[ai] 平成27年名古屋場所初日(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年名古屋場所初日(幕下) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲名古屋場所 幕下の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




初日幕下の実況と解説

初日幕下の実況と解説は、

実況 : 小林陽広
解説 : 甲山親方(元大碇)
リポート : 沢田石和樹

十両土俵入り後

実況 : 船岡久嗣
解説 : 高崎親方(元金開山)
リポート : 白崎義彦

でした。

甲山親方は朗らかで京都弁が和む解説がとても好感持てるのですが、高崎親方はぼやき型で、アナウンサーの振ったことに対して毎回天邪鬼な反応を返される方なので、見ていていつも「アナウンサー、頑張れ!」と思ってしまいます(苦笑)

初日幕下 取組結果一行メモ

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、◯が白星、⚫️が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

◯十勝海-西山⚫️ 寄り切り
・十勝海が前回しを引いて一気に寄り切り!

◯伯錦-栃乃国⚫️ 送り出し
・伯錦が回り込んで送り出し。
栃乃国は兄が元力士。兄の最上位は三段目。兄の最高位を越えた!

⚫️大鷹山-華王錦◯ 寄り切り
・華王錦が低く腰を寄せて寄り切り。

◯巨東-豊後錦⚫️ 押し出し
・巨東が前に出て押し出し!先に前回しに手がかかったのが勝因の模様。

⚫️朝興貴-琴仁成◯ 押し出し
・初めは朝興貴の押し優勢だったが、琴仁成が押し返して押し出し!
琴仁成は30歳、初土俵から11年余りでの幕下!アナウンサーが嬉しそうだったので、きっといい人なのだろう。

⚫️龍勢旺-水田◯ 押し倒し
・いい押し合い。水田は龍勢旺のはたきに落ちなかった。龍勢旺は水田が引いたからではなく、水田の圧力で態勢を崩した。

貴乃花部屋期待の水田、力をつけてますねぇ。

◯笹山-玄界鵬⚫️ 寄り切り
・笹山が右差しから巻き替えて一気に寄り切り!

⚫️桜児竜-富栄◯ 押し出し
・富栄が突っかける。二度目で立つ。富栄が一気に前に出るが、土俵際もつれる。軍配桜児竜で物言い。映像では富栄の体も飛んでいるが、桜児竜の足も出ていて微妙。結果、取り直し。
(2回目) 富栄が一気に前に出た!いい音がした。

⚫️政風-隠岐の富士◯ すくい投げ
・政風は防戦一方だった。

◯鐡雄山-出羽鳳⚫️ 寄り切り
・鐡雄山突っかける。二度目で立つ。長い相撲。最後は双差しになった鐡雄山と抱え込んで極めて出ようとする出羽鳳の攻防に盛り上がった!

⚫️佐々木山-鳰の湖◯ 押し出し
・鳰の湖立合いで変わると、そのまま一気に前に出た!

◯(松本改め)彩(いろどり)-若山⚫️ 押し出し
・彩がいい突っ張りで押し出し!盛り上がった!

彩は、本当は十両昇進時の改名するつもりだったが、心機一転しようと改名。街で話しかけられ、四股名を聞かれて本名を名乗ると「本名ではなくて四股名を教えて下さい」と言われてしまい、信じてもらえなかったらしい(笑)

◯貴源治-栃登⚫️ 寄り切り
・貴源治が体勢を作り、しっかり腰を割って寄り切り!
甲山親方、四相撲が完成されてきたと貴源治を絶賛。

◯栃飛龍-琴宏梅⚫️ 押し出し
・栃飛龍がいい突っ張りで押し出し!

⚫️春日国-竜王浪◯ 上手投げ
・竜王浪は最後足がついていかなかった。

⚫️慶天海-佐藤◯ かいな捻り
・慶天海が左差し右上手で体勢を作ったと思われたが、佐藤の捨て身のかいな捻りが決まる!盛り上がった!
佐藤は初の関取経験者との対戦。慶天海は埼玉栄高校の先輩。「佐藤は地力がある」と甲山親方絶賛!

◯武玄大-力真⚫️ 送り出し
・武玄大突っかける。力真突っかける。3度目で立つ。武玄大が動いて後ろに回って送り出し。

⚫️若龍勢-相山◯ 引き落とし
・相山が得意の右四つから捻るように引き落とし。若龍勢は膝から崩れた。
甲山親方、「立合いは弱いが器用」と相山を褒める。

⚫️水口-笹ノ山◯ 突き落とし
・笹ノ山は水口の変化に対応。逆に水口が体勢を崩したように見えた。

◯朱雀-つる林⚫️ 送り出し
・朱雀、得意の双差しから出投げで相手の体勢を崩し、送り出し!盛り上がった!

◯栃丸-武蔵海⚫️ はたき込み
・栃丸の突っ張りを武蔵海が当てがって応戦していい攻防だった!

◯大岩戸-千代翔馬⚫️ はたき込み
・立合いは手付き不十分で行司待った。二度目で立つ。大岩戸がはたき込み。

⚫️琴恵光-安芸乃川◯ 小手投げ
・琴恵光が懐に入りかけたところを、安芸乃川がはたき込み。甲山親方が安芸乃川について「相撲が大きい」と言っていたのが分かった気がした。

◯入江-双大竜⚫️ 小手投げ
・入江が振り回して小手投げ!

十両土俵入り

⚫️竜電-碧天◯ 寄り切り
・両者もつれるように倒れる。軍配碧天で物言い。碧天の手がつくのと竜電の足が出るのとどちらが先か?結果、軍配通り。

⚫️明生-禧勢ノ山◯ 押し出し
・禧勢ノ山が明生の前廻しを切り、いい押しで押し出し!

◯朝弁慶-東龍⚫️ 押し出し
・東龍は元気がない。膝に力が入らないのか?

◯魁-希善龍⚫️ すくい投げ
・四相撲の攻防。希善龍は小手投げが抜け、潰れるように倒れた。

⚫️正代-大翔丸◯ 押し出し
・大翔丸が立てない。二度目で立つ。大翔丸が前に出て押し出し。先手を取ったように見える。

感想

そんなわけで、初日早々熱戦が続きました!

個人的には、先場所三段目優勝の相山に注目しています。

甲山親方は「器用な力士」と褒めておられましたが、わたしもそのように思えました。

現在十両で活躍中の阿炎関に、タイプが似ているかなと思います。器用なところ、反応のいいところが。

今後が楽しみな力士です!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲名古屋場所初日 十両と幕内の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年名古屋場所初日(十両) 取組結果一行メモ

[ai] 平成27年名古屋場所初日(幕内) 取組結果一行メモ

スポンサーリンク







[ai] 平成27年名古屋場所初日(幕下) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする