[ai] 平成27年大相撲九州場所3日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲九州場所3日目(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲九州場所3日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




3日目 幕下の実況と解説

3日目 幕下の実況と解説は、

実況 : 戸部眞輔
解説 : 若藤親方(元皇司)
向正面 : 花ノ国(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 白崎義彦
解説 : 立田山親方(元薩州洋)
リポート : 吉田賢
(敬称略)

でした。

2日目までの展開

2日目の相撲については、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年大相撲九州場所2日目(幕下) 取組結果一行メモ

3日目幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○福轟力-山口● 引き落とし
・山口攻め込むが、土俵際はたかれる。が、軍配福轟力で物言い。映像では、気持ち山口の手の方が早いようにも見えるが、微妙。結果、福轟力の足は残っているとの判定で、軍配通り。
※福轟力は眼窩骨折による休場明け。山口はバセドウ病から復帰して幕下に戻ってきた。

○春日国-葵● すくい投げ
・葵が一気に前に出る!が、軍配葵で物言い。映像でも微妙。向正面の花ノ国さんも「同時に見えた」とのこと。結果、葵の足が出たとの判定で、差し違い。後から流れた別の角度の映像では、葵のつま先が早く出ているように見えた。

○琴の秀-勇輝● 押し倒し
・琴の秀が土俵中央に近いところで押し倒し!
※琴の秀は自己最高位。

●羅王-荒篤山○ 突き落とし
・羅王突っかける。二度目で立つ。羅王、劣勢からいい体勢を作りかけるが、横に振られて作りきれず。

●剛竜-水口○ はたき込み
・水口、まっすぐ当たってからはたく。

○大空-龍勢● はたき込み
・大空突っかける。二度目で立つ。大空、龍勢の変化に対応。はたきにも対応し、最後ははたいた。

○深海山-萬華城● 押し出し
・深海山が一気に前に出た!

●玄界鵬-出羽鳳○ 寄り切り
・出羽鳳、攻め込まれたが、土俵際で体を入れ替えた!

●玉大輝-伯錦○ 上手出し投げ
・伯錦、当たってからの上手出し投げ。

●栃の濱-希帆ノ海○ 押し出し
・希帆ノ海、栃の濱の突っ張る腕を手繰って押し返し、押し出し!

●安芸乃山-磋牙司○ はたき込み
・磋牙司がいい動き!安芸乃山を横から崩す!盛り上がった!

○岩崎-宝龍山● 送り出し
・岩崎がいなし、後ろについて送り出し!盛り上がった!

○諫誠-白虎● 寄り倒し
・諫誠が一気に前に出る!土俵際の逆転は食わない。

○舛ノ勝-高三郷● 押し出し
・高三郷、攻め込んだが引いてしまった。

●大波-芝○ 寄り切り
・芝がしっかり組んで前に出る。

○彩-大清峰● 突き出し
・彩がいい突っ張りで突き出し!

○鐡雄山-武玄大● 上手出し投げ
・投げの打ち合い。流れは武玄大のペースだったが、軍配武玄大で物言い。映像でも、どちらが先に落ちているか分からない。結果、同時に落ちたとの判定で、取り直し。
(2回目) 武玄大、二度目は上手が取れない。逆に鐡雄山がさっと上手を取って出し投げ!

●つる林-慶天海○ 下手投げ
・慶天海、押されたが、足を掛けながらの下手投げ!先に外掛けを掛けたのはつる林だった。

○相山-肥後嵐● 引き落とし
・相山突っかける。二度目で立つ。2分1秒の長い相撲。相山が先に頭をつけて体勢を作るが、徐々に体勢を起こされ、動きが止まる。お互い苦しい体勢から、相山が再度頭をつけ、前に出て、最後は引き落とし。

●飛翔富士-琴弥山○ 突き出し
・琴弥山がいい突っ張りで一気に突き出し!飛翔富士は立合いが悪い。

○豪頂山-舛ノ湖● 送り出し
・舛ノ湖、突き落としで呼び込んでしまった。

○野上-魁● 寄り倒し
・魁が体勢を作りかけたが、野上がいい攻めで前に出る!
【解説】花ノ国「魁は投げにいくのは良くない。悪い癖だ」

○大和富士-笹ノ山● はたき込み
・笹ノ山が一気に出たが、軍配は大和富士。大和富士の足は残っていた。
【解説】若藤「笹ノ山は馬力があるので、相手は押されがちになる。押されたらはたくしかないので、はたかれた時の策を考えたほうがいい」

○照強-竜電● 引き落とし
・竜電、一気に出たが、照強、土俵際で腕を手繰った!

●勝誠-濱口○ はたき込み
・勝誠が形を作りかけたが、濱口が横から崩してはたき込み。

十両土俵入り

●明生-佐藤○ 突き落とし
・佐藤突き放す。明生、前回しを取って組み止めたかに見えたが、佐藤が横から崩した。
【解説】立田山「佐藤は回しを取られても慌てなかった」

○肥後ノ城-翔天狼● 突き落とし
・肥後ノ城はお腹にがっちりテーピング。肥後ノ城突っかける。二度目で立つ。翔天狼の突きが優勢だったが、肥後ノ城が横から崩す。
【解説】立田山「翔天狼は足が出ていない」→確かに、突っ張ってはいたが、前に出ていたのは肥後ノ城だった。

●琴恵光-出羽疾風○ 押し出し
・出羽疾風が腕を手繰り、前に出る!土俵際の逆転技にも対応。
※去年の九州新十両同士の対戦。どちらも頑張ってほしい。

●海龍-大翔鵬○ はたき込み
・海龍が双手突きからすぐに引いたところを、大翔鵬がはたき込み。

●安彦-千代翔馬○ 内掛け
・千代翔馬が土俵中央で鮮やかな内掛け!

感想

3日目は相山が頑張りましたね!
2日目の明生同様、よく我慢して長い相撲を凌ぎました。
相手の肥後嵐は関取経験もある力士なので、この白星は自信に繋がるんじゃないかと思います!

一方、昨日魅せてくれた明生は、若手注目株の一人・貴乃花部屋の佐藤と対戦。
押し相撲の佐藤に対し、明生は前回しを引いて組み止めますが、止められても佐藤は慌てませんでした。

あの崩し方は見事です!
佐藤、将来が楽しみな力士ですね^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲九州場所3日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年大相撲九州場所3日目(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲九州場所3日目(十両) 取組結果一行メモ


スポンサーリンク







[ai] 平成27年大相撲九州場所3日目(幕下) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする