[ai] 平成28年大相撲名古屋場所初日(十両)取組結果一行メモ | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所初日(十両)取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲名古屋場所初日 十両の土俵を振り返っていきたいと思います。

初日 十両の実況と解説

初日 十両の実況と解説は、

実況 : 吉田賢
解説 : 山分親方(元武雄山)
リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

夏場所までの展開

先場所、夏場所の相撲に関しては、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年大相撲夏場所まとめ(十両)

初日 十両 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把です。時々専門用語も多少出てきます。雰囲気でどんな相撲だったかご想像、もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○琴恵光-志摩ノ海● 押し出し
・琴恵光がいなして崩して押し出し!
※志摩ノ海の銀ネズの締込みは、武双山に憧れてとのこと。様になっている。
【解説】山分親方(元武雄山)「踏み込みは琴恵光の方が良かった」

●旭大星-大輝○ 押し出し
・大輝が一気に押し出し!

○阿武咲-北太樹● 寄り切り
・阿武咲が一気に寄り切り!

●出羽疾風-天風○ 押し出し
・天風が腕を返して一気に押し出し!

●剣翔-朝赤龍○ 寄り切り
・朝赤龍がいい形を作って寄り切り!上手の位置が良かった。

○千代丸-旭日松● 押し出し
・千代丸が一気に押し出し!今日は引かなかった!

●富士東-宇良○ 突き落とし
・潜りたい宇良と、突き起こしたい富士東の攻防!宇良、富士東の足が揃ったところをタイミング良く突き落とし。
【解説】山分親方(元武雄山)「富士東は突っ張っていたが、宇良が横に交わすので押せていないことに焦ってしまったのだろう。押し相撲の力士は、押しても押せている感覚がないと焦ってしまう」

●千代皇-朝弁慶○ 寄り倒し
・朝弁慶が極めながら一気に出る!

●旭秀鵬-佐藤○ はたき込み
・佐藤が当たってからのはたき。旭秀鵬はまだ関取衆との稽古が出来ていないとのことで、明らかに動きが鈍い。

○石浦-阿夢露● 寄り切り
・石浦が潜って一気に前に出る!石浦と並ぶと阿夢露が大きく見える。

●誉富士-里山○ 下手投げ
・誉富士突き放すが、里山中に入って動きが止まり、以後は里山のペース。盛り上がった!

協会ご挨拶

○青狼-千代翔馬● 送り出し
・先に千代翔馬が踏み込むが、青狼が上手く交わして送り出し!青狼、十両では強い!

●英乃海-千代大龍○ 押し出し
・千代大龍が一気に押し出し!強い!

○臥牙丸-東龍● 押し出し
・臥牙丸が一気に電車道!強い!

感想

ラスト3番は、幕内から落ちたばかりの人たちがめちゃめちゃ強かったですね!

「俺の本当の番付はここじゃねぇ!」という意気込みを感じました(笑)嬉しいことです^ ^

前半戦は、新十両及び帰り十両の力士がいい相撲を見せてくれて、

真ん中らへんでは、先場所新十両で大活躍だった宇良、佐藤がともに白星。

最初から最後までとても充実しています^ ^

最年少関取は阿武咲と佐藤

今場所現在、最年少関取は阿武咲と佐藤。

次いで、今場所帰り入幕の輝がいます。

詳しくは下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成28年名古屋場所現在の年少関取 最年少は佐藤と阿武咲

青狼と阿武咲が真っ赤な廻しに変更

青狼と阿武咲が、真っ赤な廻しに変更。名古屋場所初日は、真っ赤な廻しに変更する関取が続出でした!

[ai] 暑さのせい?真っ赤な廻しに変える関取続出の平成28年名古屋場所初日

初日 十両の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

初日の十両は、

1位 宇良
2位 石浦
3位 里山

でした!

やはり小兵力士が人気ですねvv

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成28年大相撲名古屋場所初日 幕内と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所初日(幕内)取組結果一行メモ

[ai] 平成28年大相撲名古屋場所初日(幕下)取組結果一行メモ

スポンサーリンク







NO IMAGE
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする

スポンサーリンク