[ai] 平成27年秋場所初日(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年秋場所初日(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲秋場所 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




幕下の実況と解説

初日幕下の実況と解説は、

実況 : 厚井大樹
解説 : 甲山親方(元大碇)
リポート : 角谷直也
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 沢田石和樹
解説 : 中立親方(元小城錦)
リポート : 戸部眞輔
(敬称略)

でした。

初日幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●龍勢-高春日○ ひっかけ
・龍勢、得意の差し手になったが、腕を引っ掛けられる。

○鐡雄山-水戸豊● 寄り切り
・鐡雄山が慌てずに形を作って寄り切り。水戸豊は引きが多いように感じた。

●(長尾改め)栃清龍-若力堂○ 突き落とし
・栃清龍、左前廻しを狙うが、若力堂が徹底して封じた!
※栃清龍の清は師匠の本名の清隆から。師匠の「前に出ろ」という教えを実行するためとのこと。頑張りは感じたがまだ荒削りな印象を受けた。

●桜児竜-朝天舞○ 寄り倒し
・朝天舞、頭を下げてじっくり攻めた。桜児竜、土俵際逆転の網うちは及ばず。

●大翔岩-千代栄○ 押し出し
・大翔岩突っかける。二度目で立つ。千代栄が一気に突き放す!いい攻めだ!

●松葉山-希帆ノ海○ 上手投げ
・松葉山が優勢だったが、希帆ノ海、土俵際逆転の上手投げ!

●掛橋-貴公俊○ 押し出し
・貴公俊が突っ張りから左四つになって押し出し!いい相撲だった!
※掛橋は初の幕下。若者同士の対戦。同期。
甲山親方「貴公俊は差した方に体を寄せていく基本が出来ている。掛橋も内容は悪くない。見るたびに体が出来上がっているので、稽古も十分なのだろう」

●安芸乃山-若山○ 押し出し
・若山の一方的な展開。
※立合い前の動きが輝と阿武咲にそっくり(笑)

●貴輝鳳-栃登○
・組んでの攻防。攻守が激しく入れ替わる展開!
甲山「栃登得意の組手ではなかったが、休まず前に出たのが良かった」

○武蔵海-(白龍改め)大空● 押し出し
・武蔵海が一気に前に出る!
※37歳になったが、まだ体も動くし稽古も出来るので、心機一転の意味も込めて改名した。

○笹山-十勝海● 突き落とし
・立合い当たってまもなくの突き落とし。盛り上がらず。

○富栄-萬華城● 押し出し
・体格差のある対戦。富栄突っかける。二度目で立つ。富栄が一気に前に出る!萬華城は防戦一方。いい相撲!盛り上がった!

●克乃富士-久之虎○ 突き出し
・久之虎が一気に前に出る!

●琴福寿野-魁ノ隆○ 引き落とし
・差し手争いからの引き落とし。

●若龍勢-大翔龍○ 押し出し
・大翔龍が左差しから一気に前に出る!

○琴弥山-魁盛王● 送り出し
・動きのある攻防で盛り上がった!魁盛王も前によく出たが、琴弥山が上手かった!
※魁盛王はここ4場所連続で勝ち越し中。

○磋牙司-伯錦● 押し出し
・磋牙司が勝負どころを一気に出る!上手い。

○竜電-宝龍山● 寄り切り
・立合い行司待った。二度目で立つ。組んでの攻防。竜電が右四つからじわじわ前に出る。

●鳰の湖-飛天龍○ 寄り切り
・初め鳰の湖が優勢だったが、飛天龍が組み止めて前に出る!

●大波-佐藤○ 突き出し
・佐藤が一気に前に出る!相手をよく見ていた。
※佐藤は初土俵から負け越しなし。5場所連続勝ち越し中。

●武玄大-照強○ 上手出し投げ
・照強が形を作りながらの出し投げ!盛り上がった!

○栃飛龍-双大竜● 押し出し
・栃飛龍が突っ張りからのいなしで崩す。いなしで豪快に吹っ飛んだ。盛り上がった!

●芝-舛ノ勝○ 押し出し
・舛ノ勝が押し出し!芝は豪快に吹っ飛んだ!盛り上がった!
甲山「舛ノ勝は体は大きいが顎が上がらない。潜在能力はいいものを持っている」

●朱雀-白鷹山○ 押し出し
・朱雀動き回るが、白鷹山一気に前に出た!動きがあり、盛り上がった!

十両土俵入り

○千代の国-肥後ノ城● 引き落とし
・千代の国、立合い強く当たってからの引き。
中立親方「立合い、千代の国の方が高かったが、踏み込んでいたので引きが決まった」

○笹ノ山-大和富士● 突き落とし
・笹ノ山、大和富士が引いたところを突き落とし。

●碧天-魁○ 寄り倒し
・魁十分の左四つ。碧天は投げで呼び込んでしまった。

○大翔鵬-高立● はたき込み
・大翔鵬、立合いかちあげてからのはたき込み。

●東龍-朝弁慶○ 寄り切り
・朝弁慶、一気に前に出て寄り切り!東龍は元気がない。

感想

富栄、佐藤は素晴らしい相撲でしたね♪

特に富栄のような小柄な力士が、萬華城のような大きな力士をいっぺんに押し出す相撲は盛り上がります!

多くのお客さんが相撲に求めているものって、こういう、小良く大を制す相撲なのではないでしょうか?

でも、逆に大きい力士の立場で言えば、小さい力士と大きい力士では身長の差、あるいは自分の肉の厚さで、高低差が生まれてしまい、とてもやりにくいのだそうです。

相撲は「腰を低く、下から上に」が基本ですからね。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲秋場所 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年秋場所初日(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年秋場所初日(十両) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ


スポンサーリンク







[ai] 平成27年秋場所初日(幕下) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする