[ai] 平成27年大相撲秋場所7日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲秋場所7日目(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲秋場所7日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




7日目幕内の実況と解説

7日目幕内の実況と解説は、

実況 : 太田雅英
解説 : 鳴戸親方(元琴欧洲)
向正面 : 舞の海秀平
東リポート : 三瓶宏志
西リポート : 大坂敏久
(敬称略)

でした。

中入り企画は阿夢露関の関取訪問

なお、この日の中入り企画は、関取訪問。
厚井大樹アナウンサーが、阿夢露関を訪ねて、阿武松部屋を訪問しました。

詳しくは、別途記事にさせていただいております。

[ai]【関取訪問】ロシア出身の阿夢露。日本語は幼稚園児向けのひらがなドリルでコツコツ学んだ! | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

6日目までの展開

下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年大相撲秋場所6日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

7日目幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●富士東(十両)-英乃海○ 上手投げ
・富士東が終始攻めたが、英乃海が投げで逆転!盛り上がった!
【解説】鳴戸「今場所初めて英乃海の粘り腰が出た。我慢して、相手が疲れたところを投げた。富士東もよく頑張った」

○北太樹-時天空● 寄り切り
・北太樹突っかける。二度目で立つ。北太樹が一気に出るが、時天空土俵際逆転技を見せる。もつれて軍配時天空で物言い。映像では時天空のかかとが先に出ているようにも見えるが、まだ浮いているようにも見え、微妙。結果、時天空の足が出るのと北太樹の体が落ちるのが同時との判定で、取り直し。
(2回目) 時天空変わって上手を取るが、北太樹が前に出て寄り切り!

●青狼-千代鳳○ 寄り切り
・青狼突っかける。二度目で立つ。千代鳳の粘り勝ち。青狼は最後は疲れ切った様子。お互いの持ち味が出たいい相撲だった!

○勢-朝赤龍● 押し出し
・勢が押し込んだところ、朝赤龍が逆転のはたき。もつれ、軍配朝赤龍で物言い。映像では朝赤龍のかかとが先に出ているように見える。結果、朝赤龍の足が早いとの判定で、差し違い。行司さんには見えない位置だったので、行司さんが気の毒ではあった。

●大栄翔-誉富士○ 押し出し
・押し合いの展開。どちらもいい押しだったが、誉富士が一枚上手な印象を受けた。
【解説】舞の海「誉富士は突き合いでは自分の方が上だというところを見せたかっただろう。誉富士の突っ張りは一発一発が下から効果的に当たっている」

●千代大龍-蒼国来○ 突き落とし
・千代大龍が一気に出たが、蒼国来、土俵際回り込んで逆転!

●豪風-旭秀鵬○ 寄り切り
・旭秀鵬突っかける。二度目で立つ。旭秀鵬がいい形を作って寄り切り!

○琴勇輝-阿夢露● 押し出し
・琴勇輝が突っ張る。阿夢露、回しに手はかかったが、投げで呼び込んでしまった。

●遠藤-臥牙丸○ 小手投げ
・遠藤、前に出るが、臥牙丸の小手投げに敗れる。
【解説】舞の海「遠藤は押っ付けて前に出たが、回し取っていなかった。回しを取れば逆転は食わなかった。差し手も浅く、不十分だ」

○安美錦-鏡桜● 寄り倒し
・鏡桜がはたいたところを、安美錦が前に出た!土俵際、もつれたように見えたが、物言いはなし。映像では同体にも見えたが、別の角度では鏡桜の方が先に落ちていた。

後半

●徳勝龍-魁聖○ 寄り切り
・組んで動きが止まる展開。徳勝龍が巻き変えたところを、魁聖が前に出た!

○豊ノ島-宝富士● 突き落とし
・宝富士が出るところを、豊ノ島、回り込んで逆転!アナウンサーは「後ろもたれ」と言ったが、よく見ると突き落としてから後ろを向いていたので、決まり手は「突き落とし」と発表された。
【解説】鳴戸「相撲を見る限り、豊ノ島のふきらはぎは心配なさそうだ」

○大砂嵐-玉鷲● 送り出し
・大砂嵐が捕まえて送り出し!早かった!
【解説】舞の海「玉鷲は正面に向き直る方向を間違えた。ぐるっと回っている間にバックを取られた」

●碧山-妙義龍○ 押し出し
・妙義龍、土俵際粘り、碧山が引いたところを一気に出た!

●栃煌山-嘉風○ 寄り切り
・嘉風の一方的な展開!
※嘉風は7日目解説する鳴戸親方に「4勝2敗でいきます」と約束して、その通りになった!
【解説】鳴戸「栃煌山は今日は見すぎた。嘉風のいなしを警戒したのだろうが、真っ向から来られてあれよというまに持って行かれた」
舞の海「嘉風の当たりが強かった。栃煌山はいつも以上に動きが硬い」

●逸ノ城-稀勢の里○ 押し出し
・稀勢の里が巻き替えて左四つを狙ったところで、逸ノ城の足が出た。いい相撲だった。
【取組前】鳴戸「稀勢の里はもう少し安定した相撲を取らないとこの先勝てない」

○照ノ富士-佐田の富士● 寄り切り
・佐田の富士がよく応戦したが、及ばず。組んでの攻防だった。
【解説】鳴戸「照ノ富士は大きい力士が苦手なのではないか?左四つになったあと、右からの攻めがなかなか出なかった。佐田の富士にもチャンスはあった。佐田の富士は相撲が遅い」

●栃ノ心-琴奨菊○ 寄り切り
・琴奨菊、右四つ左は抱え込んでがぶり寄る!栃ノ心残すが、もう一度寄って寄り切り!

●豪栄道-隠岐の海○ 寄り倒し
・隠岐の海が左四つで一気に前に出る!豪栄道は捨て身の首投げに出るという悪いパターン。
【解説】舞の海「豪栄道は左を差すことしか考えていない。右が何もしていない。身長も低く、手も短いのだから、自分より身長の高い相手に差されたら身動きが取れなくなることを叩き込んでほしい」→舞の海さん、今日も豪栄道にご立腹。

●佐田の海-鶴竜○ 寄り切り
・鶴竜、立合い張って双差し!一気に出る!

感想

嘉風が今日も強かったですね!
まさに、心配した通りの展開となりました>_<

栃煌山、ここは頑張ってほしかったのですが……
でも、楽しんで取ってる嘉風と、ガチガチの栃煌山。
気持ちで負けていた気がします。

7日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

7日目の幕内は、

1位 嘉風
2位 妙義龍
3位 千代鳳

でした!

なんと、前半戦で登場した千代鳳がランクイン!
この相撲を評価するとは、相撲ファン、目が肥えてます!

おめでとうございます^o^

幕内の優勝争い

結果、7日目終了時点での成績優秀者は、以下の通りとなりました。

全勝 : 照ノ富士
一敗 : 鶴竜、稀勢の里、蒼国来、勢
二敗 : 琴奨菊、栃煌山、妙義龍、嘉風、他

すでに照ノ富士が白鵬に見えているのは、わたしだけでしょうか?(笑)
鶴竜、稀勢の里には、何としても一敗で食らいついて、独走を阻止してほしいですね>_<

上位戦を終えた嘉風にも、後半失速しないで頑張ってほしいです!

中日の幕内好取組

一番の注目は 豪栄道-栃煌山 ですが、どちらも心配です>_<
二人とも、花道入場するときからすでに顔がガチガチな姿が、容易に想像出来ますm(_ _)m
楽しんで相撲を取る気持ちを思い出してほしいです。。。

もう一つ注目なのは、大砂嵐-嘉風 戦。
大砂嵐は星は上がっていないとはいえ、連日横綱大関相手にかなり善戦しています!
調子もいいし、力もつけているのを感じます。

案外、嘉風はここが落とし穴になるのではという気がします。
好調同士の対戦なので、いい相撲を期待したいです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲秋場所7日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年大相撲秋場所7日目(十両) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲秋場所7日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ


スポンサーリンク







[ai] 平成27年大相撲秋場所7日目(幕内) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする