[ai] 平成27年大相撲九州場所10日目(十両) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲九州場所10日目(十両) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲九州場所10日目 十両の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




10日目 十両の実況と解説

10日目 十両の実況と解説は、

実況 : 大坂敏久
解説 : 雷親方(元垣添)
リポート : 刈谷富士雄
(敬称略)

でした。

9日目までの展開

9日目終了時点での成績優秀者は、以下の通りです。

一敗 : 正代
二敗 : 錦木、大翔丸

9日目の相撲について、詳しくは下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年大相撲九州場所9日目(十両) 取組結果一行メモ

10日目 十両 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

●大翔鵬(幕下)-大道○ 上手投げ
・両者左上手を取る展開。大道が勝った。

○石浦-千代丸● 下手投げ
・石浦が中に入って足を取って下手投げ!盛り上がった!

○大翔丸-徳真鵬● 寄り切り
・大翔丸が低く当たって一気に寄り切り!大翔丸勝ち越し!

○朝弁慶-天風● 寄り切り
・大柄同士がぶつかる光景は見ごたえあり!天風、気迫は感じたが……
※両者は同期。体重が近いということで、一番最初に仲良くなったので、お互い負けたくないとのこと。

●若乃島-東龍○ 寄り切り
・東龍が右に変わって一気に持っていく。盛り上がらない。

○天鎧鵬-旭日松● 寄り切り
・旭日松、傷めた左腕で懸命に押っ付けたが、及ばず。。。

○千代皇-旭大星● 寄り切り
・千代皇が右四つ左上手で一気に前に出る!

○玉飛鳥-阿武咲● 寄り切り
・玉飛鳥、阿武咲が引いたところを前に出る!阿武咲は負け越し>_< 終わったあと、足を引きずっていた。どこか傷めただろうか?
※阿武咲は立合い踏み込んだ時、足首を傷めたとのこと。(音がしたとのこと)

●錦木-正代○ 寄り切り
・正代が双差し速攻!
※取組前の雷親方の見立てでは、「錦木は脇が甘いので、正代の双差し速攻にやられる可能性が高い。でも、上手を取れば腰が重いので正代も簡単には寄れない」とのことだったが、正代は錦木に上手を取らせなかった。

●英乃海-荒鷲○ 寄り切り
・荒鷲がいい体勢を作って寄り切り!

○輝-明瀬山● 寄り切り
・組んで動きが止まる展開。明瀬山有利な展開に思われたが、輝、よく寄り切った!
【解説】雷「輝は明瀬山に上手を取らせなかったのが良かった」

○北はり磨-青狼● 押し出し
・青狼突っかける。二度目で立つ。青狼が土俵際回りこむ。軍配青狼で物言い。映像では、青狼の足が先に出ているように見える。結果、青狼の足が出たとの判定で、差し違い。

○貴ノ岩-里山● 突き出し
・貴ノ岩、里山を中に入れず、押し切った!
※この日は貴乃花部屋の応援団が来ていたためか、貴ノ岩は気合が入っていた。

○富士東-鏡桜● 突き落とし
・富士東、動き回る鏡桜をよく見て攻めて突き落とし。盛り上がった!

正代が今日も強い

正代はこの日も強かったですね!

胸で当たって双差し速攻、というのが型になりつつある正代ですが、この日もそんな相撲が光りました^o^

取組前、解説の雷親方(元垣添)は「錦木は脇が甘いので正代の双差し速攻にやられる可能性が高い。でも、上手を取れば腰が重いので、正代も簡単には寄り切れなくなる」とお話しされていましたが、まさにその通りの展開となりました。

錦木に上手を取る隙を与えませんでしたね。

にしても、強いなぁ。。。

あの胸で当たる立合い、さほど威力があるようには見えないのですが、こうみんな一気に持って行かれるということは、前に出る力、強いんでしょうねぇ。。。

阿武咲が心配

一方で、正代より一足先に十両に上がった阿武咲は、今、壁に当たっています。

この日の相撲で敗れて負け越し>_<

その上、立合い踏み込んだ際に、足首を痛めたとのこと!心配です>_<

このまま休場ということになれば、次の場所の十両残留も危うくなってきますが、車椅子で運ばれたとのことなので、翌日も相撲を取るのは厳しいと思います。

場所前の秋巡業で、たくさん横綱から可愛がられて頑張っていたことを伝え聞いているだけに、神様はなんて酷な試練を彼に与えるのだろうと思います>_<

でも、神様は耐えられない試練を与えることはない。

この試練を乗り越えた先には、きっと一回りも二回りも成長して強くなった阿武咲関を見ることが出来ると、信じたいです。

何にせよ、怪我が早く治ること、大したことないことを祈るばかりです。。。

輝は我慢することを覚えている

そして、阿武咲より一足先に十両に上がった輝も、ここ最近、伸び悩んでいます。

でも、少しずつだけど、相撲が進化してきているのも感じます。

ここ数日は、我慢して勝つ相撲も増えてきているのではないでしょうか。

この日幕内の解説をされていた二子山親方(元雅山)は、ここ最近、新入幕の力士が幕内に定着出来ず跳ね返されることの多いことについて「十両と幕内で実力差がかなりあるのでは?」と話しておられました。

それを考えたら、期待されたがその後がさっぱり、と言われている遠藤や逸ノ城は、ドカンとは伸びなくても安定して幕内にいるので、凄いのかも。

輝も阿武咲も、本当に幕内で通用する力がつくまでは上がっちゃダメ、と、神様に試練を与えられているのかもしれませんね。

10日目 十両の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

10日目の十両は、

1位 正代
2位 石浦
3位 大翔丸

でした!

石浦も持ち味の相撲が出ましたね!盛り上がりました♪

大翔丸は十両で初の勝ち越し!今場所とてもいいです♪
この調子で、これからも白星を重ねていってほしいです!

おめでとうございます^o^

十両の優勝争い

結果、10日目終了時点での成績優秀者は、以下の通りとなりました。

一敗 : 正代
二敗 : 大翔丸
三敗 : 錦木、富士東

まだ10日目。そして、上位と下位の実力差もあまりない十両なので、星2つの差があっても、三敗力士にも優勝のチャンスはあるかと思います!

ここ最近、十両は幕内経験者が優勝することが多いので、個人的には、今年十両に上がったばかりの力士の優勝を見たいものですが……

みんな頑張ってほしいです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲九州場所11日目 幕内と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年大相撲九州場所10日目(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲九州場所10日目(幕下) 取組結果一行メモ


スポンサーリンク







[ai] 平成27年大相撲九州場所10日目(十両) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする