[ai] 相撲ファン必見!平成27年11月1日放送 相葉マナブ 感想 | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 相撲ファン必見!平成27年11月1日放送 相葉マナブ 感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

昨日、関東では平成27年11月1日放送の「相葉マナブ」の感想です。

スポンサーリンク




嵐の相葉雅紀さんが東関部屋に潜入!

「相葉マナブ」という番組を、この度東関部屋が紹介されると伺い、初めて見ました!

どうやら嵐の相葉雅紀さんが、日本の様々な伝統芸能を学ぶというコンセプトの番組のようです。

他に、アンジャッシュの渡部建さん、ハライチの澤部さん、小島よしおさんも出演されていました。

この度、相葉さんたちが学びに訪れたのは、大相撲の東関部屋。

元高見山の先代東関親方が創設され、現在の師匠は高見山さんんのお弟子さんの元幕内 潮丸さん。横綱 曙や高見盛(現 振分親方)など、多くの関取を輩出したお部屋です。

最近はバラエティーでもおなじみの振分親方に案内され、相葉さんたち一行は、四股と股割り、ぶつかり稽古、東関部屋独自の「ハンマー」トレーニング、ちゃんこ作りを体験。

相撲の面白さが伝わる番組だったのではと思います!

直接名前を紹介されることはなかったけれど、わたしの応援している現在幕下の飛翔富士さんも、何度となく映っていました。

まわしを締める実演

相葉さんたちがまず最初に行ったのは、まわしを締めることでした。

まわしを締める実演、わたしは初めて見たのですが、あれ、一人では締められないんですね!

実演を放送する都合上か、相葉さんと渡部さんは、トレーニングウェアの上からまわしを装着していましたが、小島さんと澤部さんは、力士さん同様、裸の上からつけていました。

アイドルの相葉さんは当然、まわしはブカブカ。体格のいい小島よしおさんでも、力士さんに比べるととても細く見えました。

まわしを締めて、四股と股割り

まわしを締めると、次はいよいよ、四股の踏み方をレクチャーされます。

あれ、わたしも健康のためにやっているのですが、見た目よりかなりキツイんですよね>_<

土俵で力士さんがやっている姿を見ると、ものすごくふつうのことのように見えるのですが、まず基本の腰割りの姿勢がきついし、その体勢で軸足に体重を移動し、もう片方の足を上げるのが、本当にキツイんです>_<

相葉さんも芸人さんたとも、きついきついと言いながらやっていました。

四股は上げた足の方に目がいきがちですが、大事なのは、実は軸足の膝が伸びていることなんです。

これがまたきついのです>_<

でも、これによって、相撲に必要な下半身の筋肉は、全て鍛えられます。

東関部屋の力士さんは、毎日全員で300回、個別に与えられた課題なども含めれば500回近く踏んでいるとのこと。

いい四股を踏むのに欠かせない股割り

お相撲さんといえば、四股と同じくらい、股割りを連想される方も多いかと思います。

いい四股を踏むためにも、怪我をしないためにも、股関節を柔らかくすることは、とても大切です。

でも、これに関しては、ふだんからダンスパフォーマンスも披露されている相葉さん。

体は比較的柔らかかったです。

東関部屋独自の「ハンマー」トレーニング

次は、東関部屋独自の「ハンマー」トレーニングに挑戦。

15〜20kgほどある大きなハンマーを、腰割りの姿勢で上から下に降ろしていく、というもの。

見た目にはシンプルですが、腰割りの姿勢で重いハンマーを抱えるのは大変です>_<

その上、一気にではなくゆっくり、完全には下につかないように、地面と平行になるように降ろさないといけないので、全身の筋力が鍛えられるんですねぇ。。。

相葉さんも芸人さんたちも、ひぃひぃ言いながらやっておられました。

相葉さんは「重くて持っていかれる」と、ゆっくり下ろすことに苦戦していました。

東関部屋の力士さんたちは、これを毎日、左右分けて100回ずつ行っているとのこと。

それくらいやらないと、勝てないのだそうです。

いよいよぶつかり稽古に挑戦!

準備運動を終えると、いよいよ、本格的なぶつかり稽古に挑戦!

ぶつかり稽古では先輩力士が胸を出し、後輩力士は先輩の右胸を目掛けて頭で当たり、その勢いで先輩を土俵の外まで押し出します。

ぶつかったら転がされ、先輩にもういいと言われるまで延々に続くとのこと。
(地方巡業では、よく十両の期待の若手が、大関に転がされてますよね)

東関部屋では、十両経験者の飛翔富士さんが、よく若い力士に胸を出しているのか、その光景も映っていました。

振分親方に胸を出してもらい、相葉さんもぶつかり稽古に挑戦!

でも一発目は頭で当たることが出来ず、胸で当たってしまいました(^_^;)

頭で当たるの、ふつうの人は怖いですよね>_<

お風呂に入って、丁髷(ちょんまげ)を直して、ちゃんこ作り

稽古が終わると泥だらけになるので、力士さんはお風呂に入り、丁髷を直します。

ここで、部屋の床山さんによる、髷結いの実演も。

大銀杏の実演はテレビや地方巡業でもよく行われますが、丁髷の実演って、意外と珍しいかもしれません。

お相撲さんの髪には鬢付け油(びんつけあぶら)が塗られているので、あのような光沢があるんですねぇ。

わたしは力士さんと間近で接したことはないので分かりませんが、とてもいい匂いのする油なのだそうです。

鬢付け油は、国技館や相撲グッズ専門ショップで売られているとのこと。

※ちなみに、楽天ショップにもありました!

島田商店 オーミ すき油 固形 力士用 香料配合 70g【練り軟らかめ】

価格:2,052円
(2015/11/3 05:28時点)
感想(8件)

他にも鬢付け油はありましたが、力士用のものは、香料が使われているようです。

と、いうことは、鬢付け油の匂いって、オーミ油本来の香りではなく、香料によって付けられたものだったんですね!

お相撲さんのちゃんこ作りは豪快!

そして、ちゃんこ作り!

最近よく見る相撲部屋を取材する番組では、稽古を見学してちゃんこは振舞われたものを食べるだけ、ということが多かったので、食料庫の中まで見に行ったり、実際にタレントさんがちゃんこ作りのお手伝いをするというのはとても新鮮でした!

ただ出されたものを食べるだけのグルメレポって、ちょっと物足りないものがあるので、作る工程も見られて、面白かったです!

このちゃんこ作りが、とても豪快でした。

大きな鍋に1kg入りの味噌を丸々一袋投入!
キムチの素をほぼ1本ごそっと投入!

相葉さん曰く「料理というより工作のよう」とのこと(笑)

大きなボールに大量に入った鶏肉の上から直に卵を割り、粉をごそっとかけて、両手で豪快に混ぜる唐揚げ作り。

ちゃんこ鍋って、こんな風に作られているんですねぇ。。。

この大量の食材も、ほとんど後援会の方々による頂き物なのだとか。

後援会の方々、頭が下がります。

食事のあとは、昼寝

食事のあとは、基本自由時間なのですが、多くの力士さんは、太るために昼寝をするようです。

食べてすぐ寝ると太る、と言いますもんね。

最後は相葉さんが「俺たちもウェイト上げるために寝ようか」とみんなで大部屋で横になって、番組は終了。

とても面白かったです!

以上、ペパーミントあいがお伝えいたしました!


スポンサーリンク







[ai] 相撲ファン必見!平成27年11月1日放送 相葉マナブ 感想
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする