[ai] 平成27年大相撲九州場所11日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲九州場所11日目(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲九州場所11日目 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




11日目 幕下の実況と解説

11日目幕下の実況と解説は、

実況 : 太田雅英
解説 : 伊勢ノ海親方(元北勝鬨)
向正面 : 琴千歳(若者頭)
(敬称略)

十両土俵入り後

実況 : 三瓶宏志
解説 : 枝川親方(元蒼樹山)
リポート : 白崎義彦
(敬称略)

でした。

10日目までの展開

千代翔馬、芝、諫誠、宇良の4人が5戦全勝です。
11日目、宇良は三段目の全勝力士と、諫誠-芝の対戦が組まれました。
千代翔馬は十両の大道と対戦します。

10日目の相撲について、詳しくは下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年大相撲九州場所10日目(幕下) 取組結果一行メモ

11日目 幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○古場(三段目)-篠原● 押し出し
・古場が前に出て押し出し!篠原は引いてしまった。

○山口-虎太郎● 押し出し
・突っ張り合いの展開。

●栃颯(三段目)-宇良○ 押し倒し
・栃颯突っかける。二度目で立つ。栃颯、宇良を中に入れないように両手で立ち、宇良はいつものように低く攻める。栃颯、足取りを交わすが、最後は宇良が足取りからの押し倒し!宇良、6連勝!

○福轟力-巨東● 押し出し
・福轟力が突いて前に出る。巨東は元気がない。

●春日国-大空○ はたき込み
・大空が左に変わる。盛り上がらない。

●萬華城-荒篤山○ 押し出し
・萬華城突っかける。二度目で立つ。荒篤山が一気に前に出る!萬華城は負け越し>_<
【解説】伊勢ノ海親方(元北勝鬨)「荒篤山は立ち合いから厳しく、いい攻めだった」

●龍勢-伯錦○ 下手投げ
・組んで動きが止まる展開。最後は投げの打ち合い、伯錦が制した。

●佐田ノ国(三段目)-魁ノ隆○ 突き落とし
・魁ノ隆が横から崩して突き落とし。魁ノ隆は初日。佐田ノ国は6連敗。星が上がっていないためか、どちらもどことなく元気がない。

○水口-桜児竜● 寄り切り
・水口が変化。まともにはたく場面もあったが、最後は組み止めて寄り切り!
【解説】伊勢ノ海親方(元北勝鬨)「桜児竜ははたかれるのを怖がっていた」

●深海山-栃の濱○ 押し出し
・栃の濱が一気に前に出る。が、負け越しのかかる相撲のせいか、どことなく元気がない。

○隠岐の富士-佐々木山● 押し倒し
・隠岐の富士がよく前に出て押し倒し!

●安芸乃山-白虎○ 寄り切り
・初めは安芸乃山が突き放すが、白虎が前回しを取って前に出て寄り切り!

○磋牙司-高三郷● 押し出し
・磋牙司が前に出て押し出し!

●諫誠-芝○ 寄り切り
・芝、右四つに組んで寄り切り!芝が6連勝!

●十勝海-千代栄○ 押し出し
・十勝海が踏みこむが、引いたところを千代栄が押し出し!十勝海は先日脱臼した左を使えていない。

●つる林-碧天○ 上手投げ
・つる林優勢に見えたが、碧天、食い下がって上手投げ!

○大清峰-芳東● 押し出し
・大清峰、芳東が引いたところを一気に出る!

●大翔龍-鐡雄山○ 寄り倒し
・四つに組んでの攻防。鐡雄山がいい形を作って寄り倒し!

●笹山-碧の正○ 突き落とし
・碧の正が豪快に突き落とし。

○豪頂山-琴弥山● 押し倒し
・豪頂山が動き回って押し倒し!
【解説】琴千歳「琴弥山は体の動きのバランスが悪い」

●野上-碧己真○ はたき込み
・碧己真が立合い注文。盛り上がらない。アナウンサーも伊勢ノ海親方(元北勝鬨)も苦笑い。
【解説】伊勢ノ海親方(元北勝鬨)「野上も相手をよく見て立っていない」

●照強-安芸乃川○ はたき込み
・安芸乃川が立合い変わった。

●飛天龍-貴公俊○ 寄り倒し
・貴公俊がいい体勢を作って寄り倒し。土俵際もつれたが、物言いはなし。
※貴公俊、肩を押さえてしばらく起き上がれない。倒れた時俵にうちつけた上、相手も乗っかっていた。

○天空海-白鷹山● 上手出し投げ
・天空海突っかける。二度目で立つ。天空海が横から崩して出し投げ!思わずガッツポーズ(笑)

十両土俵入り

●佐藤-千代の国○ 送り倒し
・千代の国、張って右からカチ上げて相手の体勢を崩し、一気に前に出る!かなり力技な相撲だが、盛り上がった!

○琴恵光-南海力● 寄り切り
・琴恵光が一気に前に出る!

○希善龍-栃丸● 蹴返し
・栃丸突っ張るが、希善龍、前回しを引いて組み止める。しばらく動きが止まり、希善龍が捻りながらの蹴返し。

○海龍-阿炎● 押し出し
・阿炎突っかける。二度目で立つ。両者突っ張り合いで、海龍がいなして崩す。阿炎、残ったが逆襲しきれず、引いてしまった。
【解説】枝川「阿炎はもったいない。楽して勝とうとしている」

○安彦-出羽疾風●寄り切り
・立合い行司待った。二度目で立つ。安彦が組み止めて一気に寄り切り!安彦勝ち越し!来場所の新十両が見えてきた!

優勝争い

宇良は見応えのある相撲で三段目の栃颯に勝利!
相手も相当警戒して中に入れないように突っ張ったり、足取りを交わしたりしていましたが、それでも我慢して自分の体勢に持ち込むところは、さすがです!

諫誠-芝戦は芝に軍配!
芝は宇良と同じ木瀬部屋の兄弟子なので、より気合も入ったものと思います。

その後、千代翔馬も十両の大道を破り、全勝を守ります。

結果、11日目終了時点での6戦全勝力士は、以下の通りとなりました。

全勝 : 千代翔馬、芝、宇良

3人いるので、最後、どういう組み合わせになるのでしょうね?

はっきり言って、千代翔馬も芝も強いので、宇良とは相当実力差があると思います。

でも、宇良は入門した時から「プロでは厳しいんじゃないか?」と思っていたのに序ノ口優勝したし、序二段はどうかなと思っていたら全勝で決定戦まで進んだし、三段目も何だかんだで大勝ちだったし、幕下はさすがに厳しいんじゃないかと思っていたけどここまで6連勝しているので……未知数です。

はたして、誰が優勝するのでしょうか?

楽しみです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲九州場所11日目 幕内と十両の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年大相撲九州場所11日目(幕内) 取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲九州場所11日目(十両) 取組結果一行メモ

阿炎の相撲に関しては、別ブログにガッツリ感想を書いております!

[ai] 平成27年大相撲九州場所 11日目 対 海龍 ● 押し出し | イケメン阿炎の四股にホレた!


スポンサーリンク







[ai] 平成27年大相撲九州場所11日目(幕下) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする