[ai] 平成28年大相撲初場所2日目(十両) 取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所2日目(十両) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲初場所2日目 十両の土俵を振り返っていきたいと思います。

2日目 十両の実況と解説

2日目 十両の実況と解説は、

実況 : 厚井大樹
解説 : 三保ヶ関親方(元栃栄)
リポート : 沢田石和樹
(敬称略)

でした。

初日までの展開

下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所初日(十両) 取組結果一行メモ

2日目 十両 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○出羽疾風-千代の国● 上手投げ
・組んでの攻防。最後は出羽疾風が相手を豪快に裏返した!盛り上がった!

○剣翔-阿武咲● はたき込み
・阿武咲が突進するが、剣翔、俵に足を掛けて逆転!

○天風-千代翔馬● 押し出し
・天風、相手が引いたところを一気に出た!
【解説】三保ヶ関親方(元栃栄)「千代翔馬は立合いの両手突きで相手の上体が起きたので、引けば倒れるのではという安易な考えが浮かんだのではないか?立ち遅れた天風は前に出なければと必死だったので、上手く足が運べていた」なるほど。

●東龍-旭日松○ はたき込み
・旭日松、当たってからの引き。

●朝弁慶-旭大星○ 突き落とし
・旭大星が突き落とし。朝弁慶は立ってすぐに足が揃ってしまった。
【解説】三保ヶ関親方(元栃栄)「朝弁慶は旭大星が何か仕掛けてくることを警戒していたのだろうが、動きが止まったので足が揃ってしまった」厚井アナウンサーの「足を互い違いにして待つことは出来ないのか?」との問いに「相手を正面に置いて待とうとすると自然と足が揃う。前に出ることによって足が一歩前に出て揃わなくなる。前に出ながら相手の動きを見ることが大事」なるほど。

●石浦-千代皇○ 寄り切り
・石浦、当たってから左に動くが、千代皇、組み止めて寄り切り。

○天鎧鵬-千代丸● 寄り切り
・天鎧鵬が組み止めて寄り切り!

○朝赤龍-里山● 寄り倒し
・組んで動きが止まる長い相撲。1分55秒。朝赤龍の我慢勝ち。盛り上がった。

○大翔丸-錦木● はたき込み
・大翔丸、当たってからのはたき。 盛り上がらない。
【解説】三保ヶ関親方(元栃栄)「大翔丸は最初から引くつもりはなかったのだろうが、錦木があまりにも低く当たってきたので思わず引いてしまったのだろう。錦木は低くなりすぎて本来のバランスを崩してしまった」

○明瀬山-鏡桜● 寄り切り
・明瀬山が諸手突きからの双差し。鏡桜、土俵際逆転を見せるが、先に足が出てしまった。

○大栄翔-荒鷲● 寄り切り
・大栄翔が突っ張りから左四つで寄り切り。

●北磻磨-英乃海○ 送り出し
・攻防のあるいい相撲!英乃海が最後まで回しを離さなかったのが勝因か。

○青狼-佐田の富士● 引き落とし
・佐田の富士が突っ張りで攻めるが、青狼、土俵際逆転!

三保ヶ関親方(元栃栄)の解説が分かりやすい!

三保ヶ関親方(元栃栄)の解説がとても分かりやすく、勉強になりました!
三保ヶ関親方が解説の日は、いつも一行メモが長くなってしまいます(苦笑)

特に大翔丸-錦木戦のような相撲は、何も知らずに見るのと解説を聞いて見るのとでは、印象が大きく変わります。

解説を聞くと「なるほど。そうだったのか!」と思います。
大変勉強になりました。

2日目 十両の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

2日目の十両は、

1位 出羽疾風
2位 朝赤龍
3位 大栄翔

でした!

みんないい相撲でしたねぇ。。。

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲初場所2日目 幕内と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲初場所2日目(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所2日目(幕下) 取組結果一行メモ


スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク