場所14日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲初場所14日目(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所14日目(十両) 取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする