[ai] 平成27年大相撲九州場所6日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲九州場所6日目(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲九州場所6日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




6日目 幕内の実況と解説

6日目 幕内の実況と解説は、

実況 : 沢田石和樹
解説 : 鳴戸親方(元琴欧洲)
向正面 : 舞の海秀平
東リポート : 藤井康生
西リポート : 太田雅英
(敬称略)

でした。

5日目までの展開

横綱白鵬、大関琴奨菊、平幕の勢、千代鳳の4人が全勝で並んでいます。
5日目の相撲につきましては、記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年大相撲九州場所5日目(幕内) 取組結果一行メモ

幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○朝赤龍-鏡桜(十両)● 寄り切り
・朝赤龍が左四つ右上手で両回しを引き、前にでる!

○千代大龍-大栄翔● 突き出し
・千代大龍が一気に前に出る!大栄翔も突っ張ったが、千代大龍の押しの威力が勝っていた!

○豪風-豊響● はたき込み
・豊響が突っ張り、豪風が交わす。豪風が交わしきった!

○臥牙丸-千代鳳● 寄り切り
・臥牙丸が一気に出た!早かった!
※千代鳳は一敗>_<

●蒼国来-高安○ 寄り切り
・組む展開。終始高安が優勢。最後は左の下手を引いて寄った。

●北太樹-松鳳山○ 上手投げ
・松鳳山が張って左四つ、一気に前に出る!北太樹残すが、そこを休まず上手投げ!お客さん大喜び!

●玉鷲-御嶽海○ はたき込み
・両者押し合いにはならず、差して動きが止まる展開に。玉鷲が上手を取りにきたところ、御嶽海がすかさず肩透かしのような動きを見せ、休まず崩しにかかった!
【解説】舞の海「組み止めても玉鷲はその後の芸がないから……」うーん、確かに。。。
【リポート】御嶽海は玉鷲の当たりの強さに目を丸くしたとのこと。

●佐田の富士-旭秀鵬○ 寄り切り
・終始旭秀鵬のペース。最後は佐田の富士が巻き替えたところを寄り切り!

●琴勇輝-宝富士○ 突き落とし
・宝富士突っかける。二度目で立つ。琴勇輝が突っ張るが、宝富士、土俵際で逆転!
【解説】鳴戸「琴勇輝は左手一本で押していたので、体が傾いて逆転を食らった」
【感想】手数の割に、宝富士は下がっていなかったように思う。

●阿夢露-徳勝龍○ 寄り切り
・組んで動き回る展開。徳勝龍が休まず動いた!

●勢-魁聖○ 寄り切り
・魁聖が一気に出た!勢は一敗>_<

後半

●誉富士-遠藤○ 押し出し
・初めは誉富士が突っ張ったが、遠藤が突っ張り返して逆襲!遠藤は回しが取れなかったので突っ張りに切り替えたよう。

●佐田の海-安美錦○ 上手出し投げ
・佐田の海コールが起こったが、安美錦、気にせず左に変わった!
※コールは応援している力士にプレッシャーを与え、相手力士を挑発させるだけなのでしない方がいいのでは?と思った。(本当に安美錦が挑発されたかは謎だけど……)

○栃ノ心-妙義龍● 寄り切り
・栃ノ心がいい体勢で寄り切り!

○照ノ富士-大砂嵐● 寄り切り
・照ノ富士が捕まえて前に出て寄り切り。膝に負担のかからない相撲で一安心^ ^

○碧山-豪栄道● 引き落とし
・豪栄道が立てない。二度目で立つ。豪栄道、変わったが碧山のはたきに落ちる。が、軍配碧山で物言い。映像では碧山の足は出ておらず、髷に手がかかっているように見える。結果、碧山は髷を掴んでいないという判定で、軍配通り。
【感想】碧山はそうそう変化で崩れない力士だと思った。

●琴奨菊-逸ノ城○ 寄り切り
・逸ノ城が一気に寄り切り!今日は強かった!琴奨菊は立合いで左の前回しを取ることが出来なかった。

●栃煌山-稀勢の里○ 押し出し
・初めは栃煌山のペースだったが、左四つ半身の状態で動きが止まる。以後は稀勢の里のペースだった。

●豊ノ島-白鵬○ 寄り切り
・白鵬、危なげなく寄り切り。

○鶴竜-隠岐の海● 突き落とし
・隠岐の海が前に出るが、鶴竜が突き落とし。危なかった。

○日馬富士-嘉風● 小手投げ
・嘉風が双差しになり形を作りかけたが、日馬富士が思い切り横に振って小手投げ!執念を感じた。

日馬富士の執念を感じた嘉風戦

この日の目玉は、やはり、日馬富士-嘉風戦。
なんとこの対戦、過去2-5で、嘉風がリードしているんですよね!
それも、日馬富士が最後に勝ったのが大関時代という!

片や、休場明けで、ややアップアップしている印象もある日馬富士。
片や、横綱大関戦全勝とまではいかないものの、絶好調ぶりを発揮している嘉風。
過去の対戦成績も考えると、対横綱とはいえ、俄然、嘉風が有利に思える状況でした。

結果は、嘉風が早々に双差しになり、そのまま前に出ようというところを、日馬富士が思いっきり揺さぶっての小手投げで勝利!

理屈抜きに、負けてなるものかという日馬富士の執念を感じました。
いい相撲でした(^O^)

嘉風の快進撃が見れず残念な一方、日馬富士が横綱らしいところを見せてくれてホッとした一番でした(笑)

6日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

6日目の幕内は、

1位 遠藤
2位 逸ノ城
3位 御嶽海

でした!

いずれもザンバラで入幕した力士ばかりがランクイン!
いいことです。

遠藤は持ち味を発揮したいい相撲でしたね(^O^)
逸ノ城も、今日は強かったです!
御嶽海は、組み止められたのでどうなるかと思いましたが、相手が本来押し相撲の玉鷲だったことが幸いだったでしょうか?

おめでとうございます^o^

幕内の優勝争い

結果、白鵬以外の全勝力士はことごとく敗れ、6日目にして早くも、白鵬の独走状態です(笑)
鬼のように強い白鵬が戻ってきてくれて、嬉しい限りです(^^)
つまらないけど、嬉しいよ!(笑)

一敗で日馬富士、稀勢の里、琴奨菊、勢、松鳳山、高安、千代鳳の7人が並んでいます。

早々に負けてしまった日馬富士ですが、何だかんだでまだ一敗なので、このまま終盤まで頑張ってほしいですね。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲九州場所6日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年大相撲九州場所6日目(十両) 取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲九州場所6日目(幕下) 取組結果一行メモ


スポンサーリンク







[ai] 平成27年大相撲九州場所6日目(幕内) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする