[ai] 平成27年大相撲九州場所13日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲九州場所13日目(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲九州場所13日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




13日目 幕内の実況と解説

13日目 幕内の実況と解説は、

実況 : 三瓶宏志
解説 : 玉ノ井親方(元栃東)
向正面 : 雷親方(元垣添)
東リポート : 戸部眞輔
西リポート : 吉田賢
(敬称略)

でした。

12日目までの展開

12日目終了時点での成績優秀者は、以下の通りです。

全勝 : 白鵬
一敗 : 日馬富士
二敗 : 松鳳山

平幕の松鳳山が、頑張っています!

12日目の相撲について、詳しくは下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年大相撲九州場所12日目(幕内) 取組結果一行メモ

13日目 幕内 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、○が白星、●が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

○北太樹-富士東(十両)● はたき込み
・北太樹が立合い変化!ざわつく。
【解説】玉ノ井親方(元栃東)「富士東は足が出ていない。その上立ち遅れている」

●臥牙丸-千代大龍○ 寄り切り
・組んで動きが止まる展開。最後は臥牙丸が小手投げにくるところを、千代大龍が一気に出る!
【解説】雷親方(元垣添)「臥牙丸は昨日の勢戦の逆転負けのショックを引きずっているような内容だった。慎重になりすぎているように見える」

○蒼国来-豪風● 押し出し
・蒼国来つっかけて行司と審判長に怒られる。二度目で立つ。蒼国来が一気に押し出し!強かった!蒼国来勝ち越し!

○徳勝龍-豊響● 押し出し
・序盤は豊響のペースだったが、徳勝龍、回り込んで押し出し!豊響、豪快に吹っ飛んだ!
【解説】玉ノ井親方(元栃東)「豊響は今日は上半身で相撲を取っているように見えた。いい時はもっと体を丸めている」

●千代鳳-旭秀鵬○ 寄り切り
・旭秀鵬、立合いから双差し速攻!早かった!

●魁聖-高安○ 寄り切り
・高安が左四つ右上手で寄り切り!いい相撲!

●朝赤龍-誉富士○ 寄り切り
・誉富士、立合い回しを遠ざけるように動いて突っ張るが、回しは取られる。でも構わず前に出て寄り切り。

○琴勇輝-大栄翔● 突き出し
・押し合い。大栄翔も善戦した、最後は琴勇輝が圧倒!
【解説】雷親方(元垣添)「自力の差が出た」
【感想】大栄翔は今場所、実力差を感じる相撲が多い。

●阿夢露-御嶽海○ 寄り切り
・御嶽海、突き押しからの双差しで一気に前に出た!

○玉鷲-遠藤● 押し出し
・玉鷲が一気に前に出る!一方的な展開。遠藤は右足の踏ん張りが効いていない。

○勢-宝富士● 押し出し
・勢が差し勝つ!双差しになって一気に出る!10勝目!
【解説】玉ノ井親方(元栃東)「勢は今日のように左も使えるようになるともっと勝てるだろう」

後半

●佐田の海-隠岐の海○ 寄り切り
・隠岐の海が東土俵へ攻め込み、佐田の海が残す。佐田の海が押し返して投げの打ち合いになり、隠岐の海が体を入れ替えて寄り切り!見応えのある相撲で盛り上がった!隠岐の海、8連敗のあと5連勝!

○碧山-佐田の富士● はたき込み
・碧山が突っ張って攻め込む。佐田の富士が回り込もうとしたところをはたき込み。

●逸ノ城-松鳳山○ 寄り切り
・松鳳山が双差し速攻!一回で寄り切れなかったが、休まず攻めて寄り切り!強かった!松鳳山、幕内初の11勝目!
※逸ノ城は待ったしようか迷ったけれど立ってしまったとのこと。

○安美錦-嘉風● 押し出し
・安美錦が下から張って嘉風の体を起こし、一気に前に出る!嘉風、今日は引いてしまった。

○栃ノ心-豊ノ島● 寄り切り
・差し手争いの攻防。見応えあり。最後は栃ノ心が形を作って寄り切り。

○栃煌山-大砂嵐● 押し出し
・栃煌山が一気に出る!早かった。大砂嵐、土俵下から起き上がれず、礼が出来ない。車椅子で引き上げていった。怪我が多いなぁ。。。

○琴奨菊-妙義龍● 小手投げ
・妙義龍が一気に出るが、琴奨菊、小手投げで逆転!妙義龍は足が出ていない。思い切っていこうという意思は感じたが……

○豪栄道-稀勢の里● 寄り切り
・豪栄道が一気に出る!早かった!
【解説】玉ノ井親方(元栃東)「豪栄道はこういう相撲が取れるならいつも取ってほしい」確かに。

○日馬富士-白鵬● 寄り倒し
・日馬富士が待った。二度目で立つ。白鵬が右回しを取りにくるところを日馬富士が左に動いて交わし、回り込んで寄り倒し!日馬富士の気迫を感じる相撲だった!

●鶴竜-照ノ富士○ はたき込み
・照ノ富士が当たってからのはたき。足が揃ったところをはたかれた。

日馬富士が気迫溢れる相撲!

結び前の日馬富士-白鵬戦、素晴らしかったですね!

日馬富士が、まさに全身全霊をかけて戦った相撲。感動しました!

これはわたしが勝手に思ったことですが、日馬富士が待ったをした瞬間から、本気で全てをかけてぶつかろうという気持ちを感じました。

その気迫を受けて、白鵬が少し動揺したようにも見えました。

そのあとの戦いは、見事でしたね^o^

みんながみんな、日馬富士のように機敏でいてかつ、力強い攻めをすることは出来ないでしょうが、超強い横綱にはこれくらい全力でぶつからなきゃダメだということを、横綱として手本を示した相撲だったんじゃないかと思います!

同時に、白鵬も決して万全な状態というわけではなかったのだなと思いました。

優勝を争う横綱同士の対決、素晴らしい熱戦が見れて感謝ですvv

13日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

13日目の幕内は、

1位 日馬富士
2位 勢
3位 松鳳山

でした!

おめでとうございます^o^

幕内の優勝争い

結果、13日目終了時点での成績優秀者は、以下のように変遷しました!

一敗 : 白鵬、日馬富士
二敗 : 松鳳山

松鳳山にも一応、優勝の可能性は残されています。
(14日目に白鵬、日馬富士のどちらかが勝てば消えてしまうので、極めて低いかとは思いますが)

このまま千秋楽まで並んで、決定戦の可能性もありますね^o^

うーん、一気に楽しみになってきました!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲九州場所13日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年大相撲九州場所13日目(十両) 取組結果一行メモ

[ai] 平成27年大相撲九州場所13日目(幕下) 取組結果一行メモ


スポンサーリンク







[ai] 平成27年大相撲九州場所13日目(幕内) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする