[ai] 平成27年大相撲九州場所9日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲九州場所9日目(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲九州場所9日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




9日目 幕内の実況と解説

9日目 幕内の実況と解説は、

実況 : 藤井康生
解説 : 玉ノ井親方(元栃東)
向正面 : 谷川親方(元北勝力)
東リポート : 大坂敏久
西リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

中日までの展開

中日終了時点での成績優秀者は、以下の通りです。

全勝 : 白鵬
一敗 : 日馬富士、稀勢の里、琴奨菊、松鳳山、高安
二敗 : 鶴竜、勢、千代鳳

中日の相撲について、下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年大相撲九州場所中日(幕内) 取組結果一行メモ

9日目 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●輝(十両)-豊響○ 押し出し
・両者押し合いにはならず、差す展開に。終始前に出ていたのは豊響だった。
※豊響は誕生日を白星で飾った!

●千代鳳-高安○ 巻き落とし
・千代鳳が立てない。二度目で立つ。両者左四つで上手は取れない展開。高安が左からの巻き落とし。盛り上がった!
※高安勝ち越し!一敗を守る!

●北太樹-御嶽海○ 押し出し
・御嶽海が一気に前に出る!

○臥牙丸-朝赤龍● 寄り切り
・臥牙丸が抱え込んで一気に出る!凄い圧力だ!

●大栄翔-松鳳山○ 寄り切り
・松鳳山、立合い張って左四つ右上手に組み止める。すぐに投げにはいかず、下手も取って寄り切り。
※松鳳山勝ち越し!一敗を守る。

●蒼国来-千代大龍○ 突き出し
・千代大龍が突っ張って一気に前に出る!

●玉鷲-豪風○ 送り出し
・豪風が横から崩した!
※藤井アナウンサー、立合い合わなそうだったけれどその体勢のまま頑張って合わせたことを評価。

●佐田の富士-宝富士○ 寄り切り
・宝富士が一気に前に出る!

●旭秀鵬-誉富士○ 突き落とし
・誉富士が突っ張る。旭秀鵬組み止めるが、誉富士、土俵際横から崩して突き落とし!

●琴勇輝-徳勝龍○ 押し出し
・琴勇輝が先手を取って突っ張るが、徳勝龍、横から崩して回り込んで押し出し!

●阿夢露-魁聖○ 押し出し
・魁聖が一気に押し出し!早かった!

後半

●佐田の海-遠藤○ 寄り切り
・遠藤、左四つに組み止め、万全の体勢で寄り切り!佐田の海は取組後、鼻血を出していた。

○碧山-安美錦● 突き出し
・碧山が一気に突き出し!いい相撲!

●豊ノ島-大砂嵐○ はたき込み
・大砂嵐が両手で突いて横に崩してはたき込み。

●栃ノ心-嘉風○ 寄り切り
・嘉風、立合い栃ノ心の右差しを封じながら懐に入る。揺さぶられたが足を取ってそのまま寄り切り!盛り上がった!見応えのある相撲!

○逸ノ城-妙義龍● 寄り切り
・逸ノ城が得意の左上手を引き、体を生かし、前に出るいい相撲!

●琴奨菊-隠岐の海○ 突き落とし
・琴奨菊ががぶり寄るが、突き落としにバッタリ!琴奨菊は右を抱え込んでしまった。
【解説】谷川親方(元北勝力)「琴奨菊ががぶる時、隠岐の海も一緒にがぶっていた。これで琴奨菊は前に出ることが出来なかった」
※琴奨菊は立合いも高く、結果、上体の力だけで押す形になってしまったとのこと。琴奨菊は一敗>_< 隠岐の海は初日!

●照ノ富士-稀勢の里○ 寄り切り
・立合い合わない。二度目で立つ。稀勢の里が万全の体勢を作って寄り切り!照ノ富士は下がると踏ん張りが効かない。

●豪栄道-白鵬○ 寄り切り
・白鵬早い攻めで寄り切り。強い。

●鶴竜-栃煌山○ 押し出し
・栃煌山が押し出し。鶴竜は完全に押されてしまった……

○日馬富士-勢● 寄り倒し
・勢が善戦!最後は勢が下手投げを打ったところ、上手く体を預けて寄り倒し!盛り上がった!
※危ない場面もあったが、玉ノ井親方(元栃東)は「慎重に取っていただけだろう」とのコメント。

嘉風、苦手の栃ノ心に快勝!

嘉風がこの日もいい相撲を見せてくれました!
苦手の栃ノ心に快勝です♪

揺さぶられた時はそのままバランス崩して倒れるかと思いましたが、よく足に食らいついて、そのまま土俵の外まで持っていきましたね!

嘉風、先場所敗れた相手には、ほぼほぼ勝っているのではないでしょうか?

凄いなぁ。。。

逸ノ城、この日はとてもいい相撲!

ここ最近は評価があまりよろしくない逸ノ城ですが、この日はとてもいい相撲で妙義龍を破りました。

去年の秋場所、鮮烈な新入幕デビューを果たしたものの、その後は周囲が期待するほどの結果を出せず、やれ稽古不足だの気持ちが足りないだの、酷評されることが多かった彼。

わたしの印象としては、のんびりした性格が災いしているのかな、と感じます。

でも、この日の相撲と6日目の琴奨菊戦はとても良かったです!

照ノ富士の大関昇進は刺激になっていないわけではないようなので、あまり結果を焦らずに、今後を期待したいです。

琴奨菊は痛い二敗目

一方、6日目に逸ノ城に敗れた琴奨菊は、この日、隠岐の海に痛い二敗目>_<

がぶり寄ったのですが、右四つではなく、右を抱え込むパターンになってしまいました。

以前尾車親方(元琴風)が話しておられましたが、琴奨菊が土俵際で逆転を食う時って、右を抱え込んでガブる時なのだそうです。いいのは右四つもしくは左四つで上手を引くパターンとのこと。

そんなお話を聞いて以後は、抱え込んでがぶり寄っていないか、注意して見ています。

今場所は抱え込んでがぶり寄っても、調子がいいのか、土俵際の逆転は食わずに済んでいたのですが……ここに来て、悪いパターンが出てしまいましたねm(_ _)m

まだ数字上は優勝の可能性は残されていますが、白鵬と星2つの差は、かなり厳しいです>_<

照ノ富士は、もう休んでほしい……

琴奨菊以上に痛い黒星を喫したのは、照ノ富士。

中日の豪栄道は変化に失敗して敗れ、9日目の稀勢の里戦は、張り差しに失敗。

寄られると持ち味の粘り腰を発揮することが出来ません。

結果、9日目終了時点で4勝5敗。

これから琴奨菊、鶴竜、白鵬との対戦があることも考えると、勝ち越しさえ危うくなってきました>_<

(さらには、嘉風との対戦もまだ)

可能性は0ではないですが、万に一つの可能性に賭けるのは、今ではないのではないでしょうか?

出場しても負け越してしまっては、デメリットの方が大きいです。

悔しいだろうとは思いますが、ここは勇気をもって、休んでほしいな……

9日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

9日目の幕内は、

1位 嘉風
2位 栃煌山
3位 遠藤

でした!

栃煌山は鶴竜に圧勝!
鶴竜は本当に栃煌山が苦手みたいです>_<

遠藤も、この日はいい相撲でしたね♪

おめでとうございます^o^

幕内の優勝争い

結果、9日目終了時点での成績優秀者は、以下のようになりました。

全勝 : 白鵬
一敗 : 日馬富士、稀勢の里、松鳳山、高安
二敗 : 琴奨菊

優勝ラインは2敗までかと思いますが、やはり全勝の白鵬が俄然、有利な状況ですね。

白鵬の復活優勝も、それはそれで嬉しいですが、せめて、千秋楽まではもつれてほしいです>_<

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲九州場所9日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年大相撲九州場所9日目(十両) 取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲九州場所9日目(幕下) 取組結果一行メモ


スポンサーリンク







[ai] 平成27年大相撲九州場所9日目(幕内) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする