[ai] 平成27年名古屋場所初日(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年名古屋場所初日(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲名古屋場所初日 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




初日幕内の実況と解説

初日幕内の実況と解説は、

実況 : 太田雅英
解説 : 北の富士勝昭
向正面 : 舞の海秀平
東リポート : 藤井康生
西リポート : 吉田賢
(敬称略)

でした。

解説はお馴染みの北の富士勝昭さんと舞の海秀平さんのコンビ。

いつも楽しい解説をありがとうございます!

初日幕内 取組結果と感想

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、◯が白星、⚫️が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

⚫️貴ノ岩-里山◯ 下手出し投げ
・四相撲の見応えある攻防。盛り上がった!

⚫️青狼-鏡桜◯ 上手出し投げ
・立合いが2回続けて不成立。3度目で立つ。青狼は足がついていかず、鏡桜の出し投げが決まる。全て同じような展開だった(^^;;

青狼が最初の立合いで勝手に待ったと判断して力を抜いてしまったことに、北の富士さんは苦言を呈していました。
そして、不成立になった2番も成立した3番目の相撲も、同じような展開で負けていることにも。。。「何度やっても同じだね」とのこと。厳しいですが、次対戦する時には修正できるといいですね>_<

◯豊響-千代大龍⚫️ 突き倒し
・バチン!といい音の立合いから、豊響が一気に前に出る!
舞の海「豊響は冷静な押し相撲だった」
千代大龍は足を引きずっていたとのこと。落ちる時に捻った模様。

◯英乃海-琴勇輝⚫️ 押し出し
・琴勇輝の一方的な押しと思われたが、よく残した!英乃海の柔らかさが出た一番。
舞の海「英乃海はプロ入りしてから伸び伸び相撲を取っている。学生時代は実績がなかったのでそれをぶつけようとしているのではないか?」

英乃海は遠藤や常幸龍と同じ相撲の名門日本大学の相撲部出身。
学生の頃は遠藤の陰に隠れて、あまり試合で使ってもらえなかったようです。
その後輩の遠藤に力水をつける光景が印象的でした。

◯遠藤-旭天鵬⚫️ 寄り切り
・遠藤がすぐに十分になって寄り切り!強かった!
北の富士「遠藤は膝の使い方が上手かった」

先々場所、膝の大怪我をし、先場所は怪我を押しての出場をした遠藤。
怪我と付き合いながら相撲を取り続けるため、色々と負担にならない工夫もしているようです。

⚫️時天空-阿夢露◯ 押し出し
・阿夢露が一気に前に出る!

⚫️北大樹-誉富士◯ 下手出し投げ
・北大樹が誉富士の突き押しを組み止めて有利と思われたが、土俵際で逆転!

◯佐田の富士-大砂嵐⚫️ すくい投げ
・大砂嵐は両手突きから左差しになるが、佐田に富士も左差しは得意。大砂嵐は潰れるように倒れ、怪我をしている肩を気にしていた。
北の富士「大砂嵐はちゃんと肩は使えている」

◯嘉風-豊ノ島⚫️ 寄り倒し
・嘉風が押してから双差しになり、いい体勢を作る。豊ノ島は重い腰を生かして踏ん張るが及ばず。終始嘉風が攻めていた。

◯玉鷲-臥牙丸⚫️ すくい投げ
・臥牙丸が一気に前に出るが、土俵際で逆転!

⚫️旭秀鵬-徳勝龍◯ 寄り切り
・徳勝龍が立合いから体勢を作って寄り切り。

後半

⚫️隠岐の海-豪風◯ はたき込み
・立合い合わない。豪風が押し込んでからのはたき。

北の富士「隠岐の海は脆すぎて解説のしようがない。舞の海にでも聞いてくれ」
舞の海「北の富士さん、身内で可愛がっているから余計腹がたつんじゃないですか?」
太田アナ、話題を照ノ富士に変える。

⚫️安美錦-魁聖◯ 押し出し
・安美錦が左にズレるような立合い。魁聖はよく体を寄せて前に出た。

◯栃煌山-勢⚫️ 押し出し
・栃煌山が勢の右からの攻めを徹底して嫌った。

⚫️碧山-照ノ富士◯ 上手投げ
・照ノ富士、攻め込まれて硬さは感じたが、無事に勝った!

⚫️琴奨菊-佐田の海◯ 上手出し投げ
・琴奨菊は足が出ず。上手も先に許している。心配だ。。。

◯高安-豪栄道⚫️ 寄り倒し
・豪栄道、思いのほか脆かった。。。相当傷めた肩が悪いと思われる。。。
北の富士「(豪栄道について)無理だな、今場所は」

◯稀勢の里-栃ノ心⚫️ 上手出し投げ
・稀勢の里、危なかったが何とか勝った……!

◯鶴竜-逸ノ城⚫️ 押し出し
・鶴竜、張って右差し、左からの投げで崩し、一気に押し出す!
北の富士「鶴竜は肩はちゃんと使えている」

⚫️妙義龍-日馬富士◯ 上手投げ
・日馬富士がかなり危ない相撲。最後土俵際もつれ、軍配日馬富士。勝ち名乗りを受ける直前に物言い。日馬富士も妙義龍もどちらも死に体に見える。結果、軍配通り。日馬富士は傷めている肘を打ちつけ、かなり痛そうだ>_<
北の富士「もっと早く物言いをつけないとダメだ。これは物言いがついて当然の相撲」

◯白鵬-宝富士⚫️ 寄り切り
・宝富士が善戦した!でも、勝つところはさすがだ!

感想

結果、上位では大関琴奨菊と豪栄道に土。

二人ともいかにもどこか悪そうな負け方だったので心配です>_<

特に琴奨菊は今場所はカド番。

北の富士さんは「横綱が3人、大関が他に3人いて、上位にもうるさいのが何人もいる中で8勝するのは大変だ」と話しておられましたが、まさにその“うるさい”佐田の海に、まんまとしてやられてしまいました>_<

稀勢の里、そして注目の新大関の照ノ富士は危ない相撲ながら白星。

日馬富士は勝ちはしたものの、かなり際どい相撲。
その上落ちた時に肘を打ちつけたようで、痛そうだったのが気掛かりです。
その後休場が発表されましたが、本当、しっかり治してほしいです。

白鵬も宝富士に苦戦しました。
宝富士が力をつけているとも言えますが、ちょっと本調子ではないのでじゃないかと思えてしまいました>_<

それでも勝ったところは、さすがとしか言いようがないですが。。。

一方で休場明けの鶴竜は、いい内容で逸ノ城を撃破!
このまま波に乗って頑張ってほしいですね^o^

初日 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

初日の幕内は、

1位 里山
2位 遠藤
3位 宝富士

でした!

相手の懐に潜る相撲では盛り上げてくれた里山、
膝の怪我を感じさせずに完勝した遠藤、
白鵬相手に善戦した宝富士がランクイン!

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲名古屋場所 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年名古屋場所初日(十両) 取組結果一行メモ

[ai] 平成27年名古屋場所初日(幕下) 取組結果一行メモ

スポンサーリンク







[ai] 平成27年名古屋場所初日(幕内) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする