[ai] 平成27年名古屋場所2日目(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年名古屋場所2日目(幕内) 取組結果一行メモ

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

平成27年大相撲名古屋場所2日目 幕内の土俵を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク




2日目幕内の実況と解説

2日目幕内の実況と解説は、

実況 : 刈谷富士雄
解説 : 舞の海秀平
向正面 : 中立親方(元小城錦)
東リポート : 三瓶宏志
西リポート : 厚井大樹
(敬称略)

でした。

中入り〜取組合間に、元大関 貴ノ浪をしのぶ

また、中入り中と取組の合間には、「元大関 貴ノ浪をしのんで」 という企画が行われました。

先月6月20日に43歳の若さで急逝された元大関 貴ノ浪の音羽山親方の思い出の映像や、縁ある方々からの思い出話が紹介されました。

初日までの展開

下記記事をご参照のこと。

[ai] 平成27年名古屋場所初日(幕内) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

2日目幕内 取組結果と感想

取組を振り返っていきます。
左が東方力士、右が西方力士、◯が白星、⚫️が黒星です。

※加筆修正はしていますがほぼメモです。ほぼインスピレーションで書いているのでとても大雑把だったり専門用語も多少出てきますが、雰囲気でどんな相撲だったかご想像もしくは思い出していただければ嬉しく思います。

◯青狼-貴ノ岩⚫️ 送り出し
・貴ノ岩が低い体勢で前に出たが、はたきから回り込まれて逆転。

生前、貴ノ岩を指導された音羽山親方は「貴ノ岩は1回2回言ってもなかなか覚えないが、覚えれば徹底してそれを磨く」と評しておられたとのこと。器用ではないけれど、一生懸命さは伝わる力士ですよね。

◯豊響-里山⚫️ 押し倒し
・里山潜るが、豊響の圧力が圧倒!
中立親方より「圧力を受けながらではなく、かけながら潜らないといけない」という話があったが、まさにそれが分かった一番だった。

◯鏡桜-千代大龍⚫️ 突き落とし
・千代大龍が踏み込んだが、足がついていかず倒れた。勝った鏡桜も驚いた様子。

◯遠藤-英乃海⚫️ 寄り切り
・立合い時間がかかるが1回で立つ。遠藤が強かった!

◯琴勇輝-旭天鵬⚫️ 押し出し
・琴勇輝が一気に押し出し!

◯北大樹-時天空⚫️ 極め出し
・北大樹が極めて一気に前に出た!決まり手は極め出し。

◯阿夢露-誉富士⚫️ 寄り切り
・阿夢露、誉富士の突っ張りに頭を低くして応戦。誉富士がたまらず引いたところを一気に寄り切り!先場所も似たような展開だった気がする。。。

⚫️嘉風-佐田の富士◯ はたき込み
・佐田の富士、嘉風を懐に入れないよう突き放す。嘉風は強引に潜ろうとして足がついていかなかった。

◯大砂嵐-豊ノ島⚫️ 押し倒し
・不思議な動きだった。大砂嵐の突き放しに、豊ノ島が腕を手繰って応戦しようとしたところ、体勢を崩した。

◯旭秀鵬-臥牙丸⚫️ はたき込み
・臥牙丸は頭を下げたが下げすぎた。足が出ていない。臥牙丸が負けが混む時のパターンらしい。。。

⚫️玉鷲-徳勝龍◯ 突き出し
・先に押したのは玉鷲だったが、徳勝龍が一気に突き放して前に出た!いい押し相撲だった!

後半

⚫️安美錦-隠岐の海◯ 寄り切り
・隠岐の海が左四つ右上手の体勢を作って寄り切り!安美錦は左前廻しを狙ったが取れなかった。隠岐の海、昨日はどうなることかと思ったが、今日は大丈夫だった。

⚫️豪風-魁聖◯ 寄り切り
・魁聖がいい相撲で前に出て寄り切り!

◯碧山-逸ノ城⚫️ 寄り切り
・逸ノ城が突っかける。二度目で立つ。碧山が一気に前に出た。逸ノ城は思いのほかあっけない。
解説陣からは「逸ノ城は膝を鍛えないといけない」との声。

⚫️稀勢の里-栃煌山◯ 送り出し
・稀勢の里の左が入らないうちに、栃煌山が双差しになってしまった!
舞の海「左が入るまで我慢しないで突き放しに切り替えたのが敗因」
中立「栃煌山には毎回右押っつけでやられているので、突き放してから流れで左差しを狙うべきだった」

⚫️勢-照ノ富士◯ 寄り切り
・照ノ富士、万全の寄り切り!

⚫️琴奨菊-妙義龍◯ はたき込み
・妙義龍がすぐ双差しになる。琴奨菊は捕まえられず、応戦するが足が出ず、前に落ちた。必死さは伝わったが……。お客さんは静まり返った。

◯宝富士-豪栄道⚫️ 突き落とし
・豪栄道は足が出ていない。軍配豪栄道で物言い。宝富士の足が出るのと、豪栄道が前に落ちるの、どちらが早いか?映像では宝富士の足は残っているように見える。結果、差し違い。

◯白鵬-高安⚫️ 送り出し
・白鵬、高安に手こずる。1分を超える長い相撲になった。本調子ではないように見える。
中立「高安は横綱の廻しを切る場面が何度もあったがそこからの攻めがなかった。惜しかった」

◯鶴竜-佐田の海⚫️ 寄り切り
・鶴竜、ほぼ危なげなく寄り切り!土俵際の詰めも万全だった。お客さんからは拍手。

□栃ノ心-日馬富士■ 不戦勝
・日馬富士、右肘そく副じん帯損傷のため、休場。

感想

結果、日本人の大関は2日目にして全滅ですm(_ _)m

日本人だから、外国人だから、という見方はあまり好きではないのですが、わたしも日本人なので、つい日本人力士を応援してしまいます(^^;;

稀勢の里はともかく、豪栄道と琴奨菊は心配ですね>_<

豪栄道は昨日よりは動けていたようだけれど、まだ怪我の影響で体の動きがバラバラなように思えます。

でも、もっと心配なのは琴奨菊。前に出ようという気持ちだけは伝わるのですが、体がついていけていません。

カド番を脱出出来るのか、本当に心配です>_<

日馬富士は前日の相撲で肘を打ちつけ、手術したばかりの肘をさらに悪くしてしまい、休場。

これは神様から「休め」と言われているものだと思って、しっかり休んでほしいです>_<

白鵬も高安に苦戦していました。各スポーツ誌の記事によると、本人は「相手の攻めを受けとめた上での横綱相撲だ」と話しているようですが、それでもちょっと長かったのではと思います。

一方、新大関の照ノ富士は絶好調!

鶴竜も休んで元気を取り戻したかのように、万全の相撲でした♪

後半まで無傷で頑張ってほしいですね!

2日目 幕内の敢闘精神あふれる力士

来場者と公式有料アプリへのファン投票で決まる敢闘精神あふれる力士。

2日目の幕内は、

1位 遠藤
2位 宝富士
3位 高安

でした!

前半で強さを見せつけた遠藤、
豪栄道を破った宝富士、
白鵬に善戦した高安がランクイン!

遠藤も強かったですね!
膝が悪いのを忘れるくらい、超強かったです!

ぜひもっと強くなって、照ノ富士の対抗馬になってほしいと願わずにはいられません。

おめでとうございます^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

平成27年大相撲名古屋場所2日目 十両と幕下の感想にも、あわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

[ai] 平成27年名古屋場所2日目(十両) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

[ai] 平成27年名古屋場所2日目(幕下) 取組結果一行メモ | ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモ

スポンサーリンク







[ai] 平成27年名古屋場所2日目(幕内) 取組結果一行メモ
この記事をお届けした
ペパーミントあいの大相撲取組結果一行メモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

本記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報をフォローする