[ai] 平成28年大相撲初場所6日目(幕内) 取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所6日目(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲初場所6日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

6日目 幕内の実況と解説

6日目 幕内の実況と解説は、

実況 : 藤井康生
解説 : 鳴戸親方(元琴欧洲)
向正面 : 中立親方(元小城錦)
東リポート : 沢田石和樹
西リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

5日目までの展開

5連勝は白鵬、琴奨菊、高安の3名のみとなりました。

詳しくは下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲初場所5日目(幕内) 取組結果一行メモ


6日目 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○誉富士-佐田の富士(十両)● 送り出し
・いい押し合い!誉富士が後ろについて送り出し!

□豪風-常幸龍■ 不戦勝
・常幸龍、右膝内側側副靱帯損傷のため、本日より休場。

●輝-貴ノ岩○ はたき込み
・貴ノ岩、当たってから右に動いた。
【解説】中立親方(元小城錦)「貴ノ岩は回しを取れば強いので、自分が有利になる立合いを研究すればいいのにと思う。輝は当たって押そうとはしているが、足があとから出ている。もう少し腰が入れば押せるだろう」

○千代大龍-北太樹● 上手投げ
・北太樹、変わったがかえって体勢を崩した。
【解説】鳴戸親方(元琴欧洲)「北太樹は直前になって千代大龍の強い当たりに怯んだのではないか?」

○豊響-正代● 寄り切り
・豊響が一気に出る!正代、さすがに受け止めきれず。。。
【解説】中立親方(元小城錦)「正代はもう少し立合い前傾が出来ていれば残せたかもしれない」

○千代鳳-遠藤● 押し出し
・遠藤、全く踏ん張れず、引いてしまった。
※休場明けで稽古場での相撲が出来ていない千代鳳相手に、一方的に負けてしまった。鳴戸親方(元琴欧洲)「千代鳳は、(本人は3割くらいの回復と言っていたが)もっと回復しているのではないか?ちゃんと動けている」

●御嶽海-臥牙丸○ 押し出し
・御嶽海、臥牙丸に馬力負け。今日は立合いで完全に起こされてしまった。

●阿夢露-高安○ 押し出し
・高安、左四つ右上手で一気に出る!

●豊ノ島-妙義龍○ 首投げ
・一時は両者見合う不思議な展開に。最後は妙義龍が浴びせながらの首投げ。豊ノ島は膝から崩れるように倒れた。

○佐田の海-玉鷲● 寄り切り
・佐田の海が相手の突きをこらえ、双差しになって寄り切り!

○徳勝龍-蒼国来● 突き落とし
・徳勝龍が突き落としで初日!

後半

○隠岐の海-琴勇輝● 押し出し
・琴勇輝の突き押しに、隠岐の海下がらない。
※「ほうっ」の直後にBSから地上波に切り替わった(笑)

○宝富士-魁聖● 寄り切り
・左四つがっぷりで、宝富士が寄り切り。
【解説】中立親方(元小城錦)「宝富士は魁聖の上手を切りながら寄ったのが良かった」

●勢-嘉風○ 寄り倒し
・期待を裏切らない熱戦!盛り上がった!
【解説】中立親方(元小城錦)「嘉風は研究して相手の嫌なところを徹底して攻めているように見える」確かに!

○稀勢の里-逸ノ城●
・逸ノ城突っかける。二度目で立つ。右四つに組んでの長い相撲。最後は稀勢の里が突き落とし。

■安美錦-豪栄道□ 不戦勝
・安美錦、インフルエンザのため、本日より休場。数日の休養を要するとのこと。
※知らなかったお客さんが多いようで、ざわついている。

○琴奨菊-松鳳山● 押し出し
・琴奨菊、はたきには落ちない。一気に出る!

□栃煌山-照ノ富士■ 不戦勝
・照ノ富士、右鎖骨骨折のため、本日より休場。

●栃ノ心-白鵬○ 上手投げ
・白鵬が横綱相撲。栃ノ心に上手を与えない。対栃ノ心戦20戦全勝!

○日馬富士-旭秀鵬● 寄り切り
・日馬富士が左四つ右上手で横綱相撲!強い!

○鶴竜-碧山● 寄り倒し
・鶴竜、碧山の突っ張りを下からかいくぐって、左四つ。一気に出る!危なげなかった。


照ノ富士、安美錦、常幸龍が同時に休場

この日は幕内力士が3人同時に休場となりました。

照ノ富士、常幸龍は前日の相撲で車椅子で運ばれたり、かなり痛そうな顔をしていたので予想出来ていましたが、安美錦は「え?なんで??」と思いました。

前日、特におかしかった様子はなかったですからね。

理由はインフルエンザとのこと。

同じ部屋の誉富士も、場所前に熱を出したそうですが……風邪とインフルエンザがまだ流行っているみたいですね>_<

インフルエンザならふつう、熱が引いて一週間は出勤してはいけないと思うのですが……多分力士さんは、数日休んですぐ出てきちゃいますね。。。

お客さんに移してしまう可能性もあるし、そのことでお客さんに不安を与えてしまうので、インフルエンザという診断が出た以上は、一般人と同じセオリー通り、熱が引いて一週間は休んだ方がいいと思うのですが……

根性論ではなく、お客さんに不安を与えないことを考慮して、今後考えていってほしいことです。

【2016.1.18 追記】

安美錦のインフルエンザは、治りかけのインフルエンザとのことが判明。

中日のリポートにて、熱があったのは前半戦であったことが伝えられました。

正代、御嶽海はともに馬力負け

期待の若手・正代と御嶽海は、ともに対戦相手に立合いで馬力負けしてしまいました。

でも、そんな相手に真っ向からぶつかっていける根性は素晴らしいです!

特に正代は、解説の中立親方(元小城錦)から「あともう少し前傾していれば残せた」との指摘もあったので、課題は見えたものと思います。

……なんか今になって、真っ向勝負することの大切さが分かってきた気がしました(^_^;)

当たってみないと相手の強さも分からないし、「もう少し前傾する」といった課題も、見つけられないですからね。

勢-嘉風は期待を裏切らない熱戦!

先場所三賞を受賞した勢と嘉風は、期待を裏切らない熱戦を見せてくれました!

先場所は千秋楽に対戦して、勢がいい相撲で快勝だったのですが、今場所は嘉風が快勝♪

嘉風、前の場所に負けた相手との対戦は、次の場所修正してきますね。

いい相撲でした!

上位は

照ノ富士は休場。豪栄道は不戦勝。

琴奨菊、稀勢の里はともにいい相撲で勝ち、白鵬、日馬富士、鶴竜も危なげのない横綱相撲。

安泰といっていいでしょう。

6日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

6日目の幕内は、

1位 嘉風
2位 琴奨菊
3位 高安

でした!

熱戦の嘉風は堂々の1位!

高安も今場所は絶好調ですね(^o^)
あとは怪我に気を付けて、頑張ってほしいです!

おめでとうございます^o^

幕内の優勝争い

結果、全勝力士は全員勝ち、白鵬、琴奨菊、高安が6連勝としました。

前日、微妙な判定で一敗を喫した隠岐の海も、引きずることなく快勝。
良かったです!

7日目の幕内好取組

7日目はすでに一敗を喫している日馬富士が、苦手の嘉風と対戦します。

何と、対戦成績が嘉風の方が上回っているんですよねΣ(・□・;)

先場所は日馬富士が苦手の嘉風を退けて優勝しましたが、

この嘉風戦が、日馬富士にとっては鍵になりそうな予感です。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲初場所6日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲初場所6日目(十両) 取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲初場所6日目(幕下) 取組結果一行メモ


スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク