[ai] 平成27年秋場所3日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年秋場所3日目(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲秋場所3日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




3日目幕内の実況と解説

3日目幕内の実況と解説は、

実況 : 沢田石和樹
解説 : 尾車親方(元琴風)
向正面 : 振分親方(元高見盛)
東リポート : 田所拓也
西リポート : 藤井康生
(敬称略)

でした。

尾車親方の解説を聞くと、稽古をよくする力士が誰なのか、よく分かります(笑)
そんなお話を聞くと、よりその力士を応援したくなりますね^ ^
以下にメモを取りましたので、これからご贔屓の人を探したい方は、ご参考までに。

2日目までの展開

まさかの、白鵬が2連敗スタートです!
ええええ何があったんだと驚いていたら、まもなく、休場との情報が!

詳しくは、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年秋場所2日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

3日目幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○朝赤龍-北はり磨(十両)● はたき込み
・北はり磨、朝赤龍のいなしに崩れる。

○青狼-蒼国来● 寄り切り
・青狼がいい形を作って寄り切り!

●英乃海-時天空○ 上手出し投げ
・組んでの攻防。時天空の出し投げが鮮やかに決まる!
【解説】尾車「英乃海は動きが止まってしまったのが良くなかった。止まると時天空の上手さが発揮される」

○大栄翔-北太樹● 寄り切り
・大栄翔が突っ張る。北太樹組み止めるが、大栄翔、体を入れ替えて寄り切り!
【解説】振分「北太樹は怯んだように見える。大栄翔は直感が冴えていた」

○千代鳳-誉富士● はたき込み
・突き合いの攻防。千代鳳は引きに落ちない。最後は千代鳳のいなしが決まった!盛り上がった!
【コメント】尾車「誉富士はよく稽古をする。だから、負けても相撲は攻防があった」

●千代大龍-勢○ はたき込み
・両者いい立合いの当たりを見せるが、勢前に出る!最後ははたき込み。盛り上がった!

●旭秀鵬-鏡桜○ 寄り切り
・鏡桜が左に変わって即寄り切り!あまり盛り上がらず。

●琴勇輝-豊ノ島○ 突き落とし
・琴勇輝、いい突っ張りを見せるが、豊ノ島上手く回り込んだ。琴勇輝は少し膝が痛そう。
【解説】尾車「豊ノ島は上体はのけぞっても、廻しの位置が動かない。これが持ち味だ」

●豪風-臥牙丸○ 押し出し
・豪風、いい当たりを見せたが、その後横からの攻めが出なかった。

●安美錦-阿夢露○ 寄り倒し
・両者頭で当たり、攻防のある一番。
【解説】振分「突いていなして相手の体勢を崩すいつもの安美錦の相撲だったが、阿夢露が崩れなかった。安美錦は土俵を使って回り込めなかった。回り込めそうに見えたが……」

○遠藤-魁聖● 寄り切り
・遠藤、先に追い詰められたが残して、逆に寄り切り!攻防があり、盛り上がった!

後半

●徳勝龍-宝富士○ 寄り切り
・宝富士が一気に前に出る!

○逸ノ城-高安● 寄り倒し
・組んで動きが止まる展開。最後は逸ノ城が右四つ左上手で投げを打ちながら寄り倒し。 高安は逸ノ城にのしかかられて起き上がれず、車椅子で運ばれた。
→その後、傷めたのはふくらはぎで、膝の靭帯や骨には異常はないとのこと。帰りは自力で歩いて帰ったとのことなので、想像していたよりは大きな怪我ではなさそう。

○佐田の海-玉鷲● 押し出し
・玉鷲、いい押しを見せるが、引いたところを佐田の海すかさず前に出る!
【解説】尾車「佐田の海はよく稽古をする。押されても簡単には押し切られなくなった。力をつけている」

○栃煌山-隠岐の海● 寄り切り
・栃煌山、双差しから一気の寄り切り!苦手を退けた!

●佐田の富士-稀勢の里○ 寄り切り
・稀勢の里、重い佐田の富士に、じっくり前に出て寄り切り。

○照ノ富士-大砂嵐● 寄り切り
・大砂嵐が善戦!大砂嵐、今場所とてもいいのでは?
【解説】尾車「大砂嵐は頑張ったが自分から攻める場面がなかった。照ノ富士に危ない場面はなかった。照ノ富士の稽古量は半端ないので、1分を超えた相撲のあとも息があがっていない」
→照ノ富士は息はあがっていないが、大砂嵐は上がっていた。

○妙義龍-琴奨菊● 寄り切り
・立合い合わず、両者待った。二度目で立つ。琴奨菊、一気の出足を見せるが、妙義龍、双差しで残し、逆襲!強かった!
【解説】尾車「琴奨菊は前みつを取らず、抱えながら寄ってしまった。小さな力士にはそれでも通じるが、妙義龍には通じない」

●豪栄道-栃ノ心○ 突き落とし
・豪栄道、栃ノ心のいなしにあっさり崩れる。ざわついた。栃ノ心は左にずれる立合いをしていた。

○嘉風-鶴竜● 押し出し
・嘉風の攻めに、鶴竜引いてしまった。

■白鵬-碧山□ 不戦勝
・白鵬、「左大腿四頭筋腱炎」のため、休場。

感想

白鵬が休場したことで、日本人力士の優勝の可能性も広がりました!

が、何だかんだ言っても、きっと優勝は鶴竜か照ノ富士だろう、と母と話していたら、鶴竜が負けた!

鶴竜は一人横綱の重圧で緊張している、一方嘉風は、前日白鵬を倒して気持ちが乗っている。
そう考えたら、若干嫌な予感はあったのですが……あっさり引いてしまう、ダメな鶴竜が出てしまいましたねm(_ _)m

一方の嘉風は、前日に続いて、思い描いていた通りの相撲だったのではと思います!
せっかく両横綱を倒したので、後半も失速せず、ぜひ三賞を取ってほしいです^o^

本日山場を迎えた東西の関脇は、ともに力強い相撲で白星。
栃煌山は苦手を退け、妙義龍は大関を退けました!

なんか今場所の関脇は、大関並みに強い気がします!

3日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

3日目の幕内は、

1位 嘉風
2位 遠藤
3位 照ノ富士

でした!

連日金星の嘉風は文句なし。
遠藤も、あの粘り腰は素晴らしかったですね!

でも照ノ富士は、挑戦を受ける側なので、どちらかというと大砂嵐な気がしますが……結局は退けたことと、全然息が上がっていなかったことが評価されたのでしょうか?

おめでとうございます^o^

幕内の優勝争い

結果、はやくも平幕の全勝はいなくなり、鶴竜も1敗。
全勝は照ノ富士、稀勢の里の2大関と、栃煌山、妙義龍の両関脇のみとなりました。

4人ともこのまま勝ち進んでほしいところですが、連続金星の嘉風も、優勝争いをかき回しそうな予感です。

4日目の幕内好取組

連続金星の嘉風が、照ノ富士と対戦します!
これは楽しみです♪

一方、稀勢の里は苦手な碧山戦。
山場を迎えることになりそうです。

鶴竜は大砂嵐と対戦。
大砂嵐はまだ白星はないものの、琴奨菊や照ノ富士相手によく善戦しているので、だいぶ調子は良さそうです♪

楽しみです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲秋場所 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年秋場所3日目(十両) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年秋場所3日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ


スポンサーリンク







[ai] 平成27年秋場所3日目(幕内) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする