[ai] 平成27年大相撲秋場所6日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲秋場所6日目(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲秋場所6日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




6日目幕内の実況と解説

6日目幕内の実況と解説は、

実況 : 刈谷富士雄
解説 : 北の富士勝昭
向正面 : 雷親方(元垣添)
東リポート : 白崎義彦
西リポート : 厚井大樹
(敬称略)

でした。

5日目までの展開

下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年大相撲秋場所5日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

6日目幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●朝赤龍-青狼○ 寄り切り
・青狼がいい形を作って寄り切り!

●北太樹-豊響(十両)○ 押し出し
・豊響が右押っつけから一気に出た!豊響6連勝!

○勢-英乃海● 押し出し
・勢が左押っつけから一気に出る!盛り上がった!
【解説】雷「英乃海はもっと強く当たらないと、勢のような三役経験者には勝てない」

○蒼国来-千代鳳● 押し出し
・組んでの攻防。蒼国来が横から崩して押し出し!終始蒼国来が攻めていた。

●千代大龍-時天空○ 蹴返し
・組んで動きが止まる攻防。時天空の足技が決まった!千代大龍は内掛けを警戒して右足を引いていたが、逆の足を狙ってきた。

●琴勇輝-誉富士○ 押し出し
・立合い行司待った。二度目で立つ。はじめ琴勇輝が先手で突っ張り、押し合いに。 誉富士が押し返して押し出した!
【解説】北の富士「琴勇輝は立合いはやく先手は取ったが、上突っ張りなので下からあてがわれると止まってしまう。それと、立合い合わなくて審判長にあんな深々と礼をすることはない。礼が雑な力士もいるので礼儀正しいのは立派だが、この場面では時間の無駄。礼をするならむしろ相手力士に対してだろう」→礼は相手力士に対してすべきだろう、というのは、刈谷さんも同じ見解だった。

○大栄翔-鏡桜● うっちゃり
・大栄翔、土俵際でうっちゃり!盛り上がった!

○旭秀鵬-豊ノ島● 上手投げ
・豊ノ島が攻めていたが、旭秀鵬、土俵際逆転!
※豊ノ島は徳勝龍戦でふくらはぎを傷めたとのこと。足が本調子じゃないのか?

○遠藤-豪風● 押し出し
・押して引いての攻防ある展開!遠藤、豪風のいなしにしっかりついて行って押し出し!盛り上がった!
【コメント】北の富士「遠藤には追手風部屋創始者の『清水川』を名乗ってほしい」

○安美錦-臥牙丸● 下手投げ
・安美錦が変わって上手を取って振り回すが、臥牙丸前に出る!土俵際もつれ、軍配は臥牙丸で物言い。映像では臥牙丸の甲が先に返っているように見える。行司さんには見えにくい位置。結果、臥牙丸が先に落ちたとの判定で、差し違い。
※臥牙丸、悲しそうな顔をして去っていった。

後半

●玉鷲-阿夢露○ 送り出し
・押し合い。玉鷲が攻め込んだかに見えたが、阿夢露、土俵際逆転!

●佐田の海-徳勝龍○ 寄り切り
・徳勝龍が一気に出る!徳勝龍は初日!

○魁聖-佐田の富士● 押し出し
・魁聖が一気に出る!
【感想】佐田の富士は元気がない。上位戦が続いて勝てなくて自信をなくしているのが伝わる。頑張れ!

●栃煌山-逸ノ城○ 寄り切り
・逸ノ城、狙い通り突っ張ることは出来なかったが、栃煌山が左を巻き変えたところを一気に出た!
【解説】北の富士「栃煌山の左の押っつけが甘かったので、巻き変えたところを出られた。でも今日は逸ノ城を褒める相撲だ」

●宝富士-妙義龍○ 寄り切り
・差し手争いの攻防!最後は妙義龍が双差しになって寄り切り!
【取組後】北の富士さんは宝富士の腰高を指摘しつつも、大したものだと褒めていた。

○照ノ富士-栃ノ心● 寄り切り
・組んでの攻防。栃ノ心が出るところを、照ノ富士、巻き変え、体を入れ替えて寄り切り!
【感想】栃ノ心も照ノ富士をよく研究して挑んだ感はあるが……強い!

●碧山-琴奨菊○ 突き落とし
・琴奨菊、左四つで右は抱え込む形になったが、右からの突き落としが決まった。
【解説】北の富士「琴奨菊が右を抱え込む形は危険。平幕相手ならまだ勝てるが、三役相手では勝てない」→それでも勝てたので、今場所はまあまあ調子は良いのではと思う。

●豪栄道-嘉風○ 押し倒し
・嘉風、豪栄道が引いたところを押し倒し!強かった!
【解説】北の富士「豪栄道は最初から気持ちで負けている」→それはわたしも思った。顔が硬い。

●大砂嵐-稀勢の里○ 上手投げ
・稀勢の里、大砂嵐に攻め込まれたが、左からの上手投げでしとめる!
【解説】雷「稀勢の里が差し負けて右四つになった。大砂嵐は負けはしたが、力はつけている」 北の富士「大砂嵐は右四つになった途端に腰高を忘れて喜んで出てしまった」

●隠岐の海-鶴竜○ 寄り切り
・鶴竜、攻め込まれたが、体を入れ替えて寄り切り!

感想

大砂嵐がとても力をつけていますね!
以前のカチ上げのような荒っぽい相撲は封印し、正統派な取口に変えてきていることは、多くの相撲ファンの方がご存知かと思います。

それでちゃんと力をつけているので、根は真面目でいい力士なのだろうなと思いました。
取組後、相手力士に手を貸す場面もよく見られるので、いい人なのは伝わります。

そして、上位は豪栄道以外は安泰。
豪栄道は絶好調の嘉風に敗れましたm(_ _)m

6日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

6日目の幕内は、

1位 嘉風
2位 遠藤
3位 逸ノ城

でした!

今場所はインタビュールーム常連の嘉風、
力をつけている遠藤、
栃煌山を破った逸ノ城がランクイン!

今場所、逸ノ城がなかなかいいのではと思います。

おめでとうございます^o^

幕内の優勝争い

結果、6日目終了時点での成績優秀者は、以下のようになりました。

全勝 : 照ノ富士
一敗 : 鶴竜、稀勢の里、栃煌山、蒼国来、勢

このまま照ノ富士が独走してしまうのでしょうか?
栃煌山には、この日の負けを引きずらないでほしいですね>_<

二敗力士は琴奨菊、妙義龍をはじめ、平幕にも多数いますが、その中には絶好調の嘉風も含まれています。

嘉風も、上位戦が終わってから失速しないでほしいですね。

7日目の幕内好取組

敗れて一敗に後退した栃煌山が、嘉風と対戦します。
よりによってこのタイミングで嘉風とは……

かたや、6日目敗れた栃煌山。
かたや、横綱大関を連日倒し続けている嘉風。

先場所の千秋楽の再来、
栃煌山失速の予感がよぎってしまいます>_<

先場所、栃煌山は両横綱を破って優勝争いの名乗りをあげたものの、後半、硬さが出て失速。
千秋楽もガチガチに硬くなってしまって、嘉風に狙い通りの相撲で負けてしまったんですよね。

※先場所の千秋楽については、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年名古屋場所千秋楽(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

もちろん、嘉風にも頑張ってほしいのですが、栃煌山が心配になってしまいます>_<
どちらにも失速してほしくない気持ちは同じですが……

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲秋場所6日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年大相撲秋場所6日目(十両) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲秋場所6日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ


スポンサーリンク







[ai] 平成27年大相撲秋場所6日目(幕内) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする