[ai] 新十両・剣翔桃太郎は、前向きで目立ちたがり屋なムードメーカー | 大相撲取組結果一行メモ

[ai] 新十両・剣翔桃太郎は、前向きで目立ちたがり屋なムードメーカー

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成28年大相撲初場所3日目。

中入りの時間に、新十両・剣翔のインタビューが行われました。
その模様をUPいたします。

スポンサーリンク




新十両・剣翔 インタビュー

インタビューアー : 厚井大樹

Q. この三日間振り返っていかがですか?

そうですねぇ、幕下と違って15番あるので、緊張もしているけど、楽に相撲が取れていると思います。

Q. 昨日、今日と連勝ですしね。では今日の素晴らしい取組を振り返っていきたいと思います。(ここで、今日の千代の国戦が流れる) 昨日が関取初白星で迎えた今日、どうでしたか?

顔張られたんでびっくりしたんですけど、(勝った瞬間の映像を見て) あぁ、いい相撲ですね。

Q. 自画自賛ですね(笑)

すみません(笑)

Q. 昨日は少し引いてしまいましたが、今日は相手がよく見えてましたか?

そうですね。今日はよく見ていこうと思って、引かないように意識しました。

Q. 徐々に、日に日に内容も良くなってますか?緊張感も。

そうですね。そんな緊張はしてないですね。

Q. では、画面ではプロフィールもご紹介しようと思いますが……

(ここで、以下のプロフィールが紹介される)

新十両 東12 剣翔 桃太郎 (東京・追手風)
本名 : 安彦剣太郎 24歳 183cm 157kg
初土俵 : 平成6年初場所 所要12場所で十両昇進

Q. 今場所十両に上がって、本名も安彦から「剣翔桃太郎」という名前に改名しました。この四股名は本名の剣太郎の「剣」の字と、師匠から一字もらって「剣翔」。これもご自身で提案して、さらにしたの「桃太郎」、思い切りましたね?

そうですね(笑)まあ、桃太郎は日本一なので、日本一のお相撲さんになるようにと、師匠がつけてくれました。

Q. なるほど。下の名前は師匠が。桃太郎、気に入ってますか?

はい。

Q. 初土俵が平成26年の初場所ということで、2年。どうですか?振り返って。

そうですねぇ、周りの人からは「早いね」ってよく言われるんですけど、僕の中では、幕下上位に一年いたので、長かったなと思います。

Q. 一年というか七場所、一年以上ですもんねぇ。

そうですね、はい。

Q. そこからどうして十両の座をつかめたと思ってますか?

うーん。やっぱ、相撲は変わってないんですけど、気持ちですね。勝ちたい、勝ちたいって気持ちが場所ごとに増えていったたんで、それが良かったと思います。

(ここで、幼少期の写真を紹介)

Q. 剣翔関は3人兄弟の長男。中学生の剣翔関と、四つ下のゆうやさん、そして7つ下のりょうへいさんと映っていますが、どんな少年だったのでしょう?

昔から目立ちたがり屋で、これもあの、白鳥相撲教室というところで習ってまして、3人で習ってまして、公園で撮ったんですけど、年賀状の写真に使ってですね。

Q. いい笑顔ですね。

懐かしいですね。

Q. どんな長男だったんでしょう?ご自身で分析されて。

いやあもう、弟思いのいいお兄ちゃんだったと思いますけどね。

Q. 自画自賛が二回出ましたが(笑) そして、相撲との出会いは小学四年生の時。

(ここで、二枚目の写真 : わんぱく横綱土俵入りの写真)

Q. これは6年生の時、区のわんぱく横綱土俵入りのものですけども。2年でもう区のわんぱく横綱ですか。

そうですね。

Q. 当時、相撲はどうでしたか?

相撲は楽しかったですね。

Q. どんなところが?

小学生の時は体デカかったんで、やっぱり技とかより体なんで、ぽんぽんぽんぽん勝ってたんで、楽しいなと思ってました。

Q. そして、6年生といえはもう一つ写真をご覧いただこうと思いますが…… こんな写真があります。

(ここで、小6時代、応援団の写真)

Q. 同じく6年生の時、運動会の応援団長をしていたとのことですが、これ、立候補したそうですね?

はい、そうですね。小学校入った時から、一年生の頃から応援団を見ていて、小学校6年生になったら絶対やろうと思ってたんで、立候補してやらしてもらいました。

Q. どうしてそんな目立つことが好きなんですか?

何ででしょうね?分かんないですけどね。

Q. それは小さい時から?

小さい頃から目立ちたがり屋ですね。

Q. はぁ、そうですかぁ。今日もね、タオル、四股名をわざわざ見えるようにお持ちですけどね(笑)

(苦笑いしながら四股名入りのタオルで汗を拭き、「言いながら拭いてますけど」と突っ込まれる・(笑))

Q. このあと大道中学、埼玉栄高校、日本大学を経て角界に入ってくるわけですが、その日本大学時代の写真もご紹介しましょう。

(ここで、大学三年時代、遠藤と映っている写真が紹介)

Q. 遠藤関と写っていますが、遠藤関とは学年が一つ下ですね。遠藤関はどんな先輩ですか?

そうですねぇ…… やっぱり、相撲に関してすごいストイックで、もう、僕なんかじゃとても太刀打ち出来ない人だったんで、、、ずっと憧れの存在ですね。

Q. それ今も続いていますか?

そうですね。

Q. インタビュールームには日本大学の化粧回もお持ちいただきましたけれども。たくさん偉大な先輩がいる日大を経てこの角界に入ってきましたが、どうでしょう?この化粧回を背負って土俵入りというのは?

そうですねぇ、もう、日大の先輩みんなつけている回しなんで、もう、嬉しくてたまんないですね。

Q. 日大の先輩といいますと、師匠、追手風さんも日本大学の先輩ということになりますが、師匠にも剣翔関のついて伺っています。お聞き下さい。

(ここで師匠のメッセージを紹介)

追手風親方(元大翔山)
「1番の欠点は、寄って行く時にお腹が出ること。だからお腹の力をつけて、押す力をつけること。性格が部屋のムードメーカー的な存在なんで、あんまくよくよしないし、明るいところがいいと思います。まあ、口で大きいこというだけ、本当に結果残せと言いたいです」(笑)

(VTRあけ)

剣翔「残します!(笑)」

Q. ムードメーカーというのはVTR中も良くわかりました(笑)師匠のお話、どうお聞きになりましたか?

師匠もやっぱ分かってるんですね(笑)よく見てらっしゃる(苦笑)

Q. さあ、このあとまだ十両の取組も残っていますし、このあとの目標はどんなところに置いてますか?

そうですねぇ、まあ、前出る相撲で、一個一個勝ちにいきたいですね。

Q. 目標の番付はありますか?

それはもう、やるからには横綱目指して頑張りたいですね。

感想

とても明るくて、目立ちたがり屋な性格がよく伝わるインタビューでした(笑)

インタビュー後、放送席の北の富士勝昭さんからは「(力士も)我々の時代とは変わりましたね」なんて言われていましたね(笑)

でも、インタビューアーへの受け答えが気さくで、好感が持てました!

正直、今の剣翔が横綱になる姿はちょっと想像出来ないのですが「目標は横綱」と明言するところはいいと思います。

むしろ、控えめに「まずは三役目指して……」とか言わないで「横綱を目指す!」と言ってほしいです!

本当になれる、なれないは別にして、それくらいの意気込みは見せてほしいですね。

意気込みがなければ、なれるものもなれないと、わたしは思います。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

この日の剣翔関の取組については、下記記事にて語らせていただいております!
よろしければあわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成28年大相撲初場所3日目(十両) 取組結果一行メモ


スポンサーリンク







[ai] 新十両・剣翔桃太郎は、前向きで目立ちたがり屋なムードメーカー
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする